• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

EVENT

イベント出展レポート:シクロクロス東京20182018.02.23

GIANTは2月10日(土)・2月11日(日)、東京都お台場海浜公園にて開催された「シクロクロス東京2017」に出展いたしました。
ブースで2018モデルシクロクロスバイクの試乗対応に加え、GIANT TCXおよびLiv BRAVAオーナー様を対象とした軽量選手権も開催しました。両日とも好天に恵まれたお台場海浜公園には、全国から沢山のシクロクロッサーが集結し、GIANTブースにも多くの方にお越しいただきました。

LightWeightBattle_Top1

イベント初日にブースで開催した「マイ TCX / Brava 軽量選手権」には、計16名のオーナー様にご参加いただきました。

LightWeightBattle

LightWeightBattle_1 LightWeightBattle_2 

LightWeightBattle_3 LightWeightBattle_4 

LightWeightBattle_5 LightWeightBattle_6 

LightWeightBattle_7 LightWeightBattle_8 

LightWeightBattle_9 LightWeightBattle_10 

LightWeightBattle_11 LightWeightBattle_12 

LightWeightBattle_13 LightWeightBattle_14

TCXの部では、C3クラス参戦のY様が 2018 TCX ADVANCED PRO 1(改)で7.88kgを記録して優勝!
Liv BRAVAの部では、翌日のエンデューロに参加のYさまがこの選手権のために来場され、BRAVA SLR(改)で8.8kgを記録して優勝!
カンチブレーキの部では、C1クラスのN様がMLサイズのTCX ADVANCED SLで本日の最軽量7.70kgを記録して特別賞を獲得しました。

LightWeightBattle_Award1

TCX部門優勝のY様から軽量バイクのポイントをコメントいただきました。
「ポイントはこだわって組んだホイール。ENVEのリムにCHIRIS KINGのハブを組み合わせ、スポークにはSAPIM CX-RAYをチョイス。タイヤにはデュガスを組み合わせました。以前乗っていたアルミ製CXバイクと比較して軽量なことに加え、トップチューブが細いので担ぎやすく、体力を温存できるようになりました。TCXに乗り換えて、1月の千葉CXでC4からC3に昇格。このCX東京でも今期のベストリザルトを残すことができました。とてもお気に入りの1台です!」

LightWeightBattle_Award2

Liv BRAVA部門優勝のY様からは、
「武田和佳選手(Liv)と同じバイクに乗りたいと思い、BRAVA SLRを購入しました。BRAVAは乗りやすくて特にコーナーが曲がりやすいです。和佳選手と同じ油圧ディスクブレーキやシマノDi2コンポーネントも使いやすくてお気に入りです。レースだけではなくカフェライドにも使える、おしゃれなカラーリングも魅力の1台です!」

LightWeightBattle_15

番外編で、明日のエリートクラスに参戦するTEAM GIANTの門田基志選手のTCX ADVANCED PROチーム仕様を計測したところ、MLサイズのフロントダブルギア仕様で7.80kgでした。
門田選手からは、「今シーズンから使用しているGIANTの新型チューブラーホイール CXR 0 が軽いだけではなく高性能なので最高です!」とのコメントをいただきました。

大会発表の動員数1万1000人となった二日目2月11日(日)、午前中に開催されたキッズカテゴリーレースでは、TCX ESPOIRに乗った多くのライダー達が元気いっぱいな走りを見せてくれました。

CK-Race1 CK-Race2

CK-Race3 CK-Race14

メインとなる最終レース「男子エリート」は、国内トップの32名のみが出走できるひのき舞台。このレースにはGIANT TCXに乗る3名のライダーが参戦。TEAM GIANTの門田基志選手は、得意の砂コースで前半一時4位まで上がる好走を見せ、最終的に7位でゴール。特に長い砂セクションでのパワフルかつスムースな走りは、観客からもどよめきが起こったほどでした。機材サポートの合田正之選手(Cycle club 3UP)と、GIANT JAPANスタッフの斎藤朋寛選手(RIDELIFE GIANT)は終始位置を前後しながらTCX列車で走行し、11位と12位となりました。

CX_TOKYO_Kadota-1

CX_TOKYO_Kadota-2

CX_TOKYO_Goda-Saito

試乗車の貸出は両日ともに大盛況で、多くの方に本格試乗コースでシクロクロスバイクを思う存分お試しいただきました。

二日間天気に恵まれ、合計2万人の動員となったシクロクロス東京は、2020年オリンピックのため翌年以降の開催は一旦お休みとなりますが、オリンピック以降にまた戻ってきて欲しいと思います。ご来場の皆様、レース参加者の皆様、二日間ありがとうございました!


▲ページの先頭へ戻る