• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS マウンテンバイク タグ 記事一覧

カテゴリー

1 2 3 4 5 6

RACE

2021.12.01

【TEAM GIANT】CJ最終戦で門田選手が優勝。年間総合タイトルも獲得!

11月27日(日)、京都府相楽郡和束町の湯船森林公園で開催された日本自転車競技連盟(JCF)公認MTBシリーズ「Coupe du Japon(クップ・ドュ・ジャポン:CJ)」クロスカントリー・オリンピック(XCO)の最終戦でTEAM GIANTの門田基志選手が優勝しました。 Photo : @Sumpu Photo XTCとともにCJ最終戦を6年ぶりに制した門田選手は、CJシリーズの年間総合優勝も獲得しました。 Photo : @Sumpu Photo CJシリーズに全日本選手権のポイントを加えたナショナルランキングも3位で今シーズンを終えた門田選手。 ゼッケン59番で活動した今シーズンから大きくジャンプアップして来シーズンも活動します。 門田基志選手 コメント 今年は怪我から復活の1年と位置付けて、トレーニングを年齢に合わせて根本から見直してシーズンを迎えました。 前半戦はレースのブランクが長かった影響で苦戦したけど、全日本選手権を含む後半戦は身体も動いてくれたし、最新機材の導入もプラスに働いてくれました。 今大会はMTBとしては過去最高に寒い中でのレースだったけど、XTCとバイクセッティングがコースに合ったこともあり、6年ぶりにCJシリーズで優勝して総合優勝も獲得。有終の美で終えることができました。 来年は46歳になるけど、まだまだ成績に拘り走り抜けます! バイクセッティング Frame : GIANT XTC ADVANCED SL 29ER (M)Fork : ROCKSHOX SID ULTIMATE CARBON 100mm, 105psiComponents : SHIMANO XTR M9100 seriesWheels : GIANT XCR 0 29 CARBON HOOKLESSTire : MAXXIS IKON 29x2.20, 1.35bar (F & R)Saddle : GIANT FLEET SLR

RACE

2021.11.25

【TEAM GIANT】全日本選手権XCOで門田選手が5位に

11月21日(日)、愛媛県八幡浜市の八幡浜市民スポーツパーク内特設MTBコースで開催されたMTB全日本選手権XCO(クロスカントリーオリンピック)に参戦した TEAM GIANTの門田基志選手が、5位でゴールしました。 Photo : @Sumpu Photo 地元愛媛県で初開催される全日本選手権に、門田選手は2日前に発表されたばかりの新型ANTHEMで挑みます。 大会前日の土曜日は朝の試走後、門田選手は足早に松山市へ移動して、愛媛県の自転車推進有識者として岸田総理大臣と面会。自転車活用について意見するなど忙しく過ごしました。 全6周回で争われた全日本選手権。スタートラインの最前列に並んだ門田選手はスタートで少しミスするものの、コース最高地点までで7位に上がり、テクニカルなシングルトラックへ。 コース幅が狭い区間で前走者を交わして、先頭パックでメインエリアに戻ってきます。 Photo : @Sumpu Photo その後、先頭3名のパックからは離れてしまうものの、1周目を4位で終えます。 Photo : @Sumpu Photo 2周目以降は一時8位まで順位を落とした門田選手でしたが、4周目には6位に。最終周回の6周目後半で前走者をパスして5位でゴールしました。 Photo : @Sumpu Photo 門田基志選手 コメント 地元愛媛県の全日本選手権で表彰台を狙って走りましたが、先頭パックの上りのスピードに遅れをとってその後順位を落としてしまいました。得意の八幡浜のコースと新型ANTHEMの性能に助けられながら、中盤以降はレース感とリズムを取り戻して5位まで上げたところでゴールでした。 来週末のCJ京都湯船大会では、新型ANTHEMの特性を生かしてより良い走りを目指します。 バイクセッティング Frame : GIANT 2022 ANTHEM ADVANCED PRO 29ER (M)Fork : ROCKSHOX SID ULTIMATE CARBON 100mm, 105psiShock : ROCKSHOX DELUXE RT3, 185 psiComponents : SHIMANO XTR M9100 seriesWheels : GIANT XCR 0 29 CARBON HOOKLESSTire : MAXXIS アスペン29 2.25 1.35bar (F & R)Saddle : GIANT FLEET SLR

BIKE

2021.11.19

新型「ANTHEM ADVANCED PRO 29ER」を発売!

2022モデルとして、生まれ変わったピュアXCレーシングバイク「ANTHEM ADVANCED PRO 29ER」シリーズを発売いたします。   新型「ANTHEM ADVANCED PRO 29ER」の特徴 1. 高い効率性:軽量化と剛性アップを両立 ●FlexPoint Pro: ハイパフォーマンスXCバイクにのみ採用する新型サスペンションシステム ① フルカーボンリアフレームのたわみで100mmストロークを生む、ピボットを排除したデザイン ② リンケージの働きでブレーキングやペダリングに影響されないシングルピボットシステム ③ 前世代と比べて250g軽量化した独自のフルカーボンスイングアームがアクティブな動きを実現 ●BB剛性が20%向上: より少ない入力で速く加速、登坂ができる●ねじれ剛性が7%向上: 過酷なレースでもクイックで正確なハンドリングが可能 2. 卓越したコントロール性 ●急なクライミングでもパワフルなペダリングポジションが可能な、立ち気味のシートチューブアングル●高速でテクニカルな下りに対応する、前110mmトラベルのサスペンションフォーク、寝たヘッドチューブアングル、長めのリーチ 3. ライドクオリティを高めるコンポーネント類(ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2) ●剛性を高め正確なコントロールを可能にするハンドルクランプ径35mmのステム&ハンドルバー●チェーン落ちのリスクを軽減する専用チェーンガイド●軽量かつ高剛性で高い駆動効率を実現するXCR 2カーボンフックレスホイール●手元のレバーでシート高を調節できるドロッパーシートポスト   ラインナップ ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 2 標準価格 : ¥660,000(税込)サイズ : 390 (S)、420 (M) mm 重量 : 11.3kg(420mm)カラー : ブラックダイヤモンド>>詳しくはこちら   ANTHEM ADVANCED PRO 29ER FRAME SET 標準価格 : ¥385,000(税込)サイズ : 390 (S)、420 (M)、465 (L) mm 重量 : 1,760g(390mm)カラー : アークティックライト>>詳しくはこちら

RACE

2022.11.09

【TEAM GIANT】全日本選手権XCCで門田選手が8位に

11月7日(日)、千葉県千葉市の千葉公園で開催されたMTB全日本選手権XCC(クロスカントリーショートトラック)に参戦した TEAM GIANT の門田基志選手が8位でゴールしました。 千葉公園内に全日本選手権のために作られた特設コースで、予選、決勝ともに約30分のレースが行われました。園内の舗装路と砂利の広場、さらには公園の斜面をつかったオフロードで構成されたコースに、門田選手はXTC ADVANCED SLを選択。 参加者37名が2組に分かれて行われた予選を危なげなく3位で通過して、20名のみが参加できる決勝ラウンドへ進みます。 強豪選手が出揃った決勝では、常にアタックが繰り返されて位置取りが重要になります。門田選手は、途中動きがあった際にできた5名の先頭パックに入ることができず、第2集団を形成して前を追うものの、最終的にこの集団での争いになり8位でゴールしました。 門田基志選手 コメント コーナーからのダッシュが続くXCCレースで、XTCの反応の良さと加速性に助けられました。決勝では位置取りのミスもあり中切れしてしまい、先頭パックを逃してしまいましたが、短距離レースで瞬発力のある若手ライダーとのレースを純粋に楽しむことができました。2週間後の地元愛媛でのXCO全日本選手権に向けて、調子を上げていきます。 Photo : ©MakotoAYANO/cyclowired.jp バイクセッティング Frame : GIANT xtc ADVANCED SL 29ER M-sizeFork : ROCKSHOX SID ULTIMATE CARBON 100mm, 110psiComponents : SHIMANO XTR M9100 seriesWheels : GIANT XCR 0 29 CARBON HOOKLESSTire : MAXXIS アスペン29 1.35bar (F & R)Saddle : GIANT FLEET SLR

BIKE

2021.10.29

アグレッシブなトレイルライドに最適な新型「TRANCE X」を発売

2022モデルとして、アグレッシブなトレイルライドに最適な、27.5インチの新型「TRANCE X」を発売いたします。   TRANCE X 前160mm/後145mmストロークの「トランス X」が新登場。ジオメトリを2段階に調整できる「FLIP CHIP」システムが高速コースからテクニカルトレイルまでセッティング幅を拡げ、バイクコントロール性能を向上。高剛性の35mm径ハンドルクランプやドロッパーシートポストを標準採用するトレイルライドに最適な1台。 TRANCE X 2 標準価格 : ¥440,000(税込)サイズ : 420 (S)、430 (M) mm カラー : ヘマタイト>>詳しくはこちら   TRANCE X 3 標準価格 : ¥385,000(税込)サイズ : 420 (S)、430 (M) mm 重量 : 15.2kg (430mm)カラー : グッドグレイ>>詳しくはこちら   「TRANCE X」新型フレームの特徴 ●ALUXX SLアルミフレーム: アグレッシブなトレイルでも、俊敏性と反応性を犠牲にせずにライダーがバイクをコントロールしやすい、重量と剛性のバランスに優れる軽量フレーム。 ●マエストロサスペンション: ペダリングの影響を受けない効率性の高い設計で、ブレーキングから独立しトラクションを高める独自のシステム。トラニオンマウントはレバー稼働比を低減、チェーンステイ長を短くすることが可能になり、高い反応性を実現。 ●ADVANCED FORGED COMPOSITE テクノロジー: ロッカーアームに最先端の高圧成形技術を用いたカーボンを採用。軽量かつ高剛性・高強度でバイク全体のパフォーマンスを向上。 ●アッパーロッカーアームの「フリップチップ」: ロッカーアームのハードウェアの方向を変えることで、地形やライディングスタイルに応じて、ジオメトリをロー/ハイのいずれかに設定可能。 ヘッド / シートアングル BBドロップ (mm) ライディングスタイル ① ハイ・ポジション 64.5° / 77.0° (Mサイズ) 20mm 低速でテクニカルなトレイル向き ② ロー・ポジション 63.8° / 76.3° (Mサイズ) 30mm 高速でオープンなトレイル向き   ●タイヤクリアランス: 最大2.6インチ幅タイヤ対応のハイボリューム仕様。 ●フレームプロテクション: フレーム一体型チェーンステイ&ダウンチューブプロテクターがチェーンの暴れや障害物からフレームを保護。

RACE

2021.07.06

【TEAM GIANT】CJ富士見パノラマXCOで門田選手が7位に

7/4(日)に日本自転車競技連盟(JCF)公認の「Coupe du Japon(クップ・ドュ・ジャポン:CJ) 」が長野県富士見パノラマリゾートで開催され、クロスカントリー(XCO)競技に参戦した TEAM GIANT の門田基志選手が7位でゴールしました。 大会当日、朝から降り続いた雨と午前中のレースによって、コースのほとんどの路面が泥で覆われてテクニカルに変貌します。さらにレース中盤に雨が止んだことで、次第に水分が抜けた泥がバイクにまとわりつき、機材トラブルを起こす選手が続出します。 その中で門田選手は後方スタートからトラブルを回避しつつ、上りは集中して下りはANTHEMの特性を生かした攻めた走りで追い上げて、最終的に7位でゴールしました。   門田選手コメント 「開幕戦以降レース参戦をキャンセルしていたので、レース感が鈍っていたのを痛感しました。 2か月ぶりのCJで後方スタートだったこともあって、順位を上げていくのに時間がかかったけど、調子が良かった頃の身体の動きに戻りつつあることと、泥の下りでプッシュできたことが収穫です。反面、レース感が鈍っているため、前のパックに追いつくために力を使うタイミングをミスするなど反省点もありました。フィジカルとレース感を強化して、次戦の白馬では表彰台を狙った攻めの走りを実現したいです。」   バイクセッティング Frame : GIANT ANTHEM ADVANCED PRO 29ER M-sizeFork : ROCKSHOX SID ULTIMATE CARBON 100mm, 105 psiShock : ROCKSHOX DELUXE RT3, 185 psiComponents : SHIMANO XTR M9100 seriesWheels : GIANT XCR 0 29 CARBON HOOKLESSTire : MAXXIS BEAVER 29×2.0 1.33 bar (F & R)Saddle : GIANT FLEET SLR

