• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

NEWS (RACE)

カテゴリー

1 2 3 4 5 6 13

2022.05.18

RACE

世界トライアスロンシリーズ横浜で小田倉選手が9位に

5/14(土)神奈川県横浜市で開催された「ワールドトライアスロンシリーズ横浜大会」で、GIANTがサポートする小田倉真選手(三井住友海上/東京)がエリート男子クラス日本人最高位となる9位でゴールしました。 世界の強豪50名が一斉にスタートしたエリートクラスで、小田倉選手はスイムをトップと約10秒差の14位で終えると、バイクパートでは早々先頭集団に合流します。コーナーでの動きを優先させてTCR ADVANCED SL DISCにCADEX 42 DISC TLホイールシステムを選択した小田倉選手は、集団の中でランに向けて体力を温存しながら走行します。大集団のまま進んだ40kmのバイクパートも最終周回に縦に伸びたため、小田倉選手はトップと約10秒差の29位で最終10kmのランパートへ。バイクパートでの体力温存がプラスに働いた小田倉選手はランで順位を上げていき、最終ゴールスプリントで1名抜いて自身最高位の9位でゴールしました。   小田倉選手コメント 世界トライアスロンシリーズ横浜は今回で4回目の出場です。毎年ここ横浜大会はバイクまで大集団で展開して、ランニング勝負になることが多いため、今回もその展開を予想しました。バイクでは集団内体力を温存して得意のランに繋げるために、コーナーやUターンでの取り回しとクイックさを優先させてTCRにCADEX 42ホイールシステムを前後に選択しました。計画通り上手く体力を温存出来たため、9位というベストリザルトを残すことが出来ました。 しかし、トップの選手とのタイム差が1分半あるので実力差も痛感しました。今回の経験を生かして次のレースまで準備して、トップとの差を少しでも縮めていきたいと思います。

2022.05.17

RACE

フルーネウェーヘンがツール・ド・ハンガリー第4ステージ優勝!

チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコのディラン・フルーネウェーヘン(Dylan Groenewegen)が、ツール・ド・ハンガリー第4ステージでスプリントを制して優勝し、今シーズン3勝目を挙げました。 最終日前日の第4ステージは、ハンガリー北部の町カジンツバルツィカをスタート・ゴールとし、3級山岳を含む177kmで行われました。レースは4名の逃げ集団をゴール手前25kmで捉えたプロトンによる集団スプリントになり、チームのアシストでスプリントに最適な位置取りができたフルーネウェーヘンが見事な勝利を収めました。 Propel Advanced SL DiscにCADEX WheelSystemを搭載したフルーネウェーヘンがゴール手前200mからスプリントを開始すると、オランダ人のファビオ・ヤコブセン(Fabio Jakobsen)とフランス人のルディ・バルビエ(Rudy Barbier)を引き離し、高速スプリントでフィニッシュしました。 「これまで厳しいシーズンだったから、この勝利はとても重要だ。今シーズン2勝していたけど、その後体調不良と落車が続いていたからね。今日は運が良かったね。そして今日はチーム全員がよくやってくれた。昨日までは集団内で上手く動けなかったけど今日は自由に動けたよ。登りも速かったけど集団に残れたし、最後はチームが上手く前線に導いてくれたんだ」と、フルーネウェーヘンはレースを振り返りました。 Photos: Getty Sport Images

2022.05.16

RACE

世界パラトライアスロンシリーズ横浜に梶選手が参戦

5/14(土)神奈川県横浜市で開催された「ワールドトライアスロン・パラシリーズ 2022」のパラトライアスロンに、GIANTがサポートする梶鉄輝選手(JPF/兵庫)が2年連続で出場しました。 梶選手のPTS5-Mカテゴリーは強い雨が降る中、6時50分にスタート。スイムでは世界の強豪選手に積極的な泳ぎで前半ついていくものの、片手でのスイムで後半遅れて6位でバイクパートへ。GIANT TRINITY ADVANCED PROに乗り濡れてテクニカルなコースを、ミスなく体力を温存して走り切った梶選手は、最終のランパートで全力を尽くして8位でゴールしました。   梶選手コメント パラトライアスロン5年目で初めての雨レースでしたが、悪天候はシクロクロスで慣れているので自分のパターンをいくつも想定してレースへ挑みました。 スイムはスタートから積極的に泳ぎましたが、後半で速いペースを維持出来ず少し遅れました。バイクはなるべくランへ体力を温存するために、速く走ることよりもいつものペースで力を抜いて走りました。そしてランは自己ベストタイムに近いタイムでフィニッシュ。 自分では狙い通りのレースは出来ましたが、海外勢はさらに速かったです。 シーズンまだまだ長いので、ここからトレーニング積んでシーズン後半に結果を出せるようにしていきます。 応援ありがとうございました!

2022.05.09

RACE

イェーツがジロ・デ・イタリアの第2ステージで勝利!

チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコのサイモン・イェーツ(Simon Yates)は、ジロ・デ・イタリアの第2ステージで、彼のキャリアにおいて最高のタイムトライアル(TT)レースを行い優勝しました。この勝利でイェーツは、第1ステージの勝者であるマチュー・ファンデルプールに続く個人総合成績2位に浮上し、ライバル選手らに対して貴重なアドバンテージを得ました。 ジロ・デ・イタリア 第2ステージは、ハンガリーのブダペストで9.2kmの個人タイムトライアルで競いました。今年GIANTとパートナーシップを組み、Trinity Advanced Pro TTバイクと、CADEX WheelSystemでレースに参戦して以来、TTの実力を大きく進歩させていたイェーツ。3月にはパリ~ニースのTTステージで5位入賞を果たし、TTフォームのヒントを得ていた彼は自信を持ってレースに挑みました。 「パートナーのGIANTとCADEXに感謝しているよ。今年はチームで機材にかなり力を入れていて、その成果も出ているしね」と新しいGIANT SURGE PROシューズとRivet TTヘルメットを着用し勝利したイェーツは語りました。 これまでイェーツは、ジロ開幕戦のハンガリーで素晴らしい走りを見せてきました。第2ステージで勝利するためには、初日の勝利で総合首位となったファンデルプールや、元世界チャンピオンでジロ優勝者のトム・デュムランを含むTTスペシャリスト達を上回る走りが必要でした。 「今日は12分の間、力を尽くして戦った。これからもっと厳しいステージが待っている。でももちろん、今日はお祝いするよ。僕がこれまでに勝った2つのタイムトライアルのうちの1つで、グランツールでは初めての勝利だからね。だから今日は楽しむけど、もっと大きな視点が必要だと思う。」 ブダペストで躍進したのはイェーツだけではありません。チームメイトでイタリアTTチャンピオンのマッテオ・ソブレロ(Matteo Sobrero)も4位に入賞し、ベストヤングライダー賞ジャージを獲得しました。 「ジロ・デ・イタリアでの勝利はいつだって素晴らしい。そして今日のサイモンのタイムトライアルは、とてもとても印象的なものだった。ソブレロのタイムトライアルもこれまでで最高のものだったし、今日はチーム全体が非常に良いパフォーマンスを見せたと思う」と、チームのヘッドスポーツディレクターである、マット・ホワイトはコメントしています。 第105回目のジロ・デ・イタリアは、ハンガリーでの3ステージを開催した後、休息日にイタリア・シチリア島へ移動して第4ステージからイタリアを北上していきます。第3ステージはバラトン湖付近のゴールまでほぼ平坦なコースで、スプリンターが活躍する1日となりそうです。 Photos: Cor Vos

2022.04.12

RACE

グローブスがツアー・オブ・ターキー2日目で勝利、総合首位を獲得!

