• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS ギア タグ 記事一覧

カテゴリー

1 3 4 5 6 7 8

GEAR

2016.04.22

次世代サイコン「NEOS SYNC」デリバリーを開始

スマートフォンを通じて、FacebookやSTRAVAなどのトレーニングウェブサイトにライド情報を 共有できる次世代サイクルコンピューター「NEOS SYNC」のデリバリーを開始いたしました。 また、昨年6月にiOS版をリリースいたしましたスマートフォン用アプリ「RideSync」の Android版もご提供を開始いたしました。 「RideSync APP」はスマートフォンのGPSを利用して速度、距離、時間、海抜、走行ルート などを記録・蓄積できるアプリ。ライド後はスマートフォンから即STRAVAなどの外部サイトにライドを 共有することができます。さらに、各種Bluetooth® SMART対応センサーを接続することで、 ケイデンスや心拍数をも計測することが可能になります。 つまりGPS搭載のサイクルコンピューターがなくても、走行ルートと速度、ケイデンス、心拍数を 計測記録することができる便利なアプリです。 しかしながら、スマートフォンをハンドルにマウントし、画面をつけっぱなしでサイクリングすると すぐにバッテリーがなくなってしまったり、スマートフォンを落下させてしまうリスクがあります。 「NEOS SYNC」(税抜価格¥13,000)は、この「RideSync APP」のモニターとして活躍します。 2.0インチディスプレイは大型で見やすく、最大5項目を同時表示可能。 光センサー搭載で、暗いトンネルに入った時などには自動でバックライトが点灯します。 走行データは「RideSync APP」で計測しながらも、スマートフォンは画面を閉じて ポケットやバッグの中にしまっておくことで、バッテリーの消費を抑えることができます。 しかも「NEOS SYNC」は一般に普及しているANT+センサーにも対応していますので、 「RideSync APP」を使わずとも、通常のANT+対応サイクルコンピューターとしても稼働します。 こちらも機能充実で、ライド後にBluetooth接続で「RideSync APP」に走行データを転送可能です。 (この場合「走行ルート」のデータは記録されません。) なお「NEOS SYNC」製品にセンサーおよびマグネットは付属しておりません。 スマートフォンをお持ちでない場合や、ケイデンスや心拍数を計測したい場合は、上記の通り ANT+やBluetooth® SMARTに対応する汎用センサーユニットが必要です。 GIANTではANT+とBluetooth® SMART両方に対応する各種センサーをラインナップしています。 ANT+&BLE 2 IN 1 SPEED AND CANDENCE SENSOR ¥4,500(税抜) ANT+&BLE 2 IN 1 HEART RATE BELT ¥5,500(税抜)   NEW RIDESENSE (ANT+/ BLE) ¥5,000(税抜) 次世代サイクルコンピューターと高機能アプリをぜひお試しください!

GEAR

2016.04.01

REV / RIVET TEAM ISSUE「赤」を限定発売。

TEAM GIANT-ALPECINが今シーズン着用している、マットレッドカラーの 「REV TEAM ISSUE」「RIVET TEAM ISSUE」(※いずれもアジアンフィット)を 数量限定で4月5日より発売開始いたします。 1月下旬の不運な交通事故でハンデを背負わされたTEAM GIANT-ALPECINですが、 負傷した選手たちも徐々に復帰。昨年のブエルタで大活躍したトム・デュムランも 好調を維持しており、今シーズンもグランツールでの活躍が期待されます。 そんなチームメンバーが今シーズン着用しているマットレッドカラーのヘルメットを アジア人の頭型に合わせて再設計した「アジアンフィットバージョン」で発売。 数量限定となりますので、ぜひお早めにチェックください! REV TEAM ISSUE MATTE RED ¥16,000 (税抜価格)※アジアンフィット >>詳細はこちらから RIVET TEAM ISSUE MATTE RED ¥17,000 (税抜価格)※アジアンフィット >>詳細はこちらから

no-images

GEAR

2016.01.21

GEARスペシャルコンテンツを公開いたしました

2016モデルのプレミアムギア製品をご紹介するスペシャルコンテンツを公開いたしました。 「ホイールシステム」「サドル&フィッティングシステム」「ヘルメット」「フットウェア」の 4ジャンルにつきまして、詳しくご紹介しております。 ぜひご覧ください!

no-images

GEAR

2015.12.24

ハイエンドシューズのコンテンツを公開いたしました

2016新型モデルのフットウェア「SURGE」「CHARGE」「CONDUIT」をご紹介する スペシャルコンテンツを公開いたしました。 GIANTのギア製品開発哲学「ダイナミック・サイクリング・フィット」 (=ライダーが実際に動いているときに最も機能を発揮するサイクリングギア設計) を体現したパフォーマンスフットウェアのラインナップです。 是非ご覧ください。

no-images

GEAR

2015.12.22

ハイエンドヘルメットのコンテンツを公開いたしました

チーム ジャイアント-アルペシンがUCIワールドツアーで実戦使用するハイエンドヘルメット 「REV」「RIVET」のスペシャルコンテンツを公開いたしました。 2016モデルからは、日本人の頭の形に合う“アジアンフィット”が登場。 トム・デュムランやヨーン・デーゲンコルプの愛用するカラー「TEAM ISSUE」以外にも、 各モデルにカラーバリエーションを設定、女性専用のLivモデルもご用意しております。 ぜひコンテンツをご覧ください。

no-images

BIKE

2015.09.11

GIANTとLIVの製品情報を2016年モデルに更新いたしました。

いつもGIANTおよびLivのWEBサイトをご覧いただき、ありがとうございます。 9月11日付でGIANTおよびLivの日本版ホームページを2016モデルに更新いたしました。 >> 2016 BIKE TOP へ 今期は、「TCR(カーボンフレーム)」と「ESCAPE RX」シリーズ、 オンロードカテゴリの主軸となる2車種が同時にフルモデルチェンジ。 また、ダウンヒルバイク「GLORY」に待望のカーボンモデルが登場。 女性ブランドLivも車種・グレードともにラインナップを強化しており、 さらに多くの女性サイクリストをライドライフへ誘います。   フルカーボンフレームの「TCR」が、4年ぶりのフルモデルチェンジ。 「TOTAL RACE BIKE」というコンセプトで重量剛性比を追求して完全新設計。 「TCR ADVANCED SL」を筆頭に「TCR ADVANCED PRO」「TCR ADVANCED」の 3グレード展開で、完成車7車種、フレーム2車種をラインナップ。 ロードレースやヒルクライムで自身の可能性を最大に引き出したいライダーにお勧めします。 <TCR ADVANCED SL 0>   「より軽く」「より快適に」をキーワードに「ESCAPE RX」シリーズがフルモデルチェンジ。 ロードバイクに迫るスポーツ性能はそのまま、D-FUSEシートピラーやベントシートステイなどで 快適性を大幅に向上。内装ケーブルルーティングなど、クラスを越えた質感も魅力です。 <ESCAPE RX 3>   ファクトリーオフロードチームと2年以上の共同開発期間を投じて生み出した、 全世界待望の、前フレームカーボン仕様「GLORY ADVANCED」。 フロント剛性、強度、振動吸収性を高めつつ、GIANT DHバイク史上最軽量を実現しています。 <GLORY ADVANCED 27.5 0>   ビギナーの街乗りから街乗りまで女性のサイクリングをトータルにサポートする女性専用ブランド「Liv」。 今期はベストセラークロスバイク「ESCAPE R3」の女性専用設計モデル「ESCAPE R3 W」を始め、 魅力的な新製品がラインナップに追加され、さらに魅力を増しています。 <Liv ESCAPE R3 W>   またGEAR(パーツ&アクセサリ)は、「ダイナミック・サイクリング・フィット」という 設計哲学のもと、サドル、ホイールシステム、ヘルメット、シューズ、アパレルの上級モデルを追加。 さらに洗練されたラインナップにリニューアルいたしました。 >> 2016 GEAR TOP へ 今期もGIANTおよびLivは日本のRIDE LIFEをプロデュースしてまいります。どうぞご期待ください。

no-images

BIKE

2015.06.30

新型TCRおよびホイールシステム、サドルを発表!

GIANTはロードレーシングバイクであるTCRカーボンシリーズをフルモデルチェンジいたします。 新型TCRは、TCR ADVANCED SL、TCR ADVANCED PRO、TCR ADVANCEDの3シリーズ構成となります。 新型TCRに加え、最先端技術を使用した新型ホイールシステムや、 完璧なフィット感とバイクとの一体感を実現する新型サドルもラインナップいたします。 世界最高バランスのパフォーマンスロードバイクとして、2016モデルのTCRカーボンシリーズは、 新しいフレームテクノロジーと高度な製造技術によって、オールラウンドロードレーシングバイクに 求められる全ての利点を提供します。 TCRは長い間様々な世代のプロロードレーサーに供給され、比類のないオールラウンドな性能を発揮してきました。 新型TCRは、チーム ジャイアント-アルペシンのオールラウンダー達と共に、テストと開発に1年以上費やしました。 GIANTのグローバル オンロード デザイン リーダーであるエリック・クレムは、新型TCRについて 以下のようにコメントしています。 「プロジェクトのスタート時点から、我々はキーポイントを数点に絞りました。 伝統的なTCRのハンドリング特性はそのままに、全体的な乗り心地を向上して、 かつ世界最高の重量剛性比を実現したかったのです。 最終的にこの高い目標を達成できたのは、我々の優れた開発力と製造能力があったからです。」   <2016 TCRカーボンシリーズ> 最上位シリーズの「TCR ADVANCED SL」は、ADVANCED SLグレードカーボン素材を使用して手作業で 製造され、クラス最高性能の重量剛性比を提供します。剛性を犠牲にすることなく、軽量化を実現するために、 すべてのチューブ形状、接合部、さらにはカーボンレイアップ技術を見直し再設計しました。 新型フレームは、レースのために必要な剛性や効率性を犠牲にすることなく、トップチューブ、シートチューブ、 ISP、シートステイの形状変更を行うことで、前期モデル比で12%(181g)の軽量化を実現しました。 また、新形状一体型シートポストデザイン「VARIANT ISP」は、レースのために必要な剛性はそのままに 快適性を向上し、ライダーの負担を軽減します。 1997年にGIANTが最初に導入し、それまでの常識を覆してパフォーマンスロードバイクの 歴史を変えた「コンパクトロードデザイン」は、新型TCRでも採用され、 プロレーサーの要望に対応するクイックなハンドリングを実現します。 また、新型ADVANCED SLグレードフォークは30gの軽量化を実現しつつ、 OverDrive2コラムとMegaDriveダウンチューブによって剛性を高めています。   「TCR ADVANCED PRO」シリーズは、ADVANCEDグレードカーボン素材を使用して 手作業で製造されるフレームにTCR ADVACNED SL同様、MegaDrive、PowerCore、 新型内装ケーブルルーティングなどの技術を採用し、OverDrive2フルカーボンフォークと、 剛性と快適性を高次元でバランスする新型形状のVARIANTシートピラーを採用しています。   「TCR ADVACNED」シリーズは、TCR ADVACNED PROと同じフレームに、 OverDrive規格のカーボン・アルミコラムフォークを採用しています。   <GIANT 新型ホイールシステム> 新型TCRに加えて、GIANTは効率性、コントロール性、耐久性を高めたハイエンドホイールシステムの 新製品を発表します。新しいホイールシステムはTCR同様、究極の重量剛性比を目標に開発してきました。 GIANTは今回TCRの開発にあたり、フレームとホイールを組み合わせた状態でのペダリング重量剛性比が 実際の走行状況において重要であると考え、新しいテスト基準とテスト機器を開発しました。 TCR ADVANCED SLとSLR0ホイールシステムの組み合わせは、 競合他社の市販品最高グレードの組み合わせと比較して、最高の重量剛性比を実現しています。 新しいホイールシステムの特徴は、ホイールの剛性と強度を最適化するために 革新的なスポークテンションを採用した技術「ダイナミック・バランス・レーシング(DBL)」です。 DBLホイールは、リアホイールカセット側のスポークテンションをプル側よりもプッシュ側を高め、 またスポーク長も異なる設定をすることで、ペダリング時にスポークテンションのバランスがとれ、 剛性を高めることができるシステムです。 DBLテクノロジーは、クラス最高の重量剛性比を実現する「SLR0」を含む、 新しいGIANTホイールシステムで採用しています。新しいホイールシステムはDBL以外にも、 横剛性を高める「OPTIMIZED ANCHOR POINT」テクノロジーや、高度なカーボン生成技術により 優れた強度や制動面の耐久性を高めています。   <GIANT 新型サドル> GIANTはさらに、パフォーマンスサドルラインナップも発表します。 “GIANTダイナミックサイクリングフィット”に基づきデザインされた新型サドル 「CONTACT SLR」 と「CONTACT SL」は、完璧なフィットを実現するために 3つの異なる形状「FORWARD」「NEUTRAL」「UPRIGHT」を採用し、 ライダーの骨盤の状態に合わせた選択が可能です。 新型サドルは、特殊な微粒子が圧力集中を20%以上削減する 「PARTICLE FLOW TECHNOLOGY」を採用。 また、圧力を逃がすチャネルデザイン「PRESSURE RELIEF CHANNEL」や、 耐久性に優れる「MICROFIVER COMFORT WRAP」などを採用しています。   なお、新型TCR、ホイールシステム、およびサドルの価格を含む日本国内取り扱い詳細情報は 9月に公開予定です。

