• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

ULTIMATE SPEED

Introducing the all-new Propel Disc Range

Ultimate Speed.

「重量・剛性・ハンドリングのすべてにおいて一切妥協することなく、レースに勝てるエアロロードバイクを作ること」。
新型PROPEL DISCの開発目標は非常にクリアでした。
開発チームも、空力の専門家も、プロレーサーも、空力性能の向上は当然として、さらにそれ以上の革新を求めていました。そこで我々ジャイアントは、空力性能に加え、効率性とコントロール性をさらに高めるエアロロード、すなわち、バイク全体の流れに溶け込むディスクブレーキを備え、軽量かつ高剛性で、これまで以上のエアロ効果をもたらすマシンを目標に開発を始めました。チューブ形状をいちから徹底的に見直し、何百回ものCFD(数値流体力学)と、動的マネキンを使用した革新的な風洞実験に3年を費やすことになりましたが、その成果は完成した最終形のバイクが雄弁に物語っています。
新しいPROPEL DISCシリーズは、「総合的なエアロダイナミクス」、「トータル・コントロール」、「卓越した効率性」という3つのキーポイントで、「ULTIMATE SPEED:究極のスピード」を実現。以下、その3要素を詳説します。

Integrated Aerodynamics

総合的なエアロダイナミクス

新しいプロペルの開発コンセプトは「AeroSystem Shaping Technology」。バイクを「フレームとコンポーネントとを組み合わせたもの」としてではなく、ひとつのまとまったシステムとしてとらえる考え方です。
ジャイアントは、様々な翼断面形状、チューブ結合部の形状、ホイール、コンポーネントの組み合わせを、300回以上におよぶコンピュータ解析と風洞実験によって分析。風洞実験については、初代PROPELの開発から引き続き、フランスの風洞実験施設ACE(Aero Concept Engineering)で、動的マネキンを使ってより実走に近いコンディションを再現して実施しました。
その結果、楕円の後端を切り取ったエアロ断面形状をチューブに採用することで、様々な風の角度での空気抵抗軽減に成功。ケーブル類をステム背面に沿わせてカバーで覆う新採用の「Contact SLR/SL Aero Handlebar/stem」は、コックピットのエアロダイナミクスとクリーンな外観を両立。
また、安定性を犠牲せずに横風への空気抵抗を低減する、理想的なホイールの組み合わせについても検証。リアホイールには風洞実験でのエアロ効果が高かった65mmハイトを、リアより横風の影響を受けやすいフロントホイールは42 mmハイトとすることで、フロントへの横風の影響を抑えながらバイクトータルでのエアロ性能を向上させています。

Total Control

トータルコントロール

新型PROPEL DISCは、空力のみならず、バイクトータルでの高いコントロール性能も追求しています。
まず、ディスクブレーキの採用は、様々なレースで過酷な条件に立ち向かうプロチームの「安定したブレーキ性能への強い要望」に応じるかたちで検討のテーブルにのりました。そして、ブレーキ性能とエアロ性能の双方を追求する過程で、ディスクブレーキ専用に設計を行えば、リムブレーキ仕様よりも空気抵抗を低減できることが明らかになりました。
リムブレーキの場合はフォーククラウンの前後どちらに取り付けても空気の乱流を生じますが、ディスクブレーキ専用仕様はフォーククラウン周辺にフレーム以外の余計なものがないので空気の流れはスムースです。一方、ディスクブレーキキャリパーの周辺は、先行するタイヤとホイール、スポークによって空気がすでにかき回されているため、ディスクブレーキキャリパー付きでも無しでも、空気抵抗に大きな差異はありません。さらに、非対称のフォークレッグによるキャリパー周辺の空気の「抜け」の良さも空気抵抗低減に貢献しています。また、42mmハイトのフロントホイールもハンドリングへの悪影響を抑え、バイクトータルでのコントロール性向上に貢献しています。
これらの結果、PROPEL DISCは、より速く、風を切り裂いて加速できる上、抜群に高精度なコーナリングなど、あらゆるレースコンディションでより良いハンドリングを実現します。

Unrivaled EFFICIENCY

卓越した効率性

ロードバイクの効率をはかる基準となる「重量/剛性比」。
新型PROPEL DISCは、軽量化しながら剛性を高めることに成功し、より効率性の高いバイクとなりました。軽い車体は爆発的な加速を、より高い剛性はパワー伝達性を高め、ライダーはより少ない力で高速を維持することができます。
新型PROPEL ADVANCED SL DISCフレームセットは、主要な競合他社の同クラスのフレームセットよりも軽く、フレームとフォークを合わせた全体剛性も高いことが、客観的なテストデータとして示されています。
結果として、重量剛性比に優れる新型PROPEL ADVANCED SL DISCは「クラス最強の効率性」を獲得したと言えます。

PROPEL ADVANCED SL DISC

PROPEL ADVANCED PRO DISC