RACE

2021.07.06

【TEAM GIANT】CJ富士見パノラマDHIで浅野選手が2位に

7/3(土)・4(日)に日本自転車競技連盟(JCF)公認の「Coupe du Japon(クップ・ドュ・ジャポン) MTB」が、長野県富士見パノラマリゾートで開催されました。 今期の開幕戦となった7/3(土)のダウンヒル競技には、TEAM GIANT浅野善亮選手が参戦し、見事2位で表彰台を獲得しました。 コース長1620m、標高差211mと短めの新設コースで開催されたレースは、前日までに降り続いた雨で掘られた泥が、当日水分が抜けて乾いてバイクに纏わりつく、超重馬場マッドコンディションに変貌。時間の経過とともに泥詰まりでホイールが回らなくなるトラブルが多発する中、多くの選手が予選から決勝でタイムを大きくロスしていきます。浅野選手はREIGN 29ERとともに、このコンディションに対応した見事な走りで、予選とほぼ同じタイムで、予選の6位から決勝では2位にジャンプアップしました。   浅野選手コメント 「連日の雨でかなりのマッドコンディションになりました。試走の度に悪化していき、一度ストップするとタイヤが回らなくなり、再走するのが厳しく、途中で試走をキャンセルする選手も多かったです。 自分はREIGN 29の泥ハケ性能が良かったのでアドバンテージになりました。フェンダーはタイヤとの泥詰まりを避けるために外して出走しました。チェーン外れ変速トラブルが発生する中で、SHIMANO XT/XTRドライブトレインは正確な変速でトラブル無しで走りきることができました。予選、決勝ともに、とにかく軽いギアで高いケイデンスで漕ぎ続けて、速度をなるべく落とさない事を意識したのも正解でした。 CJ(Coupe du Japon)では久しぶりの表彰台となる2位で嬉しい反面、トップと9秒差あるので悔しいです。次の全日本選手権ではリベンジできるよう準備します。」   バイクセッティング Frame : GIANT REIGN 29ER M-sizeFork : ROCKSHOX LYRIK ULTIMATE 110 psi   Hi-Comp : 全締から2クリック   Low-Comp : 全締から10クリック   Rebound : 全締から4クリックShock : ROCKSHOX SUPER DELUXE ULTIMATE 170 psi   Low-Comp : 全締から10クリック   Rebound : 全締から8クリックComponents : SHIMANO XT & XTR Wheels : GIANT TR1 29 WheelSystemTire : SCHWALBE DIRTY DAN 29×2.35, 1.6bar

RACE

2021.05.09

【TEAM GIANT】ENS Lites S-TRAILで浅野選手が2位表彰台獲得!

5/9(日)に静岡県静岡市のS-TRAILで開催されたENS Litesに、TEAM GIANTの浅野選手がREIGN 29ERで参戦しました。 第1セクション(S1)をトップタイムで通過した浅野選手ですが、第2セクション(S2)で若干タイムロスしてしまい、惜しくもトップと0.9秒差の総合2位でレースを終えました。   浅野選手コメント 「S1はトップタイムでしたが、S2ではうまくまとめれずタイムロスしてしまい、1位の選手とは0.9秒差で負けてしまいました。いやーー、悔しいです。次のレースでリベンジします。」   バイクセッティング Frame : GIANT REIGN 29ER M-sizeFork : ROCKSHOX LYRIK ULTIMATE 110 psi   Hi-Comp : 全締から2クリック   Low-Comp : 全締から10クリックShock : ROCKSHOX SUPER DELUXE ULTIMATE 170 psi   Low-Comp : 全締から10クリック   Rebound : 全締から8クリックComponents : SHIMANO XT & XTR Wheels : GIANT TR1 29 WheelSystemTire : SCHWALBE MAGIC MARY 29x2.4 (F) BIG BETTY 29x2.4 (R) 1.5bar

RACE

2021.04.18

【TEAM GIANT】ENS 富士見高原大会で浅野選手が7位に

4/18(日)に国内唯一のMTBエンデューロ競技シリーズ「エンデューロナショナルシリーズ(ENS)」の開幕戦が長野県富士見高原で開催され、今期「ENS Lites」で開幕2連勝中のTEAM GIANT浅野善亮が、REIGN 29ERで参戦しました。 前日の練習日に強い雨風によってコースはウェット&マッドになり、決勝当日は雪が降ったあと晴れるなど、路面が急激に変化する難しいコンディションとなったレースで、浅野選手はコースをうまく攻略することができず苦戦して、7位でレースを終えました。   浅野選手コメント「路面コンディションが刻々と変化する中、ラインにうまく乗せられなかったり、ミスして焦ってしまったりしました。成績は悪かったですが、難しいコンディションや限られた時間で、試走を何本走るのか、ラインはどこを選ぶのか、コンディションの変化はどうなのかなどを考えるのは楽しくも難しいですね。引き続きENSに参戦して良い走りをしますので、応援よろしくお願いします!」   バイクセッティング Frame : GIANT REIGN 29ER M-sizeFork : ROCKSHOX LYRIK ULTIMATE 100 psiShock : ROCKSHOX SUPER DELUXE ULTIMATE 170 psiComponents : SHIMANO XT & XTR Wheels : GIANT TR1 29 WheelSystemTire : SCHWALBE MAGIC MARY 29x2.4 (F) BIG BETTY 29x2.4 (R) 1.5bar