ツアー・オブ・ターキーの第2ステージで、チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコのケイデン・グローブス(Kaden Groves)がゴールスプリントを制して優勝し、総合首位のリーダージャージを獲得しました。 Cor Vos photo 先月のツアー・オブ・カタルーニャでワールドツアー初優勝を挙げた23歳のグローブスは、その勢いをキープしてツアー・オブ・ターキーに臨みました。スプリントステージでの勝利を目標とするチーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコは、第1ステージで3位入賞を果たした後、第2ステージでグローブスがCADEX WheelSystemを搭載したPropel Advanced SL Discに乗り勝利して、目標を達成しました。 グローブスは、「信じられないよ。今シーズン2勝目をあげられてとても嬉しいし、最高の仕事をしてくれたチームには感謝してもしきれないほどだ」と語っています。 セルチュクからアラカティまでの156kmの第2ステージでは、序盤に8名の選手が集団を形成しメイン集団に最大約2分半のリードを築きました。レース後半になると、スプリンター選手達が主導権を握るようになりリードは縮まり始めます。 「残り4kmのところで大通りを抜けるまで、ずっと待っていたんだ。みんなが自分の役割と、どこに連れて行くべきか分かっていて、最後はとても教科書通りだったよ」とグローブスは言います。 Cor Vos photo この勝利で、2位のヤスパー・フィリプセン(Jasper Philipsen)に2秒の差をつけ、グローブスは総合首位に立ちました。第1ステージ優勝のカレブ・ユアン(Caleb Ewan)は、4秒差で総合3位につけています。

2022.03.30

RACE

MTBオセアニア選手権U23でライトが優勝!

GIANT FACTORY OFF-ROAD TEAMのキャメロン・ライト(Cameron Wright)は、オーストラリアのナランで開催されたオセアニア選手権XCO U23男子クラスで勝利し、2月に獲得したXCOとショートトラックの国内選手権に続く、大きなタイトルを手に入れました。 Dylan Provan photo ライトにとって、オセアニア選手権は今年の大きな目標の1つでした。「オセアニア地域のすべての国から選手が集まってタイトルを争うこの大会は、オーストラリア選手権よりレベルが一段上です。ブリスベンの洪水によって会場が地元のマウント・クロスビーから、ゴールドコーストのナランに変更になってしまったけど、2018年にナランで開催されたレースでは、コースの相性がとても良かったので、この変更には動揺しませんでした」と彼は言います。 ライトは新型Anthem Advanced Pro 29に乗り好スタートを決めると、ライバルを引き離してトップでゴールしました。 Taylor Charlton photo 「スタートは成功して先頭パックで他の選手と協力しながら走り、最終ラップでアタックするまでエネルギーを溜めていました。お気に入りの新型Anthem Advanced Pro 29で後続を引き離してゴールできたのは、とても気分がいいです。まだ3月なのに、今シーズンこれまでの自分のパフォーマンスにとても興奮しています。」

2022.03.25

RACE

GIANT FACTORY OFF-ROAD TEAM 2022年の体制を発表!

2022年UCIマウンテンバイクワールドカップシリーズが今週フランスで開幕するのに伴い、GIANT FACTORY OFF-ROAD TEAMは今シーズンの体制を発表しました。5ヶ国12名からなるチームメンバーがXC、ダウンヒル、エンデューロ、グラベル、E-bikeと幅広いカテゴリに参加します。 「ライダー、スタッフ、パートナー企業が、すべての種目で最高レベルの走りをすることを約束して新シーズンに臨みます。UCIワールドカップ、EWS/EWS-E、XCマラソン、グラベルレースまで、あらゆるダートレースで表彰台を目指します」とGIANTのグローバルマーケティングディレクターであるアン・リーは語っています。 ワールドカップ出場選手やナショナルチャンピオン、ベテランから期待の新人まで、強力なメンバーを擁するチームは、シーズン序盤のレースでの勝利や表彰台、ナショナルチャンピオンシップでの優勝など、勢いに乗ってすでに順調なスタートを切っています。 キャメロン・ライト(Cameron Wright)とジョシュ・カールソン(Josh Carlson)は、今年初めのオーストラリア選手権で複数のタイトルを獲得しました。ライトは、アンダー23のXCとショートトラック競技で金メダルを獲得し、カールソンはE-バイク競技のE-XCでタイトルを獲得しました。またカールソンは、オーストラリアで2度のE-エンデューロ ナショナルチャンピオンの座を獲得しました。 「昨年はチームの絆と発展を本当に強く感じ、このポジティブな勢いのまま2022年のシーズンが始まることにワクワクしているよ。皆エネルギッシュだし、Cuoreの新しいチームキットも、我々の雰囲気に合っていて最高さ」とGIANT FACTORY OFF-ROAD TEAMのマネージャーであるセバスチャン・ボイトンは語っています。 2022 Giant Factory Off-Road Team Josh Berry (USA), Gravel【ジョシュ・ベリー(アメリカ)、グラベル】Josh Carlson (AUS), E-bike【ジョシュ・カールソン、オーストラリア、E-MTB】Stephan Davoust (USA), Gravel/XC 【ステファン・ダブースト、アメリカ、クロスカントリー】Carl Decker (USA), Gravel/XC【カール・デッカー、アメリカ、グラベル/クロスカントリー】Youn Deniaud (FRA), Enduro【ユン・デニアー、フランス、エンデューロ】Reto Indergand (SUI), XC【レト・インデルガンド、スイス、クロスカントリー】Antoine Philipp (FRA), XC【アントワーヌ・フィリップ、フランス、クロスカントリー】Matthew Sterling (USA), DH/Slalom【マット・スターリング、アメリカ、ダウンヒル/スラローム】Rémi Thirion (FRA), DH【レミ・シリオン、フランス、ダウンヒル】Cameron Wright (AUS), XC【キャメロン・ライト、オーストラリア、クロスカントリー】Mckay Vezina (CAN), Enduro【マッケイ・ヴェジーナ、カナダ、エンデューロ】Luke Vrouwenvelder (USA), XC【ルーク・ヴルーウェンベルダー、アメリカ、クロスカントリー】 2022 Giant Factory Off-Road Team sponsors Suspension forks/shocks: FOXWheels: GiantTires: MaxxisPedals: HTDrivetrain & Brakes: ShimanoBar/Stem: PROSaddle: GiantSeatpost: FOX dropper and PRO seatposts Grips: ODIChain guides: MRPTire insert: CushCoreCycling shoes: GiantRace kits: CuoreCycling eyewear: 100%Helmet: Giant & 100% (full-face)Protection: 100%Gloves: 100%Other: Honey Stinger nutrition, Park Tool, Finish Line lube and cleaning products, Stan’s tire sealant, GoPro cameras, Thule gear   ダウンヒル/エンデューロ レミ・シリオン(Rémi Thirion)は今年も、ワールドカップ・ダウンヒルチームのリーダーとしてチームに参加します。GIANT FACTORY OFF-ROAD TEAMでの初年度となった2021年、フランス出身31歳のシリオンは、トップ10入りを3回果たし、エリート男子DHワールドカップランキングで総合11位となりました。 「チームでの初年度はいくつか見せ場をつくれたから、今年はさらに増やしていくのが楽しみです。そして、世界最高のダウンヒルレーサーと常に競争して、ワールドカップでの表彰台が目標です」とシリオンは語っています。 ダウンヒルチームにはマット・スターリング(Matt Sterling)も引き続き参加します。20歳の彼は、2019年のジュニア男子DHアメリカチャンピオンで、昨年は大学全米チャンピオンに輝きました。 シリオンとスターリングは、FOXサスペンションを搭載したGlory Advanced DHバイクでレースに出場しています。両者はGIANTの製品開発者やチームの技術スタッフと密接に連携し、次世代DHバイクやギアの開発・テストに取り組んでいます。 エンデューロチームは、EWSでいくつかのステージ優勝を果たすなど、2021年シーズンに好調だったユン・デニアー(Youn Deniaud)が率いていきます。 フランス出身のデニアーは常に高い成績を収め、EWSの総合ランキング14位でシーズンを終えました。 デニアーと一緒にエンデューロに参戦するのは、カナダのマッケイ・ヴェジーナ(Mckay Vezina)です。 26歳の彼は、2019年に北米大陸エンデューロシリーズで優勝し、昨年はEWSのすべてのレースに参戦しました。ヴェジーナは先月、カリフォルニアのエンデューロレースで優勝し、2022年シーズンの幕を開けました。 デニアーとヴェジーナは、FOXサスペンションをセットアップしたReign Advanced Pro 29と、一部のイベントではより短いトラベルのTrance X Advanced Pro 29を使用する予定です。 エンデューロチームを締めくくるのは、主にE-MTBレースに参戦しているベテランのジョシュ・カールソンです。 オーストラリアで過去2回(2020年、2021年)のE-エンデューロ国内選手権で優勝しており、今年はEWSのE-MTBカテゴリに照準を合わせています。カールソンは主にReign E+ Proでレースに出場し、特定のイベントではTrance X E+ Pro 29も使用します。   クロスカントリー スイスのレト・インデルガンド(Reto Indergand)とフランスのアントワーヌ・フィリップ(Antoine Philipp)は男子ワールドカップXCレースの代表選手であり、最近U23オーストラリアチャンピオンとなったキャメロン・ライトは、U23カテゴリで戦います。 スイスバイクカップシリーズで2度優勝(2016年、2017年)しているインデルガンドは、国際的で豊富な経験をチームにもたらします。 彼の2022年シーズンは、トルコのカラブルMTBカップで優勝、スイス・カップ・シリーズの開幕戦で表彰台に上るなど、すでに好調な滑り出しを見せています。 24歳のアントワーヌ・フィリップ(Antoine Philipp)は、ナショナルレベルでいくつかの表彰台を獲得し、いくつかのワールドカップや2021年MTB世界選手権でトップ20入りを果たした、エリートランクでの力強いデビューシーズンを終えています。 22歳のライトは、2022年のオーストラリア選手権のU23カテゴリでXCとショートトラックの両種目で優勝し、その勢いをこの後も保ち続けようとしています。 XCワールドカップの3選手に加え、アメリカ在住のステファン・ダブースト(Stephan Davoust)とルーク・ヴルーウェンベルダー(Luke Vrouwenvelder)が、チームの代表として北米のXC大会に出場します。ダブーストは2021年シーズン、MTBマラソン全米選手権で優勝、XCとショートトラックの全米選手権で銀メダルを獲得するなど、堅実な成績を収めました。 大学選手権で6回優勝しているヴルーウェンベルダーは、チームでの最初のシーズンとなった昨年、大ブレイクを果たしました。MTBマラソン全米選手権で銀メダル、XC全米選手権で銅メダルを獲得しました。 クロスカントリー選手は、XTC Advanced SL 29ハードテイルXCバイクと、新型のAnthem Advanced Pro 29フルサスペンションXCバイクをメインに競技に臨みます。   グラベル 今年のGIANT FACTORY OFF-ROAD TEAMは、ジョシュ・ベリー(Josh Berry)とカール・デッカー(Carl Decker)が、グラベル競技に参戦します。ベリーは、レベッカズ プライベートアイダホやベルギー ワッフル ライドなどのグラベルレースで優勝経験があり、アンバウンド グラベルでは表彰台に上ったこともある選手です。 デッカーは、アメリカ開催の耐久イベント、ロスト シエラ トリプル クラウンで3度の優勝を果たしています。 アメリカを拠点とするこのライダーたちは、同じくエンデュランスレーサーのダブーストとともに、ライフタイム グランプリシリーズを含む北米の主要なグラベルイベントをターゲットとしています。3名ともCADEX WheelSystemsを搭載したRevolt Advanced Proで参戦しています。   チームパートナー FOXサスペンション、Maxxisタイヤ、Shimanoドライブトレイン/ブレーキコンポーネント、MRPチェーンガイド、HTペダル、PROコックピットコンポーネントなど、2021年からのパートナーシップの殆どを継続しています。その他のコンポーネントやギアには、GIANT WheelSystems、サドル、ドロッパーシートポスト、さらクラッチツールシステムなどのアクセサリーが含まれます。 アパレル面においては、クロスカントリー、グラベル、グラビティレーサー向けのレースキットを供給するCuoreとのパートナーシップを継続しています。 また、次世代のパフォーマンスアパレルの開発とテストを行うために、Cuoreとの強固な協力関係を続けています。100%は再び、フルフェイスヘルメット、ボディプロテクション、アイウェア、グローブを供給し、GIANTはRAIL SX、REV PRO、PURSUITを含む、XCおよびグラベル用のヘルメット、さらにCHARGE PRO XCシューズ、LINEトレイル/エンデューロシューズ、SHUTTLE DHシューズを含む、フットウェアを供給しています。   GIANT FACTRY OFF-ROAD TEAMの最新情報は、InstagramとFacebookからご覧になれます。

