• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS

カテゴリー

1 14 15 16 17 18 19 20

2017.05.29

RACE

デュムランがジロ・デ・イタリアで総合優勝!

チーム・サンウェブのトム・デュムラン(オランダ)が、第100回ジロ・デ・イタリアで見事総合優勝を手にしました。 26歳のデュムランは山岳ステージを粘りの走りで乗り越えると、2つの個人タイムトライアルでリードを稼くことに成功し、キャリア最大の勝利を獲得しました。 また、3週間のグランツールを戦い抜く世界最高の総合ライダーとして、その才能を開花させました。 デュムランは第19ステージで一度マリアローザを失い総合4位まで転落したものの、最終ステージの個人TTで大逆転しマリアローザ奪還に成功。 自身そしてチーム・サンウェブに初のグランツール総合優勝をもたらしました。 デュムランはレースを以下のように振り返ります。「信じられない!緊張でどうにかなりそうな1日だった。自分を落ち着かせようとしたけれど、もはや不可能なほどだった。ただ脚の調子は良く、ゴールに向かって突っ走るだけだったんだ」 記念すべき第100回大会を迎えた2017年のジロは、デュムラン、チーム、そして全世界のサイクリングファンに多くのドラマをもたらしました。 デュムランは第10、第14ステージで優勝を飾るとともに、大会中レースのリーダーとしてマリアローザを誰よりも長く着用し続けました。 <マリアローザ獲得へ>休息日明けの第10ステージ、デュムランは個人TTで持ち前の独走力を発揮しマリアローザを獲得します。 レースはモンテファルコの町を駆け抜ける39.8kmで争われ、デュムランは総合ランキング上の主要なライバル達から2分以上のタイム差をつけることに成功。 それは、ライバルであるナイロ・キンタナとの11ステージにおよぶ総合争いの始まりでもありました。 デュムランはマリアローザを手にしたこの日、以下のように語りました。「もう偶然の勝利とは思わない。いつでもベストな状態で戦える自信があるし、調子の良さを感じているよ。このまま最終ステージまで戦い抜くつもりさ。山岳ステージでこのタイム差をどこまで守れるかはわからないけど、今日はマリアローザ獲得を喜びたいね」 続く第14ステージで、デュムランは世界最高のオールラウンダーとして力強いパフォーマンスを発揮します。 レースはカステッラーニアからオローパの登りゴールに至る131kmで、TCR ADVANCED SLとともに終盤の登りでライバル達を振り切ると、マリアローザを着用してのステージ優勝を達成しました。「とてもタフな登りだったけど、キンタナから遅れた時も集中を切らさず、リラックスしてマイペースの走りに徹したんだ。終盤では追いついて、そこからまだ加速できる力が残っていた。信じられないよ」 <逆境との戦い>ミラノへと至る3日前、デュムランは苦戦を強いられました。 第16ステージはイタリア北部、3つの山頂を越える大会のクイーンステージでレースは動きました。 デュムランを突如腹痛が襲い、最後の山岳ウンブライルパス直前でストップを余儀なくされ、ライバルの先行を許しました。 この日ステージ優勝者のビンチェンツォ・ニバリから2分17秒を失い、総合2位のナイロ・キンタナとのタイム差は31秒までに縮小。 単独での追走の末、辛くも総合首位を守りました。「追走を強いられた時、絶対に諦めないと決めて走り続けた。とてもタフなレースで、この結果には失望したよ。脚の調子は良くライバル達にもついていけたはずなのに、実際にはそうはならなかったね」 モルティローロ、ステルヴィオ、ウンブライルパスを経由する獲得標高差5400mを乗り越え、チームは逆境の中222kmにもおよぶクイーンステージを走破しました。 しかし、続くステージでキンタナ、ニバリ、ピノら総合ライバル達の猛攻に晒されます。 ついに第19ステージでキンタナにマリアローザを明け渡すものの、デュムランはタイム差を最小限に抑え、最終ステージのタイムトライアルでの逆転へ望みを繋ぎました。 <最終ステージ>第21ステージの個人TTは、モンツァ・サーキットからミラノ中心部ピアッツァ・ドゥオモに至る29.3kmのフラットなコース。 この時点でデュムランは総合4位につけ、首位キンタナから53秒を挽回する必要がありました。 デュムランはTRINITY ADVANCED PROとともに3週間の戦いに終止符をうち、総合トップを奪取するためにベストを尽くし駆け抜けます。 ミラノのフィニッシュラインを通過した瞬間、優勝が確定したと周囲が色めき立つものの、最終走者キンタナがゴールするまでデュムランはその時を待ちました。 デュムランは最終ステージの走りを振り返ります。「今日は好調だったけれど、後半からはリスクを負いすぎないよう無線で指示を受けて走ったんだ。ステージではなく、総合優勝を狙いにいったよ」 この日デュムランは同郷のライバルであるヨス・ファンエムデンから15秒差で2位に終わったものの、最終日に逆転を決めジロ総合優勝を手にしました。「総合優勝できるなんて思ってなかった。でも、運と実力があったから全てがいい方向に動いたんだ。ついに夢を叶えることができたよ!」

