• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

マシューズがツール・ド・ロマンディ2018プロローグで勝利!2018.04.25

チーム・サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)は、ワールドツアーレースのツール・ド・ロマンディのプロローグステージで優勝しました。

Tour de Romandie 2018 Prologue

マシューズは今春、肩を負傷しましたが、この数週間のアムステルゴールドレースとフレッシュ・ワロンヌでレースに戻りました。
慎重な準備の後、彼はスイスのフリブールを通る4kmのツール・ド・ロマンディのプロローグをTRINITY ADVANCED PRO TTバイクとRIVET TTヘルメットを着用し激走。テクニカルなコースを駆け抜け、2位に入ったトム・ボーリ(スイス、BMCレーシング)に1秒の差をつけて勝利しました。

「シーズン開始までは、肩の状態は難しく不安定だったが、今は調子が上がってきていると感じているよ。週明けにもどのくらい調子が戻るかわからなかったが、ベストを尽くして勝つことができたので本当にうれしい」とマシューズは語っています。

matthews_romandie_2

今シーズン、チームはGIANTの次世代ホイールシステムを実戦テストしています。プロローグで、プロトタイプのディスクホイールをリアに使用したマシューズは、ホイールのアドバンテージを得て、今シーズン初優勝を獲得しました。

「今日はとても美しいコースだったし、楽しみながら走れたよ。特に、このような短距離のタイムトライアルは自分の力を発揮できるから、本当に楽しいんだ。今夜はこの勝利を味わって、明日からまたレースに集中するよ」

matthews_romandie_3

「マシューズはよく準備して、プロローグを完璧にこなしてくれた。 チームは、科学的専門家の偵察と分析の結果を基に、コースの攻略方法を具体的かつ確実に計画することができた。マシューズはテクニカルなコーナーによく対応できて登りも強かったから、今日勝利することは確信していたよ」
とコーチのトム・フェーレルスは語っています。

計6日間で争うツール・ド・ロマンディは、この後、フリブールからドレモンまで166kmの第1ステージから、4月29日(日)の最終第5ステージまで続きます。


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS