• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

TCR ADVANCED PRO 1 DISC : 前田公平インプレッション2021.02.02

昨年末惜しまれながらもプロ選手を引退した、元JPTロードレーサーで前シクロクロスチャンピオンでもある前田公平さん。その前田さんが引退後のロードバイクとして選んだのは「GIANT TCR ADVANCED PRO 1 DISC」でした。年末年始に距離を乗り込んだあと、前田さんにTCRの感想を伺いました。

【インプレッションライダー】

前田 公平(まえだ こうへい)
生年月日:1994年6月15日
身長:172cm
体重:63kg
TCRサイズ:S
主な経歴:
 2020 MTB全日本選手権 XCE : 3位
 2019シクロクロス全日本選手権 : 優勝
 2019 MTB全日本選手権 : 3位
 2019 Coupe du japon MTB : シリーズ総合優勝
 2018 シクロクロス全日本選手権 : 優勝
 2018 UCI-C1野辺山シクロクロス : 優勝
 2018 Japan Cup ロードレース オープンクラス : 3位

 

Festive 500 用に選んだTCR ADVACED PRO 1 DISC

年末の恒例イベントであるFestive500。今回は、GIANTの新型TCR ADVANCED PRO 1 DISCを使用して、ゆっくりペースからトレーニング強度まで、幅広く500km以上乗り込んでみました。完成車状態での走り味を確認したかったので、市販スペックにペダルを装着してサドル位置を調整しただけの状態でバイクの性能を吟味することに。
 

外観、スペック

まず、TCRの「トップチューブとシートステイが繋がっている」デザインに惹かれた。これは好みの問題だけど、ここは、自分がロードバイクに求める重要な要素。次に部品構成は、機械式アルテグラに42mmハイトのカーボンフックレスホイール、POWER PROのパワーメーターまでもが標準装備されているパッケージで45万円と聞いて驚いた。そして、アルミハンドル&ステムで組まれており特別軽いパーツを使っていないのに、ペダルレスで重量7.4kg。持ち上げてみて納得したけど見た目以上に軽い! ハンドル周りのケーブルが外に出ていて、ポジションを調整したり整備がしやすかったりするのは嬉しいポイント。真横からの写真では細く見えるフォークも、正面から見るとしっかりと厚みがあって、剛性も高そうで走りに期待が持てる。


 

漕ぎ出し、加速性能

このバイクに乗った人の多くは反応の良さ、加速性能の高さを評価すると思う。それくらい中低速からの加速、踏み込んだ時の反応の良さが光っている。SLR1 42 ホイールのカーボンリムの軽さとGAVIA COURSE 1チューブレスレディタイヤの影響もあってか、気持ちよく加速していく。ダンシング時のバイクの振りも非常に軽くて、スプリントのようにもがいても、ねじれ方向への剛性が高くてもたつくこともない。レースでアタックが続くような展開やストップ&ゴーの多いコースでは武器になりそうだ。


 

巡行性能

バイクを選ぶ際に、登りがあまり得意でないこととコントロール性を重視するので、横方向に癖のあるバイクが多いエアロロードよりも、扱いやすく軽量なオーソドックスなバイクを好んで乗ってきた。そこでネックになるのは高速域での巡行性能で、ディスクブレーキバイクは、リム(キャリパー)ブレーキのバイクと比較してスポーク数が増えて、ヘッド~フレーム下周りの空気の抜けが悪くなったように感じていた。でもTCRは、ケーブル外装式で4本も出ているにもかかわらず(以前使用していたバイクは電動コンポなのでブレーキホース2本のみ)、空気の抜けが良くて、メーカーの謳う空力性能は確かなるものと感じることができた。大きく確保されたフォークとタイヤのクリアランスも、ボトル装着前提の幅の広いダウンチューブも、その造形すべてが意味を持っていることを理解させられた。


 