2017.05.23

RACE

<TEAM GIANT レースレポート> 5/21 CJ-U 勢和多気国際クロスカントリー

5/21(日)、三重県多気町にて開催されたCoupe du Japon第3戦「CJ-U クラス3 勢和多気国際クロスカントリー」にTEAM GIANTの門田基志が参戦し、7位でレースを終えました。 大会会場の勢和の森マウンテンバイクコースは、世界基準の難易度を再現した「プロセクション」が点在するテクニカルなレイアウトが特徴。 キャニオンジャンプ、石畳のドロップオフ、斜度45度の下りターン猪落など、登り下りともにテクニックを要する国内屈指の難コースでのレースとなりました。 門田にとって、勢和多気は2度の優勝経験がある相性の良いコース。 レース前日の公式練習で入念に試走を行い、2年前の優勝時と同様にフルサスのANTHEM ADVANCEDを選択しました。 レース当日は夏の到来を思わせる快晴により、コースコンディションはドライ。 スタート直後、門田は10位前後のポジションで走りますが、前を走るパックに差を広げられてしまい苦しい展開に。 しかしANTHEMの安定した走破性とレース後半の粘り強い走りで、最終的に7位でゴールしました。 次回、門田は5月28日(日)に長野県富士見パノラマリゾートにて行われる「CJ-1 富士見パノラマ春大会」に出場します。 会場での皆様のご声援、誠にありがとうございました。 <門田基志 使用機材>フレーム:GIANT ANTHEM ADVANCED M sizeフロントサス:ROCKSHOX PIKE BOOST 120mm 85psi       ボトムレストークン1個       リバウンド 9クリック戻し       ロースピードコンプ 1クリック締めリアサス:ROCKSHOX DELUXE RT3 230psi     リバウンド 4クリック戻しコンポーネント:SHIMANO XTR Di2クランク:SHIMANO XTR 32T クランク長175mmスプロケット:SHIMANO XTR 11S 11-40Tブレーキ:SHIMANO XTRハンドルバー:GIANT CONTACT SLR XC RISER 670mmステム:GIANT Contact SLR OD2 100mmペダル:SHIMANO XTRサドル:GIANT CONTACT SLR FORWARDボトルケージ:OGK PC-3メーター:PIONEER SGX-CA500ホイール:GIANT XCR 27.5 0 BOOST WHEELSYSTEMタイヤ:(前)SCHWALBE ROCKET RON EVO TLE 2.1 1.35気圧    (後)SCHWALBE ROCKET RON EVO TLE 2.1 1.35気圧シューズ:SHIMANO SH-XC90ウエア:WAVEONE レジェフィットプロヘルメット:OGK KABUTO ZENARD グローブ:OGK PRG-5 ドリンク:スーパーMEDALIST 9000 エナジージェル:MEITAN CYCLE CHARGE

2017.05.22

RACE

デュムランがジロ・デ・イタリアでステージ2勝目!

チーム・サンウェブのトム・デュムラン(オランダ)がジロ・デ・イタリア第14ステージで優勝を飾り、総合ランキングでさらにリードを拡大しました。 第10ステージの個人TTに続き今期ジロ2勝目を挙げたデュムランは、さらなるリードを得て総合ランキング首位の座を固めることに成功。また、TCR ADVANCED SLとともにオローパの登りを制し、世界最高のオールラウンダーへと飛躍したことを印象付けました。 デュムランはレース後、以下のように語ります。 「予想外の勝利だ。このステージ優勝を夢見ていたけれど、それを達成できるだなんて思ってなかったよ」 レースはカステッラーニアからオローパの登りゴールに至る131kmで争われました。 マリアローザを着たデュムランはチームメイトのアシストを受け、フレッシュな状態でオローパの登りに突入。 ハイペースを刻んだデュムランはライバルであるナイロ・キンタナのアタックを封じ込め、イルヌール・ザカリンとミケル・ランダをゴール前で引き離し見事勝利を掴みました。 この勝利によりボーナスタイムを得たデュムランは、2位のキンタナに2分47秒、3位のティボ・ピノーに3分25秒のタイム差をつけることに成功し、総合リードを拡大しています。 「とてもタフな登りだったけど、キンタナから遅れた時も集中を切らさず、リラックスしてマイペースの走りに徹したんだ。終盤では追いついて、そこからまだ加速できる力が残っていた。信じられないよ」 ジロは第15ステージと翌日の休息日を終えた後、激しい総合争いが予想される第3週へ突入します。 デュムランとチームメイト達は、マリアローザ防衛のためさらなる挑戦を続けます。 「マリアローザを着て第3週を迎えることは大きなアドバンテージだけど、この先何が起きてもおかしくない。ミラノへの道はまだまだ続くんだ」

2017.05.19

INFORMATION

商品掲載ページに「360° View」を追加いたしました

以下モデルの各商品掲載ページに「360° View」タブを追加いたしました。 横位置画像からでは想像しにくいバイクの全景をご確認いただけます。 是非ご覧ください。 ・PROPEL ADVANCED SL 1・PROPEL ADVANCED PRO 1・TCR ADVANCED SL KOM 2・TCR ADVANCED PRO DISC・TCR ADVANCED PRO 1・TRINITY ADVANCED PRO 1・DEFY ADVANCED PRO 1・DEFY ADVANCED 2・CONTEND SL 1 DISC・ANYROAD 1・REIGN ADVANCED 1・TRANCE 2・FATHOM 2・ANTHEM ADVANCED 1・ANTHEM 2・XTC ADVANCED+ 2・TALON 3・ESPOIR 24

2017.05.19

INFORMATION

GIANT 2018 モデル「ESCAPE R3」「GRAVIER」を先行販売

5月下旬より、GIANT 2018モデル「ESCAPE R3」「GRAVIER」を先行販売いたします。 ESCAPE R3 (2018モデル) 日本のクロスバイクのスタンダードとなるベストセラーモデル。フレーム、フォーク、ホイールなど全てのパーツにこだわり抜いて快適性と軽量性を両立。700x28Cタイヤのオンロード快速性能とMTB由来のワイドレンジな24段変速で、自転車通勤から週末サイクリングまで幅広く対応。2018モデルのフレームカラーは、シリーズ初採用のマットカラーである「マットライム」や、落ち着いた色味の「レッド」などが登場。 標準価格: ¥50,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M)mm重量  : 10.7kg (465mm)カラー : マットライム、ブラックトーン、ブルートーン、レッド、ホワイト>>詳しくはこちら   GRAVIER (2018モデル) 2017でフルモデルチェンジし、クロスバイクの新定番となった「グラビエ」。軽量なフレームに27.5"ホイール+45mm幅の太めなタイヤを採用し、走りの軽さを犠牲にすることなく快適で安定した走りを実現。2018モデルは、オレンジのワンポイントが効いた「ネイビー」やシックな「ワインレッド」、明るい「ライムゴールド」の3色展開。 標準価格: ¥53,000(税抜価格)サイズ : 430 (XS), 465 (S), 500 (M), 555 (L) mm重量  : 11.2kg (465mm)カラー : ネイビー、ライムゴールド、ワインレッド>>詳しくはこちら

2017.05.17

RACE

デュムランがジロ・デ・イタリアで総合首位に浮上!

チーム・サンウェブのトム・デュムラン(オランダ)がジロ・デ・イタリア第10ステージの個人タイムトライアルで優勝を飾り、総合ランキングで首位へと躍り出ました。 レースはモンテファルコの町を駆け抜ける39.8kmで争われ、TRINITY ADVANCED PROに乗るデュムランは圧倒的なスピードで勝利を掴み取ると同時に、総合ランキング上の主要なライバル達から2分ものタイム差をつけることに成功しました。 デュムランは39.8kmのコースを50:37で走り抜け、ステージ2位となったゲラント・トーマス(イギリス)からは49秒差をつけて見事優勝し、第9ステージまで総合リーダーであったナイロ・キンタナ(コロンビア)から2分23秒ものアドバンテージを稼ぎました。 また、同郷のライバルであるバウク・モレマ(オランダ)が2分38秒差で総合3位に位置しています。 デュムランは総合リーダーの証であるピンク色のジャージ「マリアローザ」を2年連続で獲得。 昨年のジロでは6日間マリアローザを着用した実績を持ちます。 デュムランはここまでの2年間、厳しいトレーニングを経て登坂力を大きく向上させ、世界最高クラスのオールラウンダーとして才能を開花させました。 デュムランはレース後以下のように語っています。「もう偶然の勝利とは思わない。いつでもベストな状態で戦える自信があるし、調子の良さを感じているよ。このまま最終ステージまで戦い抜くつもりさ。山岳ステージでこのタイム差をどこまで守れるかはわからないけど、今日はマリアローザ獲得を喜びたいね」 続く第11ステージはフィレンツェからバーニョ・デ・ロマーニャへと至る161kmのコースで、4つの山岳を超えるタフなレースが待ち受けます。 3週間に渡る総合ランキング争いは、5/28(日)のミラノで決着の時を迎えます。

2017.05.16

INFORMATION

チューブレスレディタイヤ「GAVIA」取付マニュアル

チューブレスレディタイヤ「GAVIA」の取付方法につきまして、動画とPDFを公開いたしました。 「GAVIA」スペシャルコンテンツの「INSTALL」メニューや、 「GAVIA SLR TIRE (TUBELESS READY)」「GAVIA SL TIRE (TUBELESS READY)」製品ページの 「マニュアル」タブからご覧いただけます。 転がり抵抗の低減、コーナリングスピードの向上、乗り心地の向上、パンクリスクの低減など、 メリットの多いチューブレスレディタイヤ「GAVIA」を、ぜひご自身でも導入してみてください!

2017.05.10

RACE

<TEAM GIANTレースレポート> 5/4-7 CJ 2017 びわこ高島ステージ

5/4(木)から4日間、滋賀県高島市で開催されたCoupe du Japon第2戦「CJ-1 びわこ高島ステージ」にTEAM GIANTのライダーが参戦しました。 DHI決勝ラウンドに進出した浅野善亮が3位となり、2年連続で表彰台を獲得。 青木卓也は10位でシーズン初戦を終えました。 またXCO男子エリートに出場した門田基志は14位でした。 大会前半は朽木スキー場のゲレンデを舞台にしたXCOレースが行われました。 門田は試走の末、八幡浜大会で使用したANTHEM ADVANCEDからハードテイルのXTC ADVANCED SLに乗り換え、登りでの軽量性を重視したセッティングでレースへと出走。 長く厳しい登坂のある朽木スキー場のコースに挑みましたが、レース全体に渡って力を出し切れず悔しい結果となりました。 大会3日目からは会場を箱館山スキー場に移し、ダウンヒルチームの浅野、青木のシーズン開幕戦がスタートします。 激しいガレ場と長いペダリングセクションが特徴の箱館山スキー場は、テクニックのみならずスピードに乗せるペダリングパワーも必要なコース。 浅野は2週間前に同会場で行われたタイム計測会「箱館山ダウンヒル走り放題」で優勝しており、得意とするコースで初戦を迎えました。 快晴の中進行したレース当日はドライコンディションとなり、より一層スピードの増す展開に。 浅野は優勝タイムから0.2秒差で3位に終わったものの、相性の良いコースで好調を印象づけるレースとなりました。 青木は予選から思うようにタイムを伸ばせず、10位となりました。 次回、門田は5月21日(日)に三重県多気町にて行われる「CJ-C3 勢和多気国際クロスカントリー」に、 ダウンヒルチームは5月27日(土)に長野県富士見パノラマリゾートにて行われる「CJ-1 富士見パノラマ春大会」にそれぞれ出場予定です。 会場での皆様のご声援、誠にありがとうございました。 <門田基志 使用機材>フレーム:GIANT XTC ADVANCED SL L sizeフロントサス:ROCKSHOX SID BOOST 100mm 110psi       ボトムレストークン1個       リバウンド 12クリック戻し       ロースピードコンプ 0クリック締めコンポーネント:SHIMANO XTR Di2クランク:SHIMANO XTR 32T クランク長175mmスプロケット:SHIMANO XTR 11S 11-40Tブレーキ:SHIMANO XTRハンドルバー:GIANT CONTACT SLR XC RISER 690mmステム:GIANT Contact SLR OD2 100mmペダル:SHIMANO XTRサドル:GIANT CONTACT SLR FORWARDボトルケージ:OGK PC-3メーター:PIONEER SGX-CA500ホイール:GIANT XCR 27.5 0 BOOST WHEELSYSTEMタイヤ:(前)SCHWALBE RACING RALPH EVO TLE 2.25 1.30気圧    (後)SCHWALBE THUNDER BURT EVO TLE 2.25 1.30気圧シューズ:SHIMANO SH-XC90ウエア:WAVEONE レジェフィットプロヘルメット:OGK KABUTO AERO-R1グローブ:OGK PRG-5ドリンク:スーパーMEDALIST 9000エナジージェル:MEITAN CYCLE CHARGE <浅野善亮レース使用機材>フレーム:GIANT GLORY ADVANCED L sizeフロントサス:ROCKSHOX BOXXER TEAM SOFT SPRING       リバウンド(全締めから)8クリック戻し       コンプレッション(全開放から)5クリック締めリアサス:ROCKSHOX VIVID R2C COIL 400lbs     リバウンド(B) 6クリック戻し     リバウンド(E) 0クリック締めコンプレッション 0クリック締めコンポーネント:SHIMANO SAINTクランク:SHIMANO SAINT 38T クランク長170mmチェーンデバイス:SHIMANO SM-CD50ブレーキ:SHIMANO SAINTハンドルバー:TRUVATIV DESCENDANT DH BAR 780mmグリップ:GIANT SOLE-O MTB DOUBLE LOCK-ON GRIPステム:GIANT CONTACT SL DHサドル:GIANT CONTACT SLR NEUTRALホイール:DT SWISS FR570 + 360 HUBタイヤ:SCHWALBE MAGIC MARY EVO TLE F1.5 / R1.6気圧ペダル:SHIMANO M647シューズ:SHIMANO SH-AM9ウエア:FOX FLEX AIR DHヘルメット:FOX RAMPAGE PRO CARBONアイウエア:FOX AIRDEFENCEケミカル:WAKO'S CHL CHAIN LUB <青木卓也レース使用機材>フレーム:GIANT GLORY ADVANCED L sizeフロントサス:ROCKSHOX BOXXER WC 57.5psi       MRP Ramp Control Cartridge 3クリック締め       リバウンド (全締めから)7クリック戻し       コンプレッション (全開放放から)3クリック締めリアサス:ROCKSHOX VIVID R2C COIL 300lbs     リバウンド(B) 9クリック戻し     リバウンド(E) 3クリック戻しコンプレッション 2クリック締めコンポーネント:SHIMANO SAINT クランク:SHIMANO SAINT 36T クランク長165mmチェーンデバイス:MRP G3ブレーキ:SHIMANO SAINTハンドルバー:GIANT CONTACT SL DH 800mmグリップ:ODI RUFFIAN LOCK-ONステム:GIANT CONTACT SL DHサドル:WTB VOLT Carbonホイール:DT SWISS EX471 + SHIMANO SAINT HUBタイヤ:CONTINENTAL DER KAISER F1.4 / R1.5気圧ペダル:SHIMANO M647シューズ:GIRO CAHMBERウエア:GIANT TRANSFER LS JERSEYヘルメット:TROY LEE DESIGNS D3 STARBURSTアイウエア:SPY OPTIC KLUTCH

2017.05.09

RACE

バン・バーケルがアイアンマン 70.3 ベトナムで優勝!

