• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

アイデンがアイアンマン・フロリダで優勝!2021.11.10

ジャイアントがスポンサーするトライアスリートのグスタフ・アイデン選手が、パナマシティビーチで開催されたアイアンマン・フロリダで優勝いたしました。アイアンマン70.3の世界チャンピオンに2度輝いたアイデンですが、この大会が彼にとって初めてのフルディスタンスだったこともあり、大きな話題を呼びました。さらに、7時間42分57秒のコース新記録を樹立し、勝利に華を添えました。

2019年のアイアンマン70.3を23歳で制したアイデンは、史上最年少の世界チャンピオンとなりました。翌2021年大会でも連覇したアイデンは、ショートディスタンスの分野ですでに世界トップの実績を上げています。7月に開催された東京オリンピックをトップ10で終えたアイデンは、次にフルディスタンスのアイアンマンに照準を合わせます。当初予定していたアイアンマン・カリフォルニア大会が天候不良で中止になったため、フロリダ大会に方向転換しました。

パナマシティビーチで開催されたレースで、2.4マイル(約3.8キロ)のスイム前半は荒波のコンディションに苦戦するも、2周目に力強い泳ぎでトップグループとの差を縮めたアイデンは、バイクへのトランジションを1位で通過しました。その後、カナダのライオネル・サンダース選手がバイクでトップに立ちましたが、アイデンは「GIANT TRINITY ADVANCED PRO」と「CADEX AERO WHEELSYSTEMS」を使用して上位に食い込み、112マイル(約180キロ)を4時間05分11秒で走破しました。

数マイル走った時点で、アイデンとサンダース2人の優勝争いになることは明らかでした。「ライオネルに離されるか、僕が彼を引き離すかのどちらかだと思っていたから、最後まで混戦になるとは考えてなかったよ。」と、アイデンは言います。

2人は残り約10マイルまで一緒にいましたが、アイデンがペースを上げるとサンダースはそれに応えることができませんでした。アイデンは2時間34分51秒という驚異的なタイムを記録し、従来のコースレコードを1分17秒更新しました。

レース後、140.6マイル(約226キロ)のアイアンマンに今後も挑戦するかどうか聞かれたアイデンは、「時間をかけて検討したい。」と答えました。「初めてアイアンマンに参加した後、皆『もう二度とやらない』と言うと思うし、今はそんな感じだよ。僕にはハード過ぎたから、数時間後には考えが変わるかもしれないけど、今はもう充分さ。」

2022年にどの距離のレースを目標にしたとしても、アイデンはトライアスロン大会で注目され続ける存在になるでしょう。


▲ページの先頭へ戻る