2022.03.23

RACE

グローブスがボルタ・ア・カタルーニャ第2ステージで勝利し、チームに2連勝をもたらす!

ペルピニャンで行われた ボルタ・ア・カタルーニャ 第2ステージでケイデン・グローブス(Kaden Groves)がスプリントを決めて優勝し、チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコは2日連続で勝利を収めました。 23歳のグローブスは 、第1ステージ勝者のマイケル・マシューズ(Michael Matthews)のリードアウトによってスプリントを制して、チームに二日連続の勝利をもたらしました。2021年のオーストラリア クリテリウム チャンピオンでもあるグローブスは、Propel Advanced SL Discを駆り、ドイツのフィル・バウハウス(Phil Bauhaus)を抑え、これまでで最大の勝利を手に入れました。 「長い間この時を待っていた。とても素晴らしい気分です」と、優勝したグローブスは語りました。「このステージが好きで、勝利を得るためにこのステージを選びました。勝てたことが、まだ信じられないです。」 横風にさらされた厳しい1日を乗り切った約30人の先頭集団の中で、グローブスは最速でゴールしました。レスカラをスタートし、地中海沿岸のフランス領カタルーニャの州都であるペルピニャンまでの202kmの戦いで、プロトンはエシュロンに分かれました。 「かなり厳しい戦いでした」とグローブスは言います。「マイケルと僕が先頭を走り、周りにはモビスターやユンボなど強力なチームもたくさんいたんです。彼らは一日中、先頭の良いポジションで素晴らしい仕事をしてくれました。逃げ集団が近くにいることを確認してスプリント勝負になるようにできましたし、横風の前にポジションにつきました。」 先頭グループでゴールしたマシューズは、レースリーダーでノルウェー出身のヨナス・ヴィデバーグ(Jonas Hvideberg)に1秒差の、総合2位でこの日を終えました。ピレネー山脈に入る第3ステージでは、カテゴリー1の上りが3つあるため総合順位が大きく変動すると予想されています。 Photo: Cor Vos

2022.03.22

RACE

マシューズがボルタ・ア・カタルーニャ第1ステージを制す!