ベトナムのダナンを舞台にしたトライアスロンレース「アイアンマン 70.3 ベトナム」で、GIANTのプロトライアスリートであるティム・バン・バーケル(オーストラリア)が見事優勝を飾りました。 昨年の同大会で2位を獲得した実績を持つバーケルは、バイクパートをTRINITY ADVANCED PROとともに力強く駆け抜け、大会で唯一4時間を切る3:56:19というタイムを記録しました。 バーケルはレース後、以下のように語りました。「ベトナムでの勝利は格別だ。今年はあまり調子の良くないスタートを切ったけれど、ようやく本調子を取り戻せそうだよ」 バーケルはスイムパートで強力なライバルグループに食らいつくと、総距離90kmのバイクパートで本領を発揮します。 GIANTのエアロヘルメットPURSUITを被ったバーケルは、バイクパートで全体2位となる2:06:18の好タイムでランパートへとつなげました。 バーケルは自身のバイクパートについて語りました。「70km地点でライバル達から差がつき、そのまま先行することができた。バイクパートでのアドバンテージのおかげで、ランパートでもそのまま勝ちにいく走りができたよ」 レースはベトナム特有の蒸し暑さとの戦いでもあり、バーケルは21kmにおよぶランパートの終盤5kmで特に苦戦したものの、ライバルのイヴァン・カラシニコフから4:14もの差をつけて1位でゴールに飛び込みました。 バーケルにとってダナンでの勝利はシーズンの重要なポイントとなり、今後の展望について語りました。「この勝利で自信をつけて、1ヶ月後のアイアンマン・アジアパシフィック選手権でのタイトル防衛に挑むよ」

2017.05.05

RACE

チーム・サンウェブが第100回ジロ・デ・イタリアへ出場!

2017年で開催100回目を数える伝統のステージレース「ジロ・デ・イタリア」が、地中海沖のサルデーニャ島で開幕を迎えました。 アルゲーロの港町で行われたチームプレゼンテーションを終え、ライダー達は206kmにおよぶ第1ステージを皮切りに、3週間に渡るレースへと出走していきました。 チーム・サンウェブは才能ある9人のライダーを揃え、ステージ優勝と総合ランキング上位を目指し全21ステージを戦います。 チームを率いるエースのトム・デュムラン(オランダ)は昨年のツール・ド・フランスで2勝、またジロ・デ・イタリアでも第1週にわたりリーダージャージを着用した実績を持ちます。 チーム・サンウェブのコーチであるアイク・ヴィスビークは語ります。「チームはここまで有意義なトレーニング期間を過ごしてきた。スペインのテネリフェでの高地トレーニングキャンプを終えたあとは、ビデオを使ってカギとなるコースの視察を行い、ライダーが全力で挑めるよう準備を重ねてきた。記念すべき第100回大会へ向けて、最高のモチベーションでレースへ臨むよ」 デュムランの総合上位進出を支えるアシストとして、チームはベテランのローレンス・テンダム(オランダ)やシモン・ゲシュケ(ドイツ)、若手のウィルコ・ケルデマン(オランダ)を起用しています。 ヴィスビークはメンバー構成について語ります。「タフな3週間となるだろう。難易度の高いステージはゲシュケ、プライドラー、スキョーエスタッドルンケ、ハガがデュムランをサポートする。レース終盤では経験豊富なテンダムと、過去ジロで総合トップ10入りを果たしているケルデマンが重要な役割を担うことになる。スタムスナイデルは平坦、山岳ステージの牽引役として活躍してくれるだろう」 チームライダーはトータルバランスに優れたTCR Advanced SL、タイムトライアルではTrinity Advanced Proに乗りレースへと挑みます。 ヘルメットはコース特性に合わせGIANTのRev、Pursuit、Rivet、Rivet TTを使い分けます。 2017ジロ・デ・イタリアに挑む9人のライダー達は以下の通りです。 フィル・バウハウス(ドイツ)ローレンス・テンダム(オランダ)トム・デュムラン(オランダ)シモン・ゲシュケ(ドイツ)チャド・ハガ(アメリカ)ウィルコ・ケルデマン(オランダ)ゲオルグ・プライドラー(オーストリア)シンドル・スキョーエスタッドルンケ(ノルウェー)トム・スタムスナイデル(オランダ)

1 14 15 16 17 18 19 20