• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

【シマノレーシング】播磨中央公園クリテリウムで床井選手が3位表彰台獲得!2021.03.13

国内最高峰のトップチームによって争われるロードレースの年間シリーズ戦「Jプロツアー(JPT)」の開幕戦「JPT 播磨中央公園クリテリウム」が3/13(土)に兵庫県で開催され、シマノレーシングが参戦しました。

午前、午後と計2レース開催されたクリテリウムで、午前は木村選手がスプリント勝負に絡み4位に。午後のレースでは、3位集団でのスプリントを床井選手が制して3位に!この日JPT初レースとなった床井選手は、デビュー戦で見事な表彰台を獲得しました。

以下、シマノレーシングのレポートを掲載します。
 

シマノレーシングレースレポート

JPT 播磨中央公園クリテリウム
播磨中央公園特設コース(3km/周) 
1レース目20周=60km
2レース目15周=45km

■出場選手
木村圭佑 湊諒 一丸尚伍 横山航太 中田拓也(1レース目のみ) 風間翔眞 床井亮太 重満丈 尾形尚彦(2レース目のみ)

今シーズン初戦となるJPT第1戦、2戦播磨中央公園クリテリウムが兵庫県の播磨中央公園内特設コースにて行われた。今シーズンを占う初戦として、選手皆、気持ちを引き締めつつ仕上がりを確認する大事な初戦だ。
今回は1日に2レースが行われるという慌ただしいスケジュール。コースプロフィールもアップダウンがあり消耗が予想される上、当日早朝まで降った雨によりコースコンディションも悪く、難しいレースが予想された。
午前の1レース目のレースが始まり、レース序盤アタック合戦から10名ほどの逃げ集団ができ、シマノレーシングからは中田が加わり先行する。その後吸収され、再び10名ほどの逃げができるが、終盤にかけマトリックスパワータグのペースアップにより、集団は一つになり最終周回へ。
ホームストレート手前ほどからフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)が飛び出し集団を引き離し勝利。その後ろの集団スプリントでは、木村がキレのあるスプリントを見せるも4位。惜しくもポディウムを逃すも、調子の良さを見せた。

そして午後の2レース目、レース序盤、床井含む5人の逃げができる。その後さらに6名がジョインし11人の先頭集団を形成。じわじわとメイン集団との差が開いていきレース終盤を迎える。
終盤、逃げは確定的となり、その逃げ集団から橋本英也(チームブリヂストンサイクリング)が飛び出し、集団を引き離す。その後逃げ集団からホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が追走し差を徐々に縮めていく。
しかし、その追走も届かず橋本英也が逃げ切りを決め、JPT初勝利。2位には追走していたホセが入る。
その後、床井のいる4名の3位集団がホームストレートを迎え、スプリント勝負になる。ほぼ横一線のスプリントを制したのはJPTデビュー日の床井。嬉しいポディウム初登壇を叶えた。


 

リザルト

1レース目
1位 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ) 1時間29分57秒
2位 蠣崎優仁(JCF強化指定チーム) +1秒
3位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +1秒

4位 木村圭佑
8位 風間翔眞
18位 湊諒
19位 中田拓也
38位 横山航太
DNF 一丸尚伍
   重満丈
   床井亮太

2レース目
1位 橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling) 1時間8分8秒
2位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +17秒
3位 床井亮太(シマノレーシング) +1分32秒 

14位 横山航太
28位 尾形尚彦
32位 重満丈
33位 一丸尚伍
40位 風間翔眞
44位 湊翔
DNF 木村圭佑

 

野寺秀徳 監督コメント

 2021年のシーズンスタートを切る事が叶いご尽力された多くの皆様に感謝しています。チームは開幕戦から勝利を目指すべく準備をしてこの初戦を迎えました。雨上がりのショートサーキットレースにクラッシュ等もありましたが集中力を切らすことなく挑んだ結果、良いパフォーマンスを出せたのではないかと考えています。勝利には届きませんでしたが、改善点を見つける事もでき目標に向け着実な一歩を踏み出すことができた印象です。


▲ページの先頭へ戻る