マイケル・マシューズ(Michael Matthews)は、スペインで開催されたボルタ・ア・カタルーニャのオープニングステージでスプリントを決め、チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコでの今シーズン初優勝を飾りました。 Getty Sport Images サン・フェリウ・デ・ギホルスをスタート・ゴールとする1週間のステージレースで、初日を制したマシューズはリーダージャージを手に入れました。2日前のミラノ~サンレモで惜しくも表彰台こそ逃したマシューズでしたが、CADEX WheelSystemを搭載した新しいチームバイクTCR Advanced SL Discで1年以上ぶりに勝利して、絶好調であることを証明しました。 ジロ・デ・イタリアを目指す選手たちの登竜門となるこの大会の開幕ステージでは、短くパンチの効いた登りと上り坂でのフィニッシュがライダーを待ち受けます。横風と雨によって、より困難なコースとなりましたがマシューズのモチベーションは高く、チームも彼を勝利に導きました。2019年のボルタで同ステージを制した経験を持つ彼は、このフィニッシュを知り尽くしていました。 Cor Vos photo 「長い間勝利から遠ざかっていたので、よく知っているフィニッシュに戻ってきて再び勝利できたことは、とても意味のあること」と、マシューズは語りました。「厳しいレースで、ゴールまで上り坂のスプリントとなるこのコースは、自分に合っているんだ。」 レースは今週引き続き開催され、日曜日にバルセロナでゴールします。 「本当に素晴らしいチームだよ」とマシューズは言います。「今日のようなフィニッシュのために僕がいるし、平坦スプリントのためにはケイデン・グローブス、個人総合狙いや山岳ステージのためにサイモン・イェーツがいる。だから、すべてのステージをカバーできるし、これまでで最高の形でスタートできたと思う。」 Getty Sport Images

2022.03.14

RACE

パリ〜ニース最終日、イェーツが独走勝利!

チーム・バイクエクスチェンジ・ジェイコのサイモン・イェーツ(Simon Yates)は、パリ~ニースの最終ステージで見事な独走優勝を飾りました。 チームリーダーのイェーツは最終ステージで決定的な攻撃を仕掛け、ユンボ・ヴィスマのプリモシュ・ログリッチとワウト・ファンアールトを抑えて優勝し、8日間のワールドツアーレースで総合2位を獲得しました。 フランスで1週間を通して最高のパフォーマンスを見せたイギリス人のイェーツは、重要な第4ステージのタイムトライアルでGIANT Trinity Advanced Pro TTバイクを使用して5位に入り、山岳ステージではトップクライマーの一人に躍り出ました。 CADEX WheelSystemを搭載したGIANT TCR Advanced SLを駆り第7ステージのコル・ド・チュリーニで3位に入ったイェーツは、ニースでの日曜日の最終ステージで勝利を飾りました。 最終ステージは、急勾配の登り坂と冷たい雨のコンディションで、ライダーたちに試練を与えました。イェーツは、116kmのレースの中、5つの登り坂でトップ集団から離れずに忍耐力を証明しました。そして最後の登りであるコル・デズで勝負に出たのです。 「登り始めは、ナイロ・キンタナがペースをつくっていた」と、GIANT REV PROヘルメットを着用しステージ優勝したイェーツは語りました。「彼は本当に強いテンポで走っていて、僕はステージ優勝のことだけを考えていた。アドバンテージを得る自信はなかったが、やってみなければ分からないので、やってみた。実を言えば、戦術はなかったんだ。」 イェーツはレースリーダーのログリッチから47秒のビハインドでスタートしました。上りで25秒のアドバンテージを得ましたが、フィニッシュへの最後の下りでユンボ・ヴィスマの2選手に厳しい状況を強いられます。 「総合優勝は常に頭の片隅にあるけれど、ダウンヒルでは自分はあまり体が大きくないので、タイムロスすることは分かっていたし、後ろの2人を考えると、難しい戦いになることはわかっていた」と、イェーツは語ります。「天気の状況も良くなかったけれど、過去にこの場所で雨の経験があったので、準備はできていたよ。」 イェーツはパリ・ニースで4度目のステージ優勝を果たし、2度目の個人総合表彰台を獲得しました。「これで総合2位を2回獲得したことになり、とても嬉しいよ。いつかまた戻ってきて優勝を狙うかもしれないけど、今回の結果には満足している。」 このステージ優勝は、イェーツの今シーズン最大の目標である5月のジロ・デ・イタリアに向けて、彼の自信に繋がりました。 Photo: Cor Vos

1 2 3 4 5 6 13