• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

130mmトラベルに生まれ変わった新型「FATHOM」を発表2020.09.05

9月上旬より、130mmトラベルとブースト規格を取り入れた新型フレームに生まれ変わったハードテールMTB、「FATHOM(ファゾム)」シリーズを発売いたします。

シングルトラックでのコントロール性を追求して生まれ変わった新型「FATHOM」は、スムーズでバランスのとれたライドクオリティを生み出す130mmトラベルのGIANT CRESTフォークと、剛性を高める前後110/148mmブースト規格の採用、進化したジオメトリをあわせ持ち、反応性が高く、効率的で、テクニカルな上りでも高速の下りでも、トレイルライドを楽しめるバイクです。

新しい「FATHOM」は、ライディングスタイルや走る道に応じて、27.5インチホイールモデルと29インチホイールモデルの選択肢があります。フレームのジオメトリはどちらも共通ですが、主な違いはホイールの直径とタイヤ幅。どちらの場合でも、コントロール性に優れ、グリップ性が高く、ハイボリュームなタイヤを使うことができます。29インチモデルは2.5インチ幅、27.5インチモデルではより幅広の2.6インチ幅のタイヤに対応します。

フレームには、強度と剛性を犠牲にすることなく重量をより軽くできる、ダブルバテッドの軽量ALUXX SLアルミを採用。ジオメトリは、トレイルにおいて機敏でありながら安定感があるようにデザインされています。75度のシートチューブアングルにより、加速がより簡単で力強く効率的な登坂が可能です。

66度角のヘッドチューブと余裕のある130mmストロークのサスペンションは、荒れたトレイルの木の根や岩、わだちなどにも楽々と対応。フロントからリアまでバランスの取れたフィーリングは、ハンドルバーから手を離さずリモートでサドル高を調節できるGIANTのドロッパーシートポストによってさらに強化されます。
より短いリアセンター長(435mm)を可能にした新しい鍛造チェーンステイも、トレイル走行に最適化された特徴のひとつです。このデザインにより、ブーストハブの採用と合わせてタイヤクリアランスを広くすることが可能に。また、内装式ケーブルルーティングはクリーンな外観とパフォーマンスの向上につながっています。

新型「FATHOM」は現代トレイルライドの標準となるフロントシングルギア用にデザインされています。サドルは、トレイルライダーのニーズに合わせて特別にデザインされ、GIANTのプロエンデューロレーサーからのインプットに基づいてテストされた新型「ROMERO」を採用。また、ダウンチューブ下部にもボトルケージマウントがあり、Sサイズのバイクで合計2本、Mサイズのバイクで合計3本のボトルを取り付けることができます。

アルミフレーム製造をリードするGIANTの実績と、これらすべての特長やテクノロジーにより、新型「FATHOM」は、ハードテイルバイクの反応性とクラシックなフィーリングを楽しむオフロードライダーにとって素晴らしい選択肢となるでしょう。これは、よりスムースで、先進的なコントロール性に優れ、トレイル走行に最適化されたデザインのハードテイルバイクなのです。

LINE UP


▲ページの先頭へ戻る