• Instagram
  • You Tube
  • Facebook
モデル名で選ぶ
ジャンルで選ぶ

FLIP CHIPは、ライダーの乗る場所や乗り方に合わせて簡単にジオメトリの調整が可能なシステム。
ロッカーアーム上部にある偏心ハードウェアを入れ替えることで、ヘッドチューブとシートチューブ角、ボトムブラケット(BB)高の変更が可能です。

2パターンのポジション

ハードウェアの向きにより、HIGHとLOWの2ポジションから選択可能です。
 

1. HIGH POSITION

FLIP CHIPが高い位置にある場合、ヘッドチューブとシートチューブ角は0.7°急になり、BBは10mm高くなります。

2. LOW POSITION

FLIP CHIPが低い位置にある場合、ヘッドチューブとシートチューブ角は0.7°緩くなり、BBは10mm低くなります。

ポジションによるライディングの違い

HIGH POSITION

ヘッドチューブの角度が急なほどハンドリングが機敏になり、シートチューブの角度が急なほどライダーはよりアグレッシブなクライミングに適したポジションになります。また、BBが高いほど地上とのペダルクリアランスが増え、岩の多いより荒れた路面での走破性が向上。高いBB位置は、低速でタイトかつテクニカルなトレイルで推奨されるセッティングです。

LOW POSITION

ヘッドチューブの角度を緩めると、前輪がより前方に配置され高速でもバイクが安定し、急勾配な下りでの信頼性が高くなります。BB位置が低いと、バイクとライダーの重心が低くなり高速での安定性がさらに向上。低いBB位置は、より高速でオープンなトレイルに最適なセッティングです。