• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS ロードバイク タグ 記事一覧

カテゴリー

1 2 3 4 5 6 7

RACE

2017.07.04

ツール・ド・フランスでマシューズが好発進!

チーム・サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がツール・ド・フランス第3ステージのゴールスプリントを争い2位を獲得しました。この結果マシューズは総合3位となり、序盤から好調な滑り出しとなりました。 今年のツールはドイツで開幕し、ベルギー、ルクセンブルグを経て、第3ステージでいよいよフランスへ入ります。 その第3ステージは全長212kmの丘陵地帯を抜けるコースで、最終ゴール手前から登りのスプリントステージ。 TCR ADVANCED SLを駆るマシューズはチームメイトのサポートと共に最終スプリントへ挑みましたが、惜しくも世界チャンピオンであるペテル・サガン(スロバキア)の後塵を拝する結果となりました。 チーム・サンウェブのコーチであるアイク・ヴィスビークは以下のようにコメントしています。 「今日のレースは、終始先頭集団でローレンス・テンダム(オランダ)を中心としたコントロールが出来ていた。戦略通りに進んで、最後の登りに入る時点で前方にワレン・バルギル(フランス)とシモン・ゲシュケ(ドイツ)が揃っていたけど、マシューズが2人と離れてしまいスタミナを温存できず、僅差で負けてしまう残念な結果だった。でもステージ全体としては良いタイミングで動けたし、良いレースだった。マシューズはこのまま調子を上げていけば勝ってくれるはずさ」 第3ステージ終了後に総合3位へと順位を上げたマシューズは、この3日で3種異なるバイクで出場しました。 第1ステージの個人TTでは、TRINITY ADVANCED PROを駆り16位に。 チームとしてはニキアス・アルント(ドイツ)が11位でトップリザルトでした。 ドイツのデュッセルドルフからベルギーのリエージュまで平坦基調の203kmを走る第2ステージで、マシューズはプロトタイプのPROPELを選択。 雨の影響で残り30km地点で大規模なクラッシュが発生したものの、サンウェブのライダー達は難を逃れました。 最終スプリントはタフな争いとなり、残念ながらマシューズは位置取りに失敗して9位でした。 マシューズはPROPELと共に駆けた第1ステージ終了後、以下のようにコメントしています。 「今日このバイクで走れたのは最高だった。エアロダイナミクスを存分に発揮してくれた。速く走りたいときには最適なバイクさ」 第4ステージはモンドール=レ=バンからヴィッテルまで、4級山岳も含む207kmの平坦基調のコースを争います。

RACE

2017.06.28

チーム・サンウェブ、ツール・ド・フランス2017メンバー発表!

チーム・サンウェブは7/1(土)に開幕する「ツール・ド・フランス2017」(以下ツール)参加メンバーを発表しました。 チームはイタリアでの高地トレーニングキャンプを経て、3週間にわたる世界最高峰のステージレースに挑みます。 今年のツールは開幕の地「グランデパール」をドイツに迎えてスタートとなり、ドイツ籍のチーム・サンウェブにとっても今年のツールは意義深いものとなります。 全21ステージに及ぶ戦いは、デュッセルドルフ市街のライン川と並走する14kmの個人TTで幕を開けます。 第2ステージはデュッセルドルフから国境を越え、スプリングクラシックの舞台として名高いベルギーのリエージュまで、203.5kmが設定されています。 過去4年のツールで通算11回ステージ優勝をしているチーム・サンウェブは、今年のツールでもエーススプリンターのマイケル・マシューズを中心に勝利量産を目指します。 今季「ツール・ド・スイス」第3ステージでスプリント勝利して調子を上げているマシューズは、ツール開幕を見据えて以下のようにコメントしました。 「自分の脚質に合う数ステージをターゲットに、チームのサポートを受けて勝ちを狙いに行くよ。チームは皆モチベーションが高い状態だよ」 コーチのアイク・ヴィスビークはツール2017のメンバー構成に付いてコメントしました。 「チームはマシューズのステージ優勝にフォーカスし、彼をサポートする強い意志を持つ9名を選んだ。強力なスプリントトレインを組めるメンバーを揃えているよ」 今季1勝を挙げたニキアス・アルントをリードアウトの主軸に据え、オランダチャンピオンのラモン・シンケルダム、マイク・テウニッセン、アルバート・ティマー、ロイ・カーヴァスがトレインの牽引役を担います。 スプリントステージでのチャンスに加え、チームは山岳コース、そして総合ランキングでの上位進出も狙えるメンバー構成で臨みます。 過去ブエルタ・ア・エスパーニャで総合トップ10入りを果たしたワレン・バルギルを山岳エースに起用し、シモン・ゲシュケやローレンス・テンダムがアシストを務めます。 チームは、TCR ADVANCED SLとTRINITY ADVANCED PROを今ツールで使用し、全てのバイクにGIANT CONTACT SLRサドル、ハンドル、ステム、そしてNEOS TRACKサイクルコンピューターを装備します。ヘルメットは、REV、PURSUIT、RIVET、RIVET TTをコースにより使い分けます。 【ツール・ド・フランス2017 出走メンバーリスト】ニキアス・アルント(ドイツ)  スプリンターワレン・バルギル(フランス)  クライマーロイ・カーヴァス(オランダ)  キャプテン/オールラウンダーシモン・ゲシュケ(ドイツ)  オールラウンダーマイケル・マシューズ(オーストラリア)  スプリンターラモン・シンケルダム(オランダ)  スプリンターローレンス・テンダム(オランダ)  クライマーマイク・テウニッセン(オランダ)  リードアウトマンアルバート・ティマー(オランダ)  オールラウンダー

RACE

2017.06.27

チーム・サンウェブの3ライダーがナショナルチャンピオン獲得!

6/24(土)-25(日)の2日間、ナショナル選手権タイムトライアル(TT)およびロードレースが世界各国で開催され、チーム・サンウェブの3名のライダーがナショナルチャンピオンジャージを獲得しました。 オランダ選手権では、デュムランがTTを、シンケルダムがロードレースを制して、チームで2冠を達成しました。 ジロ・デ・イタリア2017を制したトム・デュムランがオランダ選手権TTを制した後、オーストリア選手権でもゲオルグ・プライドラーがTTを制してナショナルチャンピオンジャージに袖を通しました。 デュムランはジロ閉幕後のリカバリー期間を経て、TRINITY ADVANCED PROと共に自身3度目のチャンピオンタイトル獲得を達成しています。 レース後、デュムランは以下のようにコメントしました。 「ここ数週間、心身ともに良いコンディションで過ごすことができて予想以上に調子が良かったんだ。もう1年ナショナルチャンピオンジャージを着られて誇りに思う」 もう1人のチャンピオンとなったプライドラーもまた、TRINITY ADVANCED PROに乗りアップダウンを含むコースで2位から40秒の差をつけ、2015年に続く2度目の頂点を勝ち取りました。 プライドラーはレース後、以下のようにコメントしました。 「優勝できてとてもハッピーだ。おそらく表彰台には登れるだろうと思っていたけど、優勝は本当に予想外だった。全てを出し尽くすとても厳しいレースだったけれど、自分が最速であることを証明できた。またチャンピオンジャージを着られて本当に嬉しいよ」 またデュムランとプライドラーのほか、デンマーク選手権TTではセーレンクラーグ・アンデルセンが4位を獲得しています。 TTでの活躍に加え、スプリンターのラモン・シンケルダムがオランダ選手権ロードレースで飛躍をみせ、チームに3枚目のナショナルチャンピオンジャージをもたらしました。レース序盤にアルバート・ティマーとトム・スタムスナイデルが逃げ集団に加わり、中盤には積極的なカウンターアタックでライバル達を疲弊させ、チームの連携がシンケルダムのスプリント勝負を後押しする形となりました。 勝負はゴール前までもつれ込み、力強いリードアウトを受けたシンケルダムがそのまま先着し、僅差のスプリント争いを制しました。 レース後、シンケルダムは以下のようにコメントしました。 「チーム、そして自分にとって素晴らしい勝利だ。チームメイトが終始自分のために動いてくれて、完璧にプラン通りのレース運びとなった。おかげで終盤まで脚を残すことができて、勝利をもってチームの働きに報いることができた。スタッフとチームメイトのサポートが、こうして実を結んだことが誇らしいよ」

INFORMATION

2017.06.24

ジロ2017優勝記念マリアローザキットを限定販売!

トム・デュムラン(チーム・サンウェブ)の「ジロ・デ・イタリア 2017」総合優勝を記念し、「2017 MAGLIA ROSA SPECIAL EDITION」として、マリアローザカラーのTCR ADVANCED SLや、チームカラーのTRINITY ADVANCED PRO TTフレームセット、サンティーニ製公式ジャージをはじめとするアパレルやヘルメット等のギア一式を数量限定で発売いたします。なお、デリバリーは7月より順次開始となります。   TCR ADVANCED SL MAGLIA ROSA トム・デュムランの「ジロ・デ・イタリア2017総合優勝を記念し、マリアローザカラーのTCR ADVANCED SLが国内20台限定で登場。トップチューブにはデュムランのサインと記念デカールを配置。またデュムラン直筆サイン入りのSantini製マリアローザジャージ(デュムラン着用と同じLサイズ)を1枚付属。 標準価格 : ¥780,000 (税抜価格)サイズ : 680 (XS), 710 (S), 740 (M) mm重量 : 6.6kg(740mm)コンポーネント : SHIMANO DURA ACE 22 Speed >>詳しくはこちら   FS TRINITY ADVANCED PRO TT TEAM トム・デュムランの「ジロ・デ・イタリア2017総合優勝を記念し、TEAM SUNWEBカラーをまとったFS TRINITY ADVANCED TTを国内3台限定販売。トップチューブにはデュムランのサインと記念デカールを配置。 標準価格 : ¥390,000 (税抜価格)サイズ : 490 (S), 515 (M) mm重量 : フレーム1240g(490mm), フォーク540g >>詳しくはこちら     <ギアの主な製品>   (左)TEAM SUNWEB SANTINI LEADERS SS JERSEY   ¥18,000(右)MAGLIA ROSA TIER 2 BIBSHORTS  ¥18,000 TEAM SUNWEBロゴを配したジロ・デ・イタリア2017の公式リーダージャージと、限定カラーのETXEONDO製ビブショーツ。   (左)MAGLIA ROSA TIER 3 SS JERSEY   ¥7,000(右)MAGLIA ROSA TIER 3 BIBSHORTS  ¥10,000マリアローザカラーのレプリカジャージ&ビブショーツ。   REV ASIA TEAM SUNWEB MAGLIA ROSA  ¥16,000チームが実際に使用するハイエンドロードヘルメットのマットピンクバージョン。   (左)MAGLIA ROSA SF GLOVE   ¥3,500(中)MAGLIA ROSA SOCKS  ¥2,400(右)MAGLIA ROSA DOUBLESPRING 750CC  ¥1,000マリアローザカラーのグローブ、ソックス、ウォーターボトル。   上記以外に、キャップやTシャツ、バーテープもラインナップいたします。>>「2017 MAGLIA ROSA SPECIAL EDITION」のギア全ラインナップはコチラ また、これに合わせてTEAM SUNWEBスペシャルコンテンツのPRODUCTSページを更新いたしました。是非ご覧ください。

RACE

2017.06.22

デュムランがオランダ選手権TTで3度目のチャンピオンに!

チーム・サンウェブのトム・デュムランが、モンフェランで行われたオランダ選手権個人タイムトライアル(TT)で優勝し、自身3度目のナショナルチャンピオンジャージを獲得しました。 デュムランはジロ・デ・イタリア第10ステージでの優勝、さらに最終日の逆転総合優勝を演じた時と同じくTRINITY ADVANCED PROを駆り、2位のステフ・クレメントに24秒、3位のロバート・ヘーシンクに59秒差をつける力走でタイトル防衛を成功させました。 レース後、デュムランは以下のようにコメントしました。 「TTで連覇することが本当にハッピーさ。コースは自分向きで、暑さは厳しかったけど力を出し切ることができた。ここ数週間、心身ともに良いコンディションで過ごすことができて予想以上に調子が良かったんだ。もう1年ナショナルチャンピオンジャージを着られて誇りに思う」 チーム・サンウェブのトレーナーであるアドリアン・ヘルマンテルは、デュムランのジロ終了後のリカバリー期間、そしてナショナル選手権での走りについてコメントしました。 「ジロ閉幕後の数週間、デュムランは充実したリカバリー期間を送り、今日のレースはフレッシュな状態で迎えることができた。チームはリカバリー期間のスケジュールを完璧に組み上げ、彼が集中できる環境を作ったんだ。連覇のかかるタフなメンタルゲームが予想されたものの、彼はタイトル防衛に向けてとても高いモチベーションを見せてくれた」 「スタートして前半は数秒遅れていたものの、彼はうまく自分のペースを刻んでいた。以降は中間計測ポイントのたびにリードを広げ、最終的には24秒差をつけ優勝してくれた。素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれたと思うよ」

RACE

2017.06.13

マシューズがツール・ド・スイス第3ステージ優勝。総合首位に!

スイスを舞台にした9日間のステージレース「ツール・ド・スイス」第3ステージで、チーム・サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がスプリント勝利を挙げました。 初日のタイムトライアルで4位と好位置につけていたマシューズは、第3ステージで現ロード世界チャンピオンのピーター・サガンを破り、10秒のボーナスタイムを得て総合ランキング首位へと浮上しました。 3つのカテゴリー山岳を越えて160km先のベルンへとゴールする第3ステージは、スプリンターにとってタフなコースとなりました。序盤は2名のエスケープが9分以上先行したものの、チームはマシューズのスプリントを狙うべくメイン集団をコントロールし続けました。 残り13kmで逃げを捉えると、マシューズは3人のチームメイトとともにポジション争いへと合流。ゴールへと至る登りで力を温存したマシューズは、ニキアス・アルント(ドイツ)の巧みなリードアウトを受けて先頭へと飛び出しステージ優勝を掴み取りました。 チームはマシューズのリーダージャージ獲得に加え、ジロ優勝者のトム・デュムラン(オランダ)が10秒差の総合2位につける理想的な展開で第4ステージへと進みます。 マシューズはレース後、以下のようにコメントしました。 「登りではそこまで調子が良くなかったけど、ゴール前に残るためには十分だった。素晴らしいアシストをしてくれるアルントが近くにいてくれたことで、レース中モチベーションを保てたんだ。彼のおかげで、完璧なタイミングでスプリントを開始できたよ」 「明日のレースでリーダージャージを着られて嬉しい。ジロ・デ・イタリアで優勝した経験が、チームをより強くしてると感じているよ」

RACE

2017.06.08

バウハウスがワールドツアーでキャリア初優勝!

チーム・サンウェブのフィル・バウハウス(ドイツ)が、フランスで開催中の8日間のステージレース「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ」第5ステージでスプリント勝利を挙げました。 バウハウスは、175kmに及ぶステージの末に、アルノー・デマールやブライアン・コカールら強豪スプリンターを退け、自身初となるワールドツアーステージ優勝を掴み取りました。 22歳のバウハウスはチーム加入1年目にして早くもその頭角を現すこととなりました。 本大会の第2ステージではトップ5入り、また昨月のジロ・デ・イタリアでも2度のトップ5入りを果たしており、優勝の可能性を期待されていました。 バウハウスはレース後、以下のようにコメントしました。 「今日は序盤から調子が良かった。チームはポジション確保に力を尽くしてくれて、ゴール前の牽引も完璧なタイミングでこなしてくれたよ」 「ジロでは2度、もう少しで優勝というところまで来ていたんだ。今回はチームの支えがあったからこそ、こうして最高の勝利を味わえた。ドーフィネで勝てて誇らしいよ」 トム・デュムランのジロ制覇に続き、バウハウスの勝利はチーム・サンウェブに大きな活力をもたらしました。 ワールドツアーに数えられるドーフィネは、来るツール・ド・フランスの前哨戦として多くの強豪ライダーが参戦しており、ここでの勝利はツールでの成果へと結びつきます。 加えて、第5ステージを終えて21歳のサム・オーメン(オランダ)が新人賞となるホワイトジャージを獲得し、チームにおける若手ライダーの活躍が続いています。 ドーフィネは翌日から3つの山岳ステージが続き、日曜日に最終ステージを迎えます。

RACE

2017.06.05

チーム・サンウェブが初代ハンマーシリーズで総合2位を獲得!

6/2(金)より3日間、オランダのリンブルフで初開催されたロードレース「ハンマーシリーズ」で、チーム・サンウェブが総合2位を獲得しました。3ステージ制のユニークな競技方式を採用した本レースは、開催第1回ながらUCIワールドツアーチームが集結するハイレベルな争いとなりました。 レースは初日のハンマークライム、2日目のハンマースプリント、最終日のハンマーチェイスと3つのステージから構成されます。初日のハンマークライムではジロ2017を制したばかりのトム・デュムラン(オランダ)と、若手アシストのレナード・カムナ(ドイツ)が逃げ集団で奮闘を見せます。 2人は周回ごとに割り振られたポイントを着実に加算し、チームを総合2位に押し上げました。 デュムランはレースを振り返ります。 「逃げに乗る直前、カムナが側にいてくれたんだ。彼はプロ1年目だけどとても強くて、ポイント獲得に力を尽くしてくれた。最終周回では牽制が続いて逃げ切りは叶わなかったけれど、ゴール前スプリントで少しでも前へ出られたからハッピーだよ。とてもタフなレースで、終始全力を出し続けた」 2日目のハンマースプリントはその名の通りスプリント合戦が繰り広げられ、マックス・ワルシェイド(ドイツ)、ラモン・シンケルダム(オランダ)、ジコ・ウェイテンツ(ベルギー)が前線で活躍。 ポイント加算に成功し、チーム総合2位を維持して最終日へと繋ぎました。 最終日のハンマーチェイスは5名のチームTTで争われ、チーム総合ランキングの上位から順にスタートする独自の方式が採用されました。 チーム・サンウェブは全員がTRINITY ADVANCED PRO TTに乗り、首位チーム・スカイから約30秒差でスタート。44kmのコースを全力で追い上げ、やがてスカイを捉え一時先頭へと躍り出たものの、ゴール手間で逆転を許し総合2位でフィニッシュしました。 コーチのディルク・ルーリングはチームの働きを讃えます。 「スカイとの30秒差を挽回する素晴らしいチームTTだった。テクニカルセクションでは我々がより速く、残り6kmでスカイを捉えることに成功。スプリントに持ち込ませずにそのまま差をつけたかったけれど、最終コーナー直前で追いつかれてしまった。最後は2チームが入り乱れるスプリント合戦で、それ以上前に上ることは出来なかった。総合2位に終わったけれど、最速のチームだったことを誇りに思うよ」

INFORMATION

2017.06.05

2018モデル「CONTEND」「ESCAPE RX」シリーズを先行販売

GIANT 2018モデル「CONTEND 1」「CONTEND 2」「ESCAPE RX 1」「ESCAPE RX 2」「ESCAPE RX 3」を6月下旬より先行販売いたします。 なお、5月下旬より先行販売開始した「ESCAPE R3」「GRAVIER」と合わせて、先行販売は計7車種となります。 <CONTEND> アップライトな乗車姿勢と快適性かつ加速性を追求した新定番オールラウンドアルミロード「コンテンド」。 高性能な軽量ALUXXアルミフレームに、ロングライドからヒルクライムまで幅広く対応するワイドなギア設定。ビギナーの上達をサポートする素直なハンドリングもGIANTならでは。 CONTEND 1 標準価格: ¥95,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M), 535 (ML) mm重量  : 9.4kg (465mm)カラー : グリーン、ブラック>>詳しくはこちら   CONTEND 2 標準価格: ¥80,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M), 535 (ML) mm重量  : 9.9kg (465mm)カラー : ブルー、ブラック、ホワイト>>詳しくはこちら   <ESCAPE RX> フィットネスライドを身近にする「エスケープRX」シリーズ。ロードバイク譲りのALUXX-SLアルミを用いた軽量アルミフレームに、D-FUSEシートピラーとベンドシートステイによって快適性も向上。さらにフレーム内装式ケーブルやスムースウェルディングで、クラスを超えた質感を獲得。2018年モデルからは新たにCONTACT COMFORTサドルを採用。 ESCAPE RX 1 標準価格: ¥100,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M), 555 (L) mm重量  : 9.9kg (465mm)カラー : マットブルー>>詳しくはこちら   ESCAPE RX 2 標準価格: ¥76,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M), 555 (L) mm重量  : 10.3kg (465mm)カラー : マットオレンジ、マットブラック>>詳しくはこちら   ESCAPE RX 3 標準価格: ¥65,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M), 555 (L) mm重量  : 10.4kg (465mm)カラー : グリーン、ブラック、ブルー、ホワイト>>詳しくはこちら >>2018モデル先行販売第1弾(ESCAPE R3 / GRAVIER)はコチラ

