• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

カテゴリー

1 15 16 17 18 19 20 21

2017.05.09

RACE

バン・バーケルがアイアンマン 70.3 ベトナムで優勝!

ベトナムのダナンを舞台にしたトライアスロンレース「アイアンマン 70.3 ベトナム」で、GIANTのプロトライアスリートであるティム・バン・バーケル(オーストラリア)が見事優勝を飾りました。 昨年の同大会で2位を獲得した実績を持つバーケルは、バイクパートをTRINITY ADVANCED PROとともに力強く駆け抜け、大会で唯一4時間を切る3:56:19というタイムを記録しました。 バーケルはレース後、以下のように語りました。「ベトナムでの勝利は格別だ。今年はあまり調子の良くないスタートを切ったけれど、ようやく本調子を取り戻せそうだよ」 バーケルはスイムパートで強力なライバルグループに食らいつくと、総距離90kmのバイクパートで本領を発揮します。 GIANTのエアロヘルメットPURSUITを被ったバーケルは、バイクパートで全体2位となる2:06:18の好タイムでランパートへとつなげました。 バーケルは自身のバイクパートについて語りました。「70km地点でライバル達から差がつき、そのまま先行することができた。バイクパートでのアドバンテージのおかげで、ランパートでもそのまま勝ちにいく走りができたよ」 レースはベトナム特有の蒸し暑さとの戦いでもあり、バーケルは21kmにおよぶランパートの終盤5kmで特に苦戦したものの、ライバルのイヴァン・カラシニコフから4:14もの差をつけて1位でゴールに飛び込みました。 バーケルにとってダナンでの勝利はシーズンの重要なポイントとなり、今後の展望について語りました。「この勝利で自信をつけて、1ヶ月後のアイアンマン・アジアパシフィック選手権でのタイトル防衛に挑むよ」

2017.05.05

RACE

チーム・サンウェブが第100回ジロ・デ・イタリアへ出場!

2017年で開催100回目を数える伝統のステージレース「ジロ・デ・イタリア」が、地中海沖のサルデーニャ島で開幕を迎えました。 アルゲーロの港町で行われたチームプレゼンテーションを終え、ライダー達は206kmにおよぶ第1ステージを皮切りに、3週間に渡るレースへと出走していきました。 チーム・サンウェブは才能ある9人のライダーを揃え、ステージ優勝と総合ランキング上位を目指し全21ステージを戦います。 チームを率いるエースのトム・デュムラン(オランダ)は昨年のツール・ド・フランスで2勝、またジロ・デ・イタリアでも第1週にわたりリーダージャージを着用した実績を持ちます。 チーム・サンウェブのコーチであるアイク・ヴィスビークは語ります。「チームはここまで有意義なトレーニング期間を過ごしてきた。スペインのテネリフェでの高地トレーニングキャンプを終えたあとは、ビデオを使ってカギとなるコースの視察を行い、ライダーが全力で挑めるよう準備を重ねてきた。記念すべき第100回大会へ向けて、最高のモチベーションでレースへ臨むよ」 デュムランの総合上位進出を支えるアシストとして、チームはベテランのローレンス・テンダム(オランダ)やシモン・ゲシュケ(ドイツ)、若手のウィルコ・ケルデマン(オランダ)を起用しています。 ヴィスビークはメンバー構成について語ります。「タフな3週間となるだろう。難易度の高いステージはゲシュケ、プライドラー、スキョーエスタッドルンケ、ハガがデュムランをサポートする。レース終盤では経験豊富なテンダムと、過去ジロで総合トップ10入りを果たしているケルデマンが重要な役割を担うことになる。スタムスナイデルは平坦、山岳ステージの牽引役として活躍してくれるだろう」 チームライダーはトータルバランスに優れたTCR Advanced SL、タイムトライアルではTrinity Advanced Proに乗りレースへと挑みます。 ヘルメットはコース特性に合わせGIANTのRev、Pursuit、Rivet、Rivet TTを使い分けます。 2017ジロ・デ・イタリアに挑む9人のライダー達は以下の通りです。 フィル・バウハウス(ドイツ)ローレンス・テンダム(オランダ)トム・デュムラン(オランダ)シモン・ゲシュケ(ドイツ)チャド・ハガ(アメリカ)ウィルコ・ケルデマン(オランダ)ゲオルグ・プライドラー(オーストリア)シンドル・スキョーエスタッドルンケ(ノルウェー)トム・スタムスナイデル(オランダ)

2017.05.01

RACE

グティエレスがMTBワールドカップDH開幕戦で表彰台獲得!

フランスのルルドで開催された2017 UCIワールドカップ・ダウンヒル(DH)開幕戦で、GIANTファクトリーオフロードチームのマルセロ・グティエレス(コロンビア)が見事3位になりました。 コロンビアナショナルチャンピオンに6度輝いたグティエレスは、昨シーズンはケガによる不調に見舞われたものの、フランスでの初戦で復活を印象づけるパワフルな走りを披露しました。 ファイナルラウンド終盤に暴風雨がルルドを襲い、コースコンディションが急変。出走順で前半に位置したライダー達に有利な展開となり、序盤にスタートしたグティエレスは表彰台を獲得しました。 レース後、グティエレスは以下のようにコメントしました。「とてつもないレースだった。天候が味方したことは間違いない。予選ではリスクを負わずに走り、思わしくないタイムに終わったけれど、決勝では切り替えて高いモチベーションで挑んだ。暴風雨がなければ3位表彰台すら難しかったと思うが、それでもトップ10には入る自信があった。いいレースができたよ」 2017 UCIワールドカップ・ダウンヒルは、7カ国で開催される7レースで構成されます。次戦は5/20にスコットランドのフォート・ウィリアムで行われます。

2017.04.23

RACE

<TEAM GIANTレースレポート> 4/23 CJ やわたはま国際MTBレース XCO

4/23(日)に愛媛県八幡浜市にて開催されたCoupe du Japon開幕戦「やわたはま国際MTBレース2017」に門田基志が参戦しました。 エリートカテゴリーはU23との混走で80名超がスタートラインに並び、門田は7位(総合8位)でレースを終えました。 2002年から開催される同大会は10年を超える歴史を重ね、オリンピックの日本代表選考レースに採用された実績もある世界基準のコースが特徴です。 日本を代表する国際大会として、今年はUCI公認クラス1に昇格。国内外の選手が最重要視する大会の一つとなっています。 門田は今季よりブースト規格+トラニオンマウントを採用し生まれ変わった、新型のANTHEM ADVANCEDを投入。 サスペンションは120mmストロークのROCKSHOX PIKE RCT3、ホイールはブースト対応のGIANT XCR 27.5 0 BOOST WHEELSYSTEM、サドルはポジションの変化に合わせてGIANT CONTACT SLR FORWARDを採用し、新たな機材構成でレースへと挑みました。 レース当日は快晴の小春日和となり、コースコンディションはドライ。 木の根が張り巡らされた「ゴジラの背中」や急登坂の「桜坂」など、八幡浜の名物セクションをANTHEM ADVANCEDのパワフルな走破性とグリップを武器に突き進みます。 沿道から多くの声援を受け懸命に追走を続けたものの、トップとの差を縮めるには至らず7位でゴール。 地元愛媛県での開幕戦は悔しい結果となりました。 次回の門田のレースはGWの5月5日(金)に滋賀県高島市にて行われる「CJ-1 びわこ高島STAGE」です。 会場での皆様のご声援、誠にありがとうございました。 <門田基志 使用機材>フレーム:GIANT ANTHEM ADVANCED M sizeフロントサス:ROCKSHOX PIKE RCT3 Boost 120mmコンポーネント:SHIMANO XTR Di2クランク:SHIMANO XTR 32T クランク長175mmスプロケット:SHIMANO XTR 11S 11-40Tブレーキ:SHIMANO XTRハンドルバー:GIANT Contact SLR XC Riser 690mmステム:GIANT Contact SLR OD2 100mmペダル:SHIMANO XTRサドル:GIANT CONTACT SLR FORWARDボトルケージ:OGK PC-3ホイール:GIANT XCR 27.5 0 BOOST WHEELSYSTEMタイヤ:SCHWALBE RACING RALPH EVO TLE 2.25 1.35気圧シューズ:SHIMANO SH-XC90ウエア:WAVEONE レジェフィットプロ ヘルメット:OGK KABUTO ZENARDグローブ:OGK SFG-1ドリンク:スーパーMEDALIST 9000エナジージェル:MEITAN CYCLE CHARGE

2017.04.20

INFORMATION

「2017 TEAM SUNWEB COLLECTION」発売!

4月20日より「2017 TEAM SUNWEB COLLECTION」として、ジャージやショーツ、グローブ等のアパレルやヘルメット一式を発売いたします。それに合わせ、TEAM SUNWEBスペシャルコンテンツを公開いたしました。 2017シーズンより新しいタイトルスポンサー“SUNWEB”を迎えたチームは、新加入のマイケル・マシューズが「ブエルタ・アル・パイスバスコ」でステージ優勝を飾るなど、今シーズンも活躍が期待されます。 「TEAM SUNWEB」のテクニカルパートナーを務めるジャイアントは、春の新製品として「2017 TEAM SUNWEB COLLECTION」を発売。所属選手が着用するジャージやそのレプリカ、ハイエンドのロードヘルメット、チームロゴ入りのグローブやキャップ、キッズアパレルなど様々なアイテムをラインナップし、4月20日より全国のGIANT取扱ディーラーにて販売いたします。 また「TEAM SUNWEB COLLECTION 初回導入店」では、コレクションの抜粋アイテムをまとめてご覧いただくことが可能です。 >>「TEAM SUNWEB COLLECTION 初回導入店」リストはコチラ   <ジャージ&ショーツ ラインナップ> 「TIER 1」「TIER 2」「REPLICA」の3グレードをラインナップ。「TIER 1」はETXEONDO製の最上グレードで、エアロダイナミクスに優れるタイトなフィット感を誇り、ビブショーツにはETXEONDOとE.I.Tの共同開発による最高峰の「E.I.T URRAKI」パッドを使用。「TIER 2」はETXEONDO製のセカンドグレードで、ビブショーツにはクッション性と通気性に優れる「ETXEONDO GAIN」パッドを使用。「REPLICA」はお求め頂きやすいレプリカで、日々のトレーニング等に使いやすい適度なフィット感です。 TEAM SUNWEBが着用するETXEONDO製ジャージ&ビブショーツ(左)TEAM SUNWEB TIER 1 SS JERSEY ¥17,000(税抜価格)(右)TEAM SUNWEB TIER 1 BIB SHORTS ¥22,000(税抜価格) TEAM SUNWEB着用モデルを生産するETXEONDO製のレプリカウェア(左)TEAM SUNWEB TIER 2 SS JERSEY ¥13,000(税抜価格)(右)TEAM SUNWEB TIER 2 BIB SHORTS ¥16,000(税抜価格) TEAM SUNWEBのレプリカウェア(左)TEAM SUNWEB REPLICA SS JERSEY ¥7,000(税抜価格)(右)TEAM SUNWEB REPLICA SHORTS ¥9,000(税抜価格)   <ヘルメット ラインナップ> ヘルメットは「PURSUIT」「REV」「RIVET」の3種類。 どれも所属選手が実際にレースで使用しているものと全く同じモデルのアジアンフィットバージョンです。また「REV」「RIVET」は、前期モデルに対して外形がコンパクトになり軽量化しています。 PURSUIT ASIA 2017 TEAM  ¥20,000(税抜価格)ロードヘルメットの通気性とエアロヘルメットのスピードを兼ね備えた、新世代のオールラウンドヘルメット REV ASIA 2017 TEAM  ¥16,000(税抜価格)軽量かつ優れたフィット感のハイエンドロードヘルメット RIVET ASIA 2017 TEAM ¥17,000(税抜価格)レースシーンで真価を発揮するハイエンドエアロロードヘルメット   <キッズアパレル ラインナップ> 大人用の「TEAM SUNWEB REPLICA SS JERSEY」「TEAM SUNWEB SF GLOVE」とお揃いのキッズ用ジャージとグローブをラインナップいたします。 (左)TEAM SUNWEB KIDS JERSEY  ¥5,000(税抜価格)(右)TEAM SUNWEB KIDS SF GLOVE ¥2,200(税抜価格)   この他、グローブやソックス、キャップなどもラインナップしております。 全てのラインナップはTEAM SUNWEBスペシャルコンテンツをご覧ください。

