• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

CX世界選手権でニューエンハイスが銀メダル獲得2018.02.06

2/4(日)にオランダ・アルデンヌ地方のファルケンブルフで開催された「2018シクロクロス世界選手権」男子U23クラスで、昨年度の世界チャンピオンでもあるチーム・サンウェブのヨリス・ニューエンハイス(オランダ)は、優勝したエリ・イゼルビッド(ベルギー)に続いて2位でレースを終えました。

WK wielrennen in Valkenburg beloften

地元オランダで連覇を逃したニューエンハイスは、レース後以下のようにコメントしました。
「こんなに悔しいレースは初めてだよ。難しいコースだったけど力は出し尽くした。でも、アルカンシェル(世界チャンピオンジャージ)を失うのは辛いね。難しいシーズンの最後を2位で終われたことは満足しないとね」

WK wielrennen in Valkenburg beloften

ニューエンハイスは、今シーズン怪我に苦しみシーズン後半はリハビリに追われることになりました。ワールドカップを数レースキャンセルしたものの、昨年末のオランダ選手権では見事二連覇を達成しました。

WK wielrennen in Valkenburg beloften

チーム・サンウェブコーチのヘルマン・スノーイインクは、レース後以下のようにコメントしました。
「本当にタフなレースだった。良いスタートを切ったニューエンハイスは、途中までトップを走っていたけど、転倒とシューズのトラブルで1位のイゼルビッドに差をつけられてしまった。しかし、最後まで素晴しい走りで銀メダルを獲得できたのは良かったよ」


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS