• Instagram
  • You Tube
  • Facebook
モデル名で選ぶ
ジャンルで選ぶ

RIDERS > シマノレーシング

シマノレーシング

1973年発足の自転車ロードレースチーム。時代と共に活動を変化させながら、日本の自転車競技シーンをリードしてきた伝統のチーム。ロードレース選手の育成を行い、オリンピック、UCIプロツアーなど海外の主要レースにおいて上位で活躍できるレベルまで速やかに育成することを目指します。

入部 正太朗

1989年8月1日生まれ

169cm・59kg

出身地:奈良県

TCR / PROPEL フレームサイズ:XS

TRINITY フレームサイズ:XS

横山 航太

1995年8月20日生まれ

167cm・57kg

出身地:長野県

TCR / PROPEL フレームサイズ:XS

TRINITY フレームサイズ:XS

中井 唯晶

1996年12月12日生まれ

178cm・62kg

出身地:滋賀県

TCR / PROPEL フレームサイズ:M

TRINITY フレームサイズ:S

風間 翔眞

1996年5月22日生まれ

165cm・61kg

出身地:福島県

TCR / PROPEL フレームサイズ:XS

TRINITY フレームサイズ:XS

石原 悠希

1997年4月5日生まれ

171cm・62kg

出身地:栃木県

TCR / PROPEL フレームサイズ:S

TRINITY フレームサイズ:XS

井上 文成

1997年8月20日生まれ

169cm・57kg

出身地:長崎県

TCR / PROPEL フレームサイズ:S

TRINITY フレームサイズ:S

佐藤 宇志

1999年12月9日生まれ

160cm・51kg

出身地:長野県

TCR / PROPEL フレームサイズ:XS

TRINITY フレームサイズ:XS

香山 飛龍

2000年7月21日生まれ

170cm・57kg

出身地:神奈川県

TCR / PROPEL フレームサイズ:XS

TRINITY フレームサイズ:XS

天野 壮悠

2001年4月6日生まれ

168cm・58kg

出身地:大阪府

TCR / PROPEL フレームサイズ:XS

TRINITY フレームサイズ:XS

寺田 吉騎

2002年1月23日生まれ

172cm・70kg

出身地:静岡県

TCR / PROPEL フレームサイズ:S

TRINITY フレームサイズ:XS

TCR ADVANCED SL DISC

TCR ADVANCED SL DISC

ディスクブレーキ専用設計によるバランスの良さが第一印象です。前作と比べて空力性能が上がっているのにフレームが軽くなったことで、特殊なパーツを使うことなくUCIの規程重量+αに収まるところも良いです。あと、前作で気になっていたハブ周辺の硬さがディスク専用設計によって好印象になりレース後半まで力が残せそうです。自分は10年ほどTCRに乗り続けていますが、新型TCRは剛性をバランスよく上げながらも不快な振動を抑えた快適なバイクだと思います。(横山航太選手)

PROPEL ADVANCED SL

PROPEL ADVANCED SL DISC

前世代のPROPELは推進力が長所でスプリントに長けていましたが、重量面で少し課題があったのが正直なところで、上りで僅からながら不安がありました。 新型PROPELはその僅かな弱点がなくなって、軽量でかつ推進力があるフレームになりました。特にダンシングの振りが軽くて非常にスムーズに進むバイクです。 既に世界のトップ選手が使用して数々の勝利を量産している新型PROPELで、今シーズンレースを戦えるのがとても楽しみです。(入部正太郎選手)

前世代のPROPELと比較して暴れん坊感は無くなり、乗り味はいい意味でマイルドになりました。前世代では踏んだ分、「グングン」進む感じでしたが、新型では踏んだパワーをなめらかに推進力に変えてくれる感覚です。横剛性もマイルドになり、ダンシング時にフレームがきれいにしなって進んでいくのが好印象です。(中井唯晶選手)

TRINITY ADVANCED PRO

TRINITY ADVANCED PRO

空力性能が高く、特に正面からの空気抵抗が圧倒的に低く優れています。加えてハンドリングの良さとスピード維持のしやすさ、ブレーキ性能のバランスがとても良いため、テクニカルなコースでもスムーズに走ることができます。165cmと高くない身長の僕でも、ハンドル周りを細かくセッティングできることのもTRINITYならではの魅力です。(風間翔眞選手)