no-images

GEAR

2015.06.25

次世代サイコン「CONTINUUM SYNC」デリバリーを開始

スマートフォンを通じて、FacebookやSTRAVAなどのトレーニングウェブサイトにライド情報を 共有できる次世代サイクルコンピューター「CONTINUUM SYNC」のデリバリーを開始いたしました。 また、これに合わせ、スマートフォンアプリ「RideSync APP(iOS)」も公開いたしました。 (Android版は今夏に公開予定です) 「RideSync APP(iOS)」はスマートフォンのGPSを利用して速度、距離、時間、海抜、走行ルート などを記録・蓄積できるアプリ。ライド後はスマートフォンから即STRAVAなどの外部サイトにライドを 共有することができます。さらに、各種Bluetooth® SMART対応センサーを接続することで、 ケイデンスや心拍数をも計測することが可能になります。 つまりGPS搭載のサイクルコンピューターがなくても、走行ルートと速度、ケイデンス、心拍数を 計測記録することができるのです。 しかしながら、スマートフォンをハンドルにマウントし、画面をつけっぱなしでサイクリングすると すぐにバッテリーがなくなってしまったり、スマートフォンを落下させてしまうリスクがあります。 そこで登場するのが「CONTINUUM SYNC」です。 「CONTINUUM SYNC」は、この「RideSync APP」のモニターとなってくれるのです。 大型で見やすいディスプレイかつ、シンプルなデザインで、どんなバイクにも似合います。 走行データは「RideSync APP」で計測しながらも、スマートフォンは画面を閉じて ポケットやバッグの中にしまっておくことで、バッテリーの消費を抑えることができます。 しかも「CONTINUUM SYNC」は一般に普及しているANT+センサーにも対応していますので、 「RideSync APP」を使わずとも、通常のANT+対応サイクルコンピューターとしても稼働します。 (速度、ケイデンス、心拍数の計測が可能) GPS機能をお手頃な価格で手に入れられる、次世代サイクルコンピューター&アプリ。 ぜひ、お手にとってみてください!

no-images

GEAR

2015.04.14

ヘルメット「REV TEAM」コンテンツを公開いたしました

チーム ジャイアント-アルペシンがUCIワールドツアーで実戦使用している 新型ヘルメット「REV TEAM」のスペシャルコンテンツを公開いたしました。 是非ご覧ください。

no-images

GEAR

2015.02.19

春の新製品「GIANT-ALPECIN COLLECTION」

2015年UCIプロツアー開幕戦「ツアー・ダウンアンダー」のプロローグである 「ピープルズ・チョイス・クラシック」にて、マルセル・キッテルが2014年に続き2連覇を達成し、 幸先の良いスタートを切った「TEAM GIANT-ALPECIN(チーム ジャイアント-アルペシン)」。 ジャイアントは2015春の新製品として「GIANT-ALPECIN COLLECTION」を発売。 「TEAM GIANT-ALPECIN」所属選手が着用するジャージのレプリカモデルや、 選手がレースで使用しているものと全く同じ、ハイエンドなロードヘルメット、 チームロゴ入りのグローブやボトル、帽子など、様々なアイテムをラインナップし、 3月より順次デリバリーを開始いたします。 <主な製品> (左)GIANT-ALPECIN STANDARD JERSEY   ¥12,000 (右)GIANT-ALPECIN STANDARD BIB SHORT  ¥15,000 ジャージ・ビブショーツともにETXEONDO(エチェオンド)製のレプリカモデル。 タイトでレーシーな“パフォーマンスフィット”のアパレルです。 (左)REV TEAM  ¥16,000 (右)RIVET TEAM  ¥17,000 どちらもチームが実際に使用しているハイエンドロードヘルメットです。 全ラインナップは下記バナーからご覧ください。

1 3 4 5 6 7 8