RACE

2017.06.01

ピットパス:トム・デュムランのTRINITY ADVANCED PRO TT

トム・デュムランは2017年、第100回ジロ・デ・イタリアで見事総合優勝を果たし、ロードレースの歴史にその名を刻みました。 デュムランはチーム・サンウェブに発足以来初のグランツール制覇をもたらすと同時に、ジロ史上初のオランダ人チャンピオンとなりました。さらに、オランダ出身のグランツールチャンピオンタイトルは1980年にヨープ・ズートメルクがツール・ド・フランス優勝を達成して以来、37年ぶりの快挙となりました。 ジロ2017は最終ステージの個人TTまで、総合ランキング上位のナイロ・キンタナ、ビンチェンツォ・ニバリ、ティボー・ピノ、そしてデュムラン4名がタイム差1分以内におさまる接戦となりました。 この4名の総合争いは、史上まれに見る僅差の攻防として人々の記憶に残ることでしょう。 デュムランの勝利は、自身のタイムトライアルへの適正、そしてクライミング能力を磨き続けた2年間の努力の賜物でした。特に山岳ステージでの粘り強い走りはライバル達を驚嘆させ、多くの逆境をも克服しました。また、信頼を寄せるチームメイト達の献身的なアシストにより、マリアローザを守り続ける事ができたのです。 ジロ2017におけるデュムランの勝因の1つに、個人タイムトライアルの比重が大きかったことが挙げられます。 これまでデュムランはTRINITY ADVANCED PRO TTバイクに乗り、オランダナショナルチャンピオン、オリンピック銀メダル、また数々のステージレースで勝利を積み重ねてきました。さらに、チーム・サンウェブとGIANTはテクニカルパートナーとしてデュムランと密接な関係を築き、風洞実験や実走からのフィードバックを元にバイクやギアの開発を続けました。デュムランはGIANTのエアロヘルメット設計にも多くのアドバイスを残しています。 ジロ2017のターニングポイントとなった第10ステージ個人TTで、デュムランは無類の強さを発揮しました。レースはフィニッシュにかけて緩やかな登りが控える全長39.8kmで争われ、デュムランはラスト4kmを平均411ワット、30秒間ピークを552ワットという驚異的なパワーで踏み抜き、圧倒的な力を見せつけステージ優勝。さらに、この1日で総合上のライバルであったナイロ・キンタナに対して2分23秒ものアドバンテージを稼ぎ出し、マリア・ローザを獲得しています。 ミラノへ向かう第21ステージ個人TTでもデュムランは本領を発揮し、グランツール最終日にドラマティックな逆転劇を演出しました。この時点でデュムランは総合4位につけ、モンツァ・サーキットを駆け抜ける29.3kmの間に首位キンタナから53秒を挽回する必要がありました。 TRINITYに乗るデュムランは空気を切り裂くかのように走り続け、着実にタイム差を縮めていきます。中間計測ポイントでこれまでの遅れをほぼ取り戻すと、チーム監督からの指示で後半はリスクを抑えた走りに切り替えピアッツァ・ドゥオモへと到達。最終的にキンタナを31秒上回る快走で、ジロ総合チャンピオンの座を射止めました。 デュムランを勝利へと導いたTRINITYには数多の最先端テクノロジーが導入され、そのコアとなるフレーム形状には最高品質のカーボン素材が織り成すAeroSystem Shapingテクノロジーが採用されています。幾多のCFD解析と動体マネキンを用いた風洞実験の末に誕生したフレームは、実世界での走行において優れたエアロダイナミクスを発揮。加えて、専用設計のAeroDrive TTフォーク、AeroVaultハイドレーションシステムの組み合わせは空気抵抗をさらに低減します。 デュムランのバイクはサポートを受けるSHIMANO DURA ACE Di2ドライブトレイン、 SHIMANO PROホイール、GIANT NEOS TRACKコンピューター、PIONEERパワーメーターを搭載しています。

1 2 3 4 5 6 7