• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

GFORT、オーストラリアMTB選手権で3勝を挙げる!2022.02.24

Giant Factory Off-Roadチーム(GFORT)のキャメロン・ライト(Cameron Wright)とジョシュ・カールソン(Josh Carlson)は、マウンテンバイク オーストラリア選手権でそれぞれの種目で優勝し、ナショナルタイトルを獲得しました。

ジョシュ・カールソンは男子E-XCレースでタイトルを守り、2年連続のナショナルチャンピオンとなりました。前週のEエンデューロレースに続いて勝利したカールソンは、大会序盤でチームの士気を高めました。

タスマニアのメイデナ・バイクパークのコースは、長い登りとテクニカルな下りで構成された難易度の高いものでした。このコースで優位に立つために、カールソンは1週間前のエンデューロ選手権で優勝したときと同じ、Reign E+を選びました。

「他の選手と差をつけるためには、登りをこなし、下りを全力で攻める必要があった。Reign E+は夢のように下りをこなし、レースが進むにつれて私が有利になるよう働いてくれたよ。ハイポジションに設定したフリップチップとFactory Fox shockの調整機能を使って、エンデューロレースとは全く違うセットアップをしたんだ。タイヤはリアにMaxxis Disector、フロントにMaxxis Assegaiを選んで、どちらも軽さと耐パンク性をバランスしたDDカーカスを選択したよ。」

キャリア2度目のナショナル大会優勝を果たしたカールソンは、Eバイク エンデューロイベントを中心とした今シーズンこれからのレースに目を向けています。
「2022シーズンの幕開けとして素晴らしい2週間だった。シーオッタークラシックと今後のEWS-Eシリーズに向けたトレーニングに戻るのが、これまで以上に楽しみだ。」


 

ライトは2種目で優勝

チームのもう1人のオーストラリア人選手、キャメロン・ライトも、男子U23クラスのXCとショートトラックのレースで2つのメダルを獲得し、熱いシーズンをスタートさせました。男子XCレースは、1周200mの登り坂がある難易度の高いコースを6周するレースです。

「メイデナはウエットでもドライでも危険なコースとして知られていますが、どんなコンディションにも対応できるように準備していました。」とライトは言います。「練習最終日には雨も降りましたが、暖かい日差しによってコースは乾きました。僕は、新しいAnthem Advanced Pro 29でレースに挑みました。数週間のテストライドとチューニングの後、登りと荒れた下りに最適なバイクを手に入れたと思ったからです。」

U23男子XCレースは、エリート男子より2分遅れてのスタートとなりました。GIANT Charge ProシューズとRev Proヘルメットを着用したライトは、1周目でこの週末の最速ラップタイムを記録しました。「自分のリズムで走り、自分のプランに従いました。エネルギーを賢く使って、過酷なコースで回復できるところは回復した。山羊のように登り、リュージュが氷上を滑るように速く下れる、これほど快適なバイクは初めてでした!」と語りました。 

ライトは、1年近く前から目標に据えていたレースで優勝するために、完璧な努力をしました。「この大会は、オーストラリアで1年間に開催されるMTBレースの中で最も権威のあるレースです。昨年は残念な結果に終わったので、表彰台の頂点に立ちたいと思っていました。この大会に向けて数ヶ月間コーチと一緒にすべての項目をチェックした結果、良い結果が得られると確信していました。僕は10.5kgのレースウェポンAnthem Advanced Pro 29で戦う計画を立て、実行に移しました。」

さらに、ライトはショートトラックでも優勝し、XCC U23のタイトルも獲得しました。この日のレースは、エリートからU23までが混走する25分の大混戦となりました。ライトは、エリートカテゴリ選手のジャレッド・グレイブスの後ろで、終始2番手のポジションをキープしました。

「周回を重ねるごとに、ジャレッドは圧力をかけて誰にも抜かれないようにしていました。彼が前を走っている間、僕は彼のホイールに接着剤のように張り付き、最終ラップにはジャレッドと僕の2人だけになりました。僕たち2人は別々のタイトルを狙って戦っていましたが、お互いを称えあうことになります。最後の下りの手前のコーナーで飛び出して運を試しましたが、2番手になってしまいました。僕はスプリントでフィニッシュし、U23のタイトルと総合2位を獲得しました。」

この大会で勢いをキープして春の国際レースに挑もうとしていたライトにとって、最高の結果となりました。
 

プエルトリコとスペインの暑く砂埃舞うXCレース

アメリカ人のルーク・ヴルーウェンベルダー(Luke Vrouwenvelder)とステファン・ダブースト(Stephen Davoust)は、プエルトリコで開催されたTropical MTB Challengeに、Anthem Advanced Pro 29 チームバイクで参戦し、高温多湿のコンディションの中、2日間のレースで上位に食い込みました。ヴルーウェンベルダーはクロスカントリーとショートトラックで8位、ダブーストはXCOで14位、XCCで9位に入賞しました。

その他のXC選手は、スペインのチェルバで開催された今年最初のUCIレースに参加していました。高速で埃っぽいコースで、フランスのアントワーヌ・フィリップ(Antoine Philipp)が11位、スイスのレト・インデルガンド(Reto Indergand)が18位でフィニッシュ。ワールドカップチームのXC選手たちは、来週からスペインで冬期トレーニングキャンプを行いますが、このレースによって今シーズンの力強いスタートを切ることができました。

Photo: Matt Rousu photo/Peter Hosking photo


▲ページの先頭へ戻る