登坂性能

TCRは軽いとはいえ、以前乗っていたSRAM RED eTap + 各所にチタンボルトを換装したバイクに比べれば当然重い。踏んだ力を推進力に変える性能は高いので、スペックからしたら登るバイクだけど、軽いパーツで組んでみたいという思考が頭をよぎったのがシッティング時の最初の感想。しかし、腰を上げてビックリしたのが登坂力で、前記の通りダンシングの振りが軽いことが登りでより顕著に表れた。もともと登りではギアを掛けてダンシングを多用するタイプなので、よりその違いを感じたのだと思う。ディスクブレーキ化したものの、スルーアクスルの採用とリアのエンド幅を142mmに広げただけのポン付けモデルに多いダンシング時のリアの重さ、後ろに引っ張られるような感覚もなかった。


 

下り、コントロール性

タイヤのエア圧も高く、サスペンションも無いロードバイクではバイク設計のバランスがそのまま表れる。よく曲がる運動性能と、狙ったラインをトレースできるコントロール性能は、僕が重要視していてバイクに高く求める部分。ピーキーなバイクは乗っていて楽しいけど、バランスを崩したり、滑り出した後に立て直しが難しかったりするので、ロードバイクには安定感も欲しいところである。結論から言うと、このバイクは僕好みの性能をしており、直進安定性と旋回性能を両立していた。
まずは、旋回性能、コーナリングについて。405mmという短いチェーンステー、69.5mmと70mmを切るBBドロップによる小回りとバイクの振りやすさ。そしてディスクブレーキのストッピングパワーとコーナーの横Gにも負けない、しっかりとしたヘッド、フォーク周り。ターンインでもたつくことなく、鋭い突っ込みと立ち上がりまで変に膨らまない安定感がある。
リアを詰めてBBハイトを高くするだけでは、ピーキーなバイクになってしまい、コントロールし難いバイクになってしまうが、気持ち寝かしたヘッドとフォークのオフセットでホイールベースを確保してあり、扱い辛さを感じさせない味付けとなっていた。また、必要な剛性はしっかりと確保してあるものの、垂直方向にはとてもしなやかで、荒れた舗装でも路面追従性が高く、バイクが跳ねてしまって大変ということもなく、スプリントした時のカッチリとしたイメージからは意外なほどに振動吸収性が高かった。路面をしっかりと掴みつつ、よく曲がるというのは他にはない不思議な感覚で、安心感があった。


 

カスタムするとしたら

メインコンポのULTEGRA R8000機械式シフトを変えない条件で考えると、まず、サドルとハンドル形状は自分の好みに合わせたものに交換します。あと、TCR ADVANCED PROはよく曲がるバイクなので、ハンドリングの良さをより活かすために、シフトインナー&アウターワイヤーをニッセンケーブルに変更すること。定評のある引きの軽さに加えて、アウターケーブルのしなやかさがハンドリングをより軽いものにしてくれるので、ワイヤー類としては高価だけど価値のあるカスタムだと思います。
あとは、パーツ交換ではないけど、ホイールバランスを取ると良いかもしれない。SLR1 42のホイールは、リムハイトの割に軽量で扱いやすいホイールだけど、カーボンリムが軽量なせいかチューブレスバルブ側にバランスが寄りがちな印象で、低速では気にならないけどスピードが乗ってくると少しだけ気になってくる。そのままでの性能も十分高いけど、バランスを取った後は中高速の走りが良くなります。


 

まとめ

平坦、登り、下り、ダート、パヴェ、アタック、スプリントなど、様々なシチュエーションのあるロードレースで、あらゆるセクションで高いパフォーマンスを発揮するためにというトップモデルから踏襲した性能をひしひしと感じた。ディスクブレーキ化に伴い、車軸の径が太くなってリアエンド幅も広くなり、大きく変わったはずの全体バランスがしっかりと纏まっているのも良い。思い通りにバイクが扱えるということはストレスフリーで、乗っていて楽しいと思えるバイクだし、これからもTCRと一緒にサイクリングを楽しみたいです。

 

インプレッションした製品

TCR ADVANCED PRO 1 DISC

¥450,000(税抜)


▲ページの先頭へ戻る