• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS イベント タグ 記事一覧

カテゴリー

1 4 5 6 7 8 9 10 11

EVENT

2015.5.7

5/15-17はRIDE LIKE KINGにご参加を!

「Ride Like King」とは、GIANTの創業者であり現会長であるキング・リュー(劉金標※以下、キング) の絶えることのないサイクリングへの情熱に賛同し、自らもサイクリングを楽しむ1日にしよう! という主旨で、世界中のGIANTスタッフ、Livスタッフ、ジャイアントストアスタッフ、契約ディーラー、 サポートライダーなどによって2009年に始められた毎年恒例のイベントです。 今は関係者のみならず、家族や友人、ストアや契約ディーラーのお客様、熱心なサイクリスト、 まだ自転車をお持ちでないビギナーまで、「スポーツサイクルで人生を楽しもう!」というキングの理念 に共感いただく全世界の人々に参加いただくようになりました。 今年の「Ride Like King」は、5/15(金)〜17(日)。3日間開催いたします。 参加方法はいたってシンプル。イベント開催期間中に屋外でサイクリングを楽しんでいただくだけです。 そして「Ride Like King」のfacebookページに、#ridelikekingタグとともに画像や サイクリングのレポートをアップいただき、全世界の人々とイベントを共有いたしましょう!   キングはGIANTグローバルグループの会長として、ブランドの成長というビジネスに人生の多くを費やして きましたが、2007年、73歳の時に、15日間で927kmを走る台湾一周サイクリングに挑戦。それを契機に、 サイクリングライフへ自身を捧げることに転じ、以降は、台湾のみならず中国や日本、ヨーロッパなど、 世界中でチャレンジングなサイクリングを行い、あるいはフェスティバルやイベントに参加して、 サイクリングの素晴らしさ、そして、先進的なサイクリングインフラこそ健康を促進し、公害を減少させ、 QOL(生活の質)を向上できる手段である、ということをアピールし続けています。 ※2012年に日本のしまなみ海道をサイクリングしたレポートもご覧ください。 また、80歳となった昨年には、2回目の台湾一周に挑戦。12日間、966kmのコースは、暑さ、雨、厳しい登り などの苦難もありましたが、強い精神力で乗り越え、2007年の台湾一周を超えるスピードで駆け抜けました。 ツアー終了後、キングはこう言いました。「7年前に一度完走していたので走行ペースは問題ありませんでした。 自分が歳を取ったという感覚はありませんし、私は自転車に乗ることで健康になったので皆さんにも自転車に 乗る習慣をオススメしたいです。」 それでは、5/15(金)〜17(日)。 世界中の道路や小径、トレイルでお会いいたしましょう!

EVENT

2015.5.1

佐渡ロングライド210に出展いたします

GIANTおよびLivは「2015スポニチ佐渡ロングライド210」に出展し、 ロングライド完走を目指すビギナーサイクリストをサポートいたします。 是非GIANT/Livブースへお立ち寄りください。 ■大会前日=5/16(土)10:00〜16:30 ・参加者のバイクを対象に機材点検・メカニック作業を実施。 ※当日、GIANTブースにバイクをお持ち込みいただき、 メンテナンス申込書に記入された順番に承ります。 混雑状況によって、長時間お待ちいただいたくこともございますので、 お早めのご来場をおすすめいたします。 ※Livブースでは女性を優先してメンテナンスサポートさせていただきます。 ※イベント現場でのメカニック作業は携行するパーツや工具等に限界があり、 不具合をリカバリーできないことも多々ございます。 あくまでも応急措置とご理解いただき、販売店等での事前整備をお願いします。 ・2015ロードバイクを展示。(車種は当日変更となる可能性がございます) PROPEL ADVANCED SL 2 465(XS) DEFY ADVANCED PRO 1 445(S) ENVIE ADVANCED 1 465(XS) AVAIL ADVANCED 1 375(XXS) AVAIL ADVANCED 2 410(XS) ■大会当日=5/17(日):130kmコースのサポートカーを運行。 130kmコースの最後尾付近を走行して参加者のトラブルに対応いたします。

EVENT

2015.02.03

<2/7-8>シクロクロス東京に出展いたします

GIANTは、今週末2月7日(土)-8日(日)東京都のお台場海浜公園で開催される 「シクロクロス東京」に出展いたします。 ブースでは、先週末の世界選手権エリートクラスで3位となったラース・ファンデルハールも 使用する注目のカーボンディスククロス「TCX ADVANCED PRO」試乗車や 軽量アルミモデルの「TCX SLR」シリーズの試乗車をご用意。 また、今期ディスクブレーキを採用してフルモデルチェンジした エンデュランスロードの「DEFY ADVANCED PRO」、 女性ブランドLivの「AVAIL ADVANCED」を展示いたします。 モデル名 サイズ (mm) 試乗/展示 TCX ADVANCED PRO 1 525(M) 試乗車 TCX ADVANCED PRO 2 500(S) 試乗車 TCX SLR 2 525(M) 試乗車 DEFY ADVANCED PRO 0 445(S) 展示車 AVAIL ADVANCED 1 395(XXS) 展示車   また2/8(日)に行われる、参加資格の限定された約25名の日本人+海外招待選手のみが参加する 「エリート男子」クラスには、3名のジャイアントライダーが参戦いたします。 ブースでは、全日本シクロクロス選手権2位になった門田基志選手のバイクを見ることができます。 また両日ともに門田選手のポストカードを配布いたします。 <「エリート男子」クラス 出場選手> 門田 基志 (TEAM GIANT) 合田 正之(Cycle club 3UP) 斎藤 朋寛(RIDE LIFE. GIANT.)   週末はぜひご来場いただき、最新製品のチェックとGIANTライダーの応援を よろしくお願いいたします!

EVENT

2014.11.17

「TOUR de TOHOKU 2014」レポート

9月14日(日)に開催された「ツール・ド・東北 2014」。 初開催の昨年に引き続き本年も私たちジャイアントはテクニカルサプライヤーとして大会サポートを行いました。   昨年の第1回大会は11月3日、東北としてはそろそろ寒さが気になり始める時期に開催されましたが、 幸運にも好天に恵まれ、前日も大会当日もそれほど厳しい寒さを感じることはありませんでした。 しかしながら、「まずは10年間続ける」という大会主旨に照らせばややリスクのある時期ですので、 第2回目となる今年から、東北サイクリングのベストシーズンが始まる9月中旬に日程変更されました。 大会メイン会場となる石巻専修大学(宮城県石巻市)が夏休み中というのも条件に適ったようです。 ちなみに今年の11/1〜3は全国的に荒れ模様で、石巻の最低気温は7.7度。最高18.0度まで上がるも、 大型低気圧の影響で風雨が強く、11/3(祝)は瞬間最大風速20m超の強風が吹き荒れていましたので、 もし今年も同じ週末だったら、いきなり大会中止の憂き目に遭っていたかもしれません... 大会事務局は本当に良い判断をされたと改めて感じました。 今年は、昨年大会の「160km」「100km」「60km」の3コース合計1300人という規模から大幅に拡大され、 「気仙沼フォンド220km」「南三陸フォンド170km」「北上フォンド100km」「女川・雄勝フォンド60km」 の4コースで定員3000名となりましたが、それでも多くの方が抽選にもれて参加できなかったようでした。 しかし、7,560円〜16,200円という参加費や首都圏からの距離を考えれば、素晴らしい人気だと思います。 参加料54,000円の「ツール・ド・東北 チャリティーライダー」にも多数のエントリーがあったそうですし、 復興支援チャリティーという主旨が多くのサイクリストに支持されているのは本当に嬉しい限りです。 また今回は気仙沼までコースが延伸したことで、復興支援チャリティーとしての意義が一段と高まった上、 ロングライドイベントとしても一気に国内最高レベルに達しました。初開催からの2回目でここまで改善し、 発展したサイクリングイベントは他にないと思いますので、主催者の本気度には頭が下がります。 (C)河北新報社 (C)Yahoo Japan Corporation.   ・9月13日(土):大会前日受付日 土曜日は周囲に雲は多いものの、暑からず寒からず、まずまずの天気になりました。 今年は大会規模の倍増に応じるため、メカニックサポートを担うオフィシャルテクニカルサプライヤーとして シマノにも参画いただけたので、前日はIRC(井上ゴム工業)、シマノ、ジャイアントがメカニックサービス、 ダイシャリン(青葉自転車販売)がグッズ販売と、4社体制で参加者のサポートをさせていただきました。 この週末も3連休だったため、昨年同様、事故や渋滞で参加者の到着が遅れ、15時頃から受付終了の18時まで に作業が集中しましたが、それでも作業待ち時間は昨年大会の半分以下程度でしたので良かったと思います。 ただ、看板などの誘導不足のせいか4社体制が参加者に視覚的に伝わらず、テントに「TECHNICAL SUPPORT」 と明記しているシマノに参加者が集中して長時間お待たせしてしまったことは反省し、来年改善します。   メカニックサービスは4社体制。左からIRC- ダイシャリン-ジャイアント-シマノ。   また、これは別のイベントでも同様なのですが、事前にまったくメンテナンスをされていないバイクが一部に 見受けられます。原則的にイベント会場のメカニックサービスは、移動や試走などで発生してしまった不具合 に対応するものであり、日常的な整備不良を甘受するものではないのです。もちろん皆さん悪気は無いですし、 多忙等の理由もあると思いますが、自らの命を乗せて走るものであり、整備不良の1台に作業時間が掛かれば 安全点検だけ(これが本来です)でメカニックに立ち寄った他の参加者の時間を削ることにもなりますので、 ぜひ今後はイベント前の点検整備をお願いします。特に、ツール・ド・東北は復興支援チャリティーであり、 整備不良によるトラブルで地元の運営ボランティアさんを煩わすのは主旨に沿わないと思いますので。   完全リニューアルした2015モデル「DEFY」。 発表直後の車体を国内で最初に一般公開。   さて、今年は大会メイン会場全体のレイアウトも大きく変更され、飲食等の出展ブース、スタート・ゴール、 大会受付、メカニックサービスとの一体感が改善されましたので、我々も作業が混む前には飲食ブースなどを 回って楽しみました。特に地元の食は見逃せませんので、スタッフ全員で多いに楽しみました。   手入れの行き届いた芝生広場を出展ブースが 丸く取り囲む一体感のある会場レイアウト。   B級ご当地グルメの「石巻焼きそば」。二度蒸し の茶色い焼きそば麺と後がけソースが特徴。 石巻茶色い焼きそばアカデミー公式サイト     「気仙沼ホルモン」は味噌ニンニクダレの豚ホル モンを千切りキャベツと供するソウルフード。 気仙沼ホルモン同好会の公式サイト   夕方には、昨年も参加の佐藤真海さんと中西哲生さんが翌日のバイク合わせでブースにいらっしゃいました。 お二人とも「ツール・ド・東北 フレンズ/東北応援大使」として女川・雄勝フォンド60kmを走られる上に、 佐藤さんの故郷である気仙沼のエイド訪問やメイン会場のステージイベントなど、当日は超過密スケジュール。 せめてライディング中の疲労を軽減できるようにと、それぞれに最新型の「DEFY ADVANCED PRO 1」と その女性版「AVAIL ADVANCED 2」をご用意させていただきました。さすがアスリート。良くお似合いですね。   ・9月14日(日):大会当日 昨年より1ヶ月半早まって日が長くなったこと、新設された「気仙沼フォンド220km」の走行時間の必要性から、 今年は昨年より1時間早い5:30が走行スタート。4社とも4:00にブースをスタンバイ完了して備えました。 4時台はそれほど希望者が増えずジャイアントブースでメカニック対応したのは2台でした。前述の理由に加え、 日の出前の暗い時間帯は明るい作業灯が点いていたシマノテントを、参加者の多くが目指したからです。 日の出は5:17でしたが、濃霧のため陽が回らず、5:30頃までは薄暗い状況でした。5時台は9台にメカニック対応 しましたが、リアディレーラートラブルによる交換作業などの重整備もあった上、各フォンドの最後尾ごとに 1台ずつメカニックサポートカーを随行させる流れになっていたため、「南三陸フォンド」に着いていく2台目の サポートカーが出た6:15以降からはメモを取る余裕も無く、いつ、何台対応したかの記録は残せませんでしたが、 「北上フォンド100km」のスタート後もそのフォンドの参加者のバイクに対応していましたので、かなり押され気味 だったことだけは間違いありません。来年はぜひもう少し余裕をもってブースにお越しください〜 AM5:25 シマノブースもスタッフがフル稼働。この 時間帯は奧のジャイアント共に参加者が並ぶ。   AM5:29 気仙沼スタート1分前。同フォンド参加の バイクに対応する弊社社員も同フォンド参加。 AM5:45 メカ対応を切り上げ「気仙沼220km」の スタートに15分遅れで向かう弊社社長と社員。   AM8:14 筆者は最終走者スタートまでメカ対応後、 60kmの最後尾からサポートカーで追走。   AM9:30 重篤なメカトラに対応して再スタートした 参加者だが残念ながら結局リタイヤとなった。   AM5:22 出走前にタイヤのエアを入れる 「南三陸フォンド170km」への参加者。   昨年大会では、ボランティアスタッフがAS(エイドステーション)でフードを提供されないことがありましたが、 今年の準備段階早期から働きかけた結果、改善を超えて「ツール・ド・東北に関わったすべての方が参加者である」 という概念に昇華し、より一体感のある運営に行き着きました。これは特筆すべき成功だと感じます。なぜなら、 永く継続していくには、経験のあるライダーや車両スタッフ等のボランティアによるサポートが不可欠だからです。 スポーツであり、旅でもある。そんなサイクリングだからこそ実現できる、ほど良い距離感。 世界中どこでも、いつでも、誰にでも、「ノーサイド」と思えるところが自転車の最大の長所。 「応援してたら、応援されてた。」という今大会のキャッチコピーも、 サイクリングならではのふれあいのかたちをとても良く表現していると感じます。   AM9:52 女川ASでサンマのつみれ汁。昨年は大混雑 で断念したので1年越しの悲願達成。美味い!   PM13:27 後半でのトラブル対応中。北上川右岸を ゴールに向かう「南三陸170km」とすれ違う。   来年も、さらに楽しく、さらに長く、さらに安全に、ぜひともバージョンアップして欲しいと思います。 それによって、さらに多くのサイクリストが参加され、共にサイクリングの素晴らしさを味わい、 美しい景色と美味しい食を楽しみ、地元の皆様とふれ合い、まだ癒えぬ震災の爪痕を記憶に刻むことで、 復興チャリティーの火を永く灯し続けていただければと願っています。 私たちジャイアントジャパンも、今後毎年、この地で皆様とご一緒することをお約束いたします。   また来年。必ずお目にかかりましょう。   「ツール・ド・東北 2014」公式サイト 「ツール・ド・東北 2014」公式写真公開サイト(ダウンロード可能) ※参考:大会当日2014年9月14日(日)の石巻の気象記録(気象庁ホームページ)

EVENT

2014.11.04

11/8-9、スターライト幕張にブース出展します

今週末11/8日(土)・9日(日)に千葉県幕張海浜公園で開催される 「スターライト幕張」にブース出展いたします。 本大会はシクロクロスとMTBクロスカントリー・エリミネ―ター(XCE)、 さらにトレイルラン競技が行なわれる複合イベントです。 11/8(土)に行われるシクロクロス カテゴリー1レースと、XCEの両競技には TEAM GIANTの門田基志選手が参戦します。 またブースでは、両日シクロクロス「TCX」シリーズの試乗車と、エアロロード「PROPEL」、 新型ディスクロード「DEFY ADVANCED」シリーズ、27.5 MTBや女性ブランド「Liv」数モデルも 展示いたします。 幕張にお越しの際には、ぜひGIANTブースにお立ちよりください! 【試乗車リスト(予定)】 TCX ADVANCED PRO 0 (S) TCX ADVANCED PRO 1 (M) TCX ADVANCED PRO 2 (S) TCX SLR 2 (M) 【展示車リスト(予定)】 PROPEL ADVANCED SL 2 (XS) PROPEL ADVANCED PRO 0 (S) PROPEL ADVANCED 2 (XS) TCR ADVANCED 2 (S) DEFY ADVANCED PRO 0 (S) DEFY ADVANCED 3 (XS) TRANCE 27.5 2 (S) XTC ADVANCED 27.5 1 (S) ENVIE ADVANCED 2 (XXS) 【Liv】 AVAIL ADVANCED 1 (XXS) 【Liv】 INVITE CoMax (XS) 【Liv】

EVENT

2014.09.11

「ツール・ド・東北」に出展いたします

2014年9月14日(日)に宮城・三陸エリアにて開催される「ツール・ド・東北2014」に、 ジャイアントは「テクニカル・サプライヤー」サポーターとして参加いたします。 震災の被害が大きかった東北沿岸部。 今なお傷が癒えぬ被災地を、まずは10年間、毎年1回自転車で走ることで、 参加者自らが復興を実感し、自らの言葉で自分の周囲に伝えていく。 このツールド東北の大会趣旨に私たちジャイアントジャパンは強く賛同し、 2013年11月の初回大会に続いて、今年も大会オフィシャルメカニックとして 運営に協力させていただきます。 大会前日の9/13(土)は、 メイン会場である石巻専修大学内の大会受付ブース付近でメカニックサービスをいたします。 愛車に不具合が生じた参加者の方は是非お立ち寄りください。 なお、今年は参加者が倍増していますので、メカニックサービスも混雑が予想されます。 特に受付締切の17:00直前はサポート希望の方が集中されます。 メカニックサービスも17:00までとなりますので、出来る限り早い時刻のご来場をオススメします。   大会当日は、朝4:30頃から全クラスがスタートするまで石巻専修大学でサービス対応し、 その後は3台のサポートカーで各クラスに帯同して、コース上でサービス対応いたします。 この走行中のメカニックサービスは、原則的には各コースの後方に位置し、 メカトラで自走不能となって関門時間をオーバーされる恐れがある参加者に対応します。 なお、各エイドステーションにダイシャリンやSHIMANOのメカニックが常駐しますので、 スローパンクや変速トラブルなど、自走可能な不具合につきましては、 エイドステーションのメカニックテントでサポートを受けてください。   それでは今週末、東北の地でお会いいたしましょう! ※とは言え、大会当日のコース上ではお目に掛かることが出来ない方が嬉しいのですが。

EVENT

2014.08.22

リブチームと一緒に「グローバル ソリダリティ ライド」に参加しましょう!

アフガニスタンの女性達が結成する「ナショナル ウーマンズ サイクリングチーム」は、 母国で自転車に乗ることはタブーとされている中、サイクリングを行うことで 世界に存在する性別の壁を超えようと勇敢に挑戦しています。   リブは、そんなアフガニスタンの女性チームを応援するため、8月30日(土)に 「グローバル ソリダリティ ライド」を行います。 このイベントは、彼女たちの想いや願いに共感する世界中の人々と一緒に、 同日にサイクリングを行うことで、チームを応援する想いを届けます。 イベント開催のサポーターであるシャノン・ギャルピンは、紛争地域での女性支援の 非営利団体Mountain2Mountainの創立者であり、リブの公式アンバサダーでもあります。 シャノンとアフガニスタンの女性チームはこの日一緒にサイクリングを行います。   「このイベントでは自転車が世界の社会的公正のために画期的なツールであることを示すでしょう。 アフガニスタンの女性が自転車に乗ることで、本当の意味での勇敢さを世界にアピールする 初めての機会でもあります。」とシャノンは語ります。 このイベントへの参加方法は以下の通りです。 サイクリング仲間を誘って自転車に乗り、FacebookなどのSNS上で 「#solidarityride2014」と「#livbeyond」のハッシュタグをつけて サイクリングの画像を掲載してください。 もちろん、Global Solidarity RideのFacebookページに直接書き込むことができます。 皆さんのサイクリングを共有することで、彼女たちチームの活動支援につながります。 是非ご参加ください!

EVENT

2014.08.20

シマノ鈴鹿ロードに出展いたします

GIANTは今週末8月23日(土)〜24日(日)に三重県鈴鹿サーキットで開催される 「シマノ鈴鹿ロード」にブース出展いたします。 GIANTブースでは、ツール・ド・フランスでステージ4勝をあげたPROPELシリーズ、TCR、 女性専用設計のAVAIL等、ロードバイク各種およびシクロクロスモデルのTCXを展示。 SHIMANOブースでは、PROPELと27.5 MTBの試乗車を貸し出し対応。 さらに、今年シマノレーシングチームが乗るチーム仕様のTCR ADVANCED SLを展示いたします。 是非、GIANTブースおよびSHIMANOブースにお越しください。 モデル名 カラー サイズ (mm) 試乗/展示 2015 TCR SLR 2 マットブラック 431(M) GIANTブース展示 2015 TCX ADVANCED PRO 2 シルバー 500(S) GIANTブース展示 PROPEL ADVANCED SL SE カーボン・ブルー 710(S) GIANTブース展示 PROPEL ADVANCED 1 ホワイト・ライム 465(XS) GIANTブース展示 TCR ADVANCED 0 ホワイト・ブルー 430(XS) GIANTブース展示 AVAIL ADVANCED 2 ホワイト・グリーン 395(XXS) GIANTブース展示 PROPEL ADVANCED 3 カーボン・オレンジ 520(M) SHIMANOブース試乗 TRANCE 27.5 1 シルバー 431(M) SHIMANOブース試乗 TRANCE 27.5 2 マットブラック 370(XS) SHIMANOブース試乗  