2017.04.07

RACE

TEAM GIANT(JAPAN)2017シーズン体制

TEAM GIANT(JAPAN)は、国内マウンテンバイク(以下、MTB)黎明期にレース活動を開始し、現在まで20年以上、継続して活動しています。 2016年シーズンは、クップ ドュ ジャポン シリーズ(以下、CJ)、全日本選手権ともに好成績を残すことができなかったものの、門田基志が、フィリピンで行われた「UCI MTB クロスカントリーマラソン(以下、XCM)シリーズ第6戦」で初優勝し、日本人のXCM第一人者として結果を残せたシーズンとなりました。 ダウンヒル(以下、DH)の浅野善亮は安定した成績でナショナルランキング5位に。 怪我から復帰した青木卓也も、前年から2つランキングをあげてDH総合7位でシーズンを終えました。 2017年シーズンも前年に引き続き、門田基志、浅野善亮、青木卓也の3名体制で、MTB CJシリーズ、全日本MTB選手権大会など、日本自転車競技連盟(JCF)公認MTBレースの最上級カテゴリー(エリートクラス)のレースを中心に参戦。 門田基志は、昨年同様UCI MTB XCMシリーズへの参戦も予定しています。 機材も昨年同様、フレーム、ホイール(XC)にGIANT、コンポーネントに信頼のSHIMANO、フロントサスペンションフォーク&リアショックは軽量で高性能ダンパーを有するROCKSHOXを採用。 チームとして、全日本選手権大会の優勝とナショナルチャンピオン獲得を目標にレース活動を展開するほか、公認レース以外でも、イベント、普及レース、メディア出演などの機会に、スポーツバイク啓蒙活動を積極的に行います。 TEAM GIANT は、XCとDHの両カテゴリーでトップクラスの選手を擁する国内唯一のチームとして、2017シーズンもレースシーンを牽引してまいりますので、応援よろしくお願いいたします。 【チーム】 TEAM GIANT https://www.facebook.com/Giant-Japan-Off-Road-Racing-Team-661801213924019/ 【ライダー】 門田 基志(かどた もとし)生年月日:1976年1月15日2016 JCF XCO ナショナルランク:8位競技カテゴリー: MTB クロスカントリー、MTB クロスカントリーマラソン、シクロクロス使用機材:ANTHEM ADVANCED (L)、XTC ADVANCED SL (L)、TCX ADVANCED PRO (ML)、PROPEL ADVANCED SL (ML)Website: http://kadotamotoshi.com/Facebook:https://www.facebook.com/motoshi.kadota   浅野 善亮(あさの よしあき)生年月日:1991年3月15日2016 JCF DHI ナショナルランク:5位競技カテゴリー: MTB ダウンヒル、MTB エンデューロ使用機材:GLORY ADVANCED (L)、REIGN (M)、TRANCE (M)Website: http://yoshiakiasano.blogspot.jp/Facebook:https://www.facebook.com/yoshiaki.yossy.asano   青木 卓也(あおき たくや)生年月日:1985年3月18日2016 JCF DHI ナショナルランク:7位 競技カテゴリー: MTB ダウンヒル、MTB エンデューロ使用機材:GLORY ADVANCED (L)、REIGN (M)、TRANCE (M)Website: http://www.takuyaaoki.com/Facebook:https://www.facebook.com/takuya.aoki.7777   【スポンサー】GIANT(株式会社ジャイアント) SHIMANO(株式会社シマノ) ROCKSHOX(株式会社ダートフリーク)

no-images

2013.10.29

INFORMATION

PROPEL/ENVIE用 Speed Control ブレーキ取付マニュアル

PDFファイルをダウンロード(右クリックでファイルを保存してください) PROPEL/ENVIE用 Speed Control ブレーキ取付マニュアル

no-images

2013.04.01

INFORMATION

カーボンリプレイスメントプログラムを開始いたします

ジャイアントでは、 ご購入いただきましたカーボンフレーム製品のリプレイスメントプログラムを、 下記の通り実施いたします。 カーボンフレームは、転倒や何かに衝突したときに、 外的損傷が見受けられないない場合でもカーボン積層内で破損している可能性があります。 そのような場合は、無理に乗車を続けず、すみやかな交換を強く推奨いたします。 当プログラムは破損の理由を問わず、破損品と同等の製品を特別価格で提供するものです。 ご希望のお客様は、ご購入のジャイアント正規販売店までお問い合わせください。   ジャイアントカーボンリプレイスメントプログラム 対象製品:2013年4月1日以降にご購入されたカーボンフレーム製品。(完成車・フレームセット) 対象期間:ご購入後3年間 交換製品:破損品と同等のもの 交換条件:ご購入のジャイアント正規販売店にてのみ対応。破損製品の回収 交換価格:特別価格(詳しくは、ご購入のジャイアント正規販売店にお問い合わせください)

no-images

2012.01.25

INFORMATION

並行輸入品につきまして

日本に並行輸入されているジャイアント製品につきまして、 当社株式会社ジャイアントは品質保証を含めたアフターサービスを一切おこなっておりません。 他国向けの製品は国内の交通法規や安全基準などに適していない場合もございます。 お客様の安心と安全のために、ぜひ国内正規取扱店にてお買い求めください。

no-images

2011.9.20

INFORMATION

生涯保証制度を開始いたしました

品質保証期間変更のご案内 ジャイアントでは、2012年度モデルより生涯保証制度を開始いたしました。 生涯保証が適用となるための条件や対象製品につきましては下記をご参照ください。 なお、保証期間を除く、保証内容、消耗品、保証手続き、保証できない事項等に 変更はございません。 また、2011年度以前のモデルの保証期間に変更はございません。 >>GIANT製品保証規定のご案内(2012モデル~)

1 15 16 17 18 19 20 21