RACE

2021.04.11

【TEAM GIANT】CJ開幕戦で門田選手が10位に

2021年の国内MTBレースシーズン開幕戦「Coupe du Japon(CJ)菖蒲谷大会」が、4/11(日)兵庫県たつの市で開催され、TEAM GIANTの門田基志選手が国内屈指のテクニカルなコースにANTHEM ADVANCED PRO 29ERで参戦して、10位でレースを終えました。 以下、門田選手のレポートです。   門田基志選手レースレポート昨年はコロナウイルスのため自粛が続き、参加レースは全日本選手権1戦のみだったので今期のゼッケンは「59」番のためスタート位置は後方となる。もちろん、ランキング上位が実施するXCCへの参加資格はなく前日は試走のみ行った。 コースは国内屈指と言われるテクニカルなコースとなっていたが、縦の変化と横の変化があり走っていて楽しいコースレイアウトで、テクニカルというイメージより楽しいという感覚になるコースだ。 バイクはANTHEM ADVANCED PRO 29ERに決定。タイヤはMAXXIS ASPENとRECON RACEをテストして、バンクもあり比較的引きしまった路面なので、ANTHEMとの組み合わせでコギの軽さを重視してタイヤはASPENを選択した。 スタートは1列8名並んで不参加選手もいたので5列目に並んだ。 菖蒲谷のコースは、スタート直後にすぐラインが1本になる激坂区間に突入するので、なるべくそこまでに順位をあげたいところだが、集団がばらけるまでは我慢と言い聞かせてスタートする。スタート後はペダルを踏み外した前の選手をかわしたりしながら前に出るが、やはり最初の激坂ではポジションアップは殆どできなかった。 その後のシングルトラックの上りで、細いけど谷側のラインが空いていたのでその狭いラインを攻めて数名をパスしてダウンヒル区間へ。下りでは我慢の走りで無理に力を使わないように、少しだけ前と差を保ち上り返しは惰性を使ってスピードに乗せて加速する走りで切り抜けた。 コースの途中途中にある前を抜ける区間では3~5名ずつ抜き、下りに入る前には出来るだけ前には選手がいないようにペース配分した。 下りでは高速で落差のあるコースと、ANTHEMのMAESTROリンクの相性がすごく良く、ドロップオフでは加速してコーナーでも踏ん張ってくれるので、下りの手前で後ろを走っていた選手を一気引き離して、次の登坂では前を走る選手を数名抜き、また下りで追いつきを繰り返した。 レース中盤以降15位くらいまで順位を上げた後は、ほぼ単独走行でコースが走り易くなってどんどん前を追った。走り易くなるとラインを色々と選べるようになる。直線的な良いラインには根っ子が隆起している場合が多いが、ANTHEMの走破性とASPENのグリップ力で最速ラインを選べたことがポジションを効率よくあげることが出来た要因だった。 今回は最低限の目標として10位以内と決めていたが、序盤に無理をしたツケが後半脚にきてギリギリの10位ゴールとなった。 1周目の混雑で数分を失いそこから巻き返すレースとなったが、地元戦の八幡浜に向けて調整の意味合いも持った開幕戦は最低限の目標は達成という感じで、次戦朽木に向けて調整していきたいと思う。   バイクセッティング Frame : GIANT ANTHEM ADVANCED PRO 29ER M-sizeFork : ROCKSHOX SID ULTIMATE CARBON 110 psiShock : ROCKSHOX DELUXE RT3 185 psiComponents : SHIMANO XTR M9100 series Wheels : GIANT XCR 0 29 HOOKLESSTire : MAXXIS ASPEN 29x2.25 1.40 bar (F & R)Saddle : GIANT FLEET SLR

1 2 3 4 5 6