EVENT

2014.05.26

Mt.富士ヒルクライムに出展いたします

GIANTは今年も「Mt.富士ヒルクライム」に出展し、 出走される皆様をサポートいたします! ■大会前日=5/31(土) ・参加者のバイクを対象に機材点検・メカニック作業を実施。 ※当日、GIANTブースにバイクをお持ち込みいただき、 メンテナンス申込書に記入された順番に承ります。 混雑状況によって、長時間お待ちいただいたくこともございますので、 お早めのお越しをおすすめいたします。 ※イベント現場でのメカニック作業は携行するパーツや工具等に限界があり、 不具合をリカバリーできないことも多々ございます。 あくまでも応急措置とご理解いただき、販売店等での事前整備をお願いします。 ・2014ロードバイクの試乗車をご用意。(車種は当日変更となる可能性がございます) PROPEL ADVANCED SL SE 710(S) PROPEL ADVANCED SL 3 680(XS) PROPEL ADVANCED 2 500(S) PROPEL ADVANCED 3 520(M) ENVIE ADVANCED 1 500(S) ENVIE ADVANCED 2 430(XXS) TCR ADVANCED SL 3 710(S) TCR COMPOSITE 1 500(M) DEFY ADVANCED 0 465(S) AVAIL ADVANCED 2 395(XXS) ■大会当日=6/1(日) ・参加者のバイクを対象に簡易チェックを実施。 ※スタート前4:30〜6:30のみ。エア圧チェックなどにお立ち寄りください。 GIANTオーナーの方は、是非GIANTブースへお立ち寄りください。 >>「2013Mt.富士ヒルクライム」のフォトレポートはコチラ

EVENT

2014.05.14

GIANT創業者キング・リューが台湾1周ツアーを完走

ジャイアントの創業者であり、現会長であるキング・リュー(劉金標 ※以下、キング)が 12日間に渡る台湾一周ツアーを完走しました。 今年で80歳を迎えるキングは、台湾1周966kmを走破するという偉業によって、 サイクリングの素晴らしさを広めると共に、80歳という節目を自ら祝いました。 12日間のコースでは、暑さ、雨、厳しい登り、怪我など、困難に直面することもありましたが、 強い精神力で乗り越え、2007年に初めての台湾一周ツアーをしたときのスピードを超える速さで 走り続けました。 「7年前に台湾一周ツアーして以来、時間にゆとりができました。」 キングは台北でツアーをゴールした後に話しました。 「私は自分が年を取ったようには感じません。だから年長者にもサイクリングを楽しんでもらいたいと 思っています。そして私のように健康で強い自分自身を感じてほしいのです。」とキングは続けました。   ツアーは台北をスタートし、台湾の素晴らしい数々の名所を巡り、再び台北に戻ってくるというコースでした。 キングは険しい山や崖、時には海岸線やビーチを、特別仕様のPropel Advanced SLで駆け抜けました。 2日目には台中近くにあるジャイアント本社に立ち寄り、Ride Like King Day を 友人や社員、ゲスト達と祝いました。 7日目では、21kmの長い登りに挑みました。7年前には5回立ち止まってしまった同じ山で、 当時よりも速いスピードをキープして登り切ることができました。 最終的には、15日間で927km走行した2007年の台湾一周ツアーに比べ、 12日間で966km走行というタフさを増した今回のツアーの方が、 キングの心身の強さをより強く印象づけることになりました。 さて、走り終わった後、最初に何がキングの頭に浮かんだと思いますか? 「また台湾一周ツアーをやりたい。」と言ったそうです。 RIDE LIFE, RIDE GIANT.

1 4 5 6 7 8 9 10 11