• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

チーム・サンウェブの3ライダーがナショナルチャンピオン獲得!2017.06.27

6/24(土)-25(日)の2日間、ナショナル選手権タイムトライアル(TT)およびロードレースが世界各国で開催され、チーム・サンウェブの3名のライダーがナショナルチャンピオンジャージを獲得しました。
オランダ選手権では、デュムランがTTを、シンケルダムがロードレースを制して、チームで2冠を達成しました。

NK wielrennen Montferland - Mannen

ジロ・デ・イタリア2017を制したトム・デュムランがオランダ選手権TTを制した後、オーストリア選手権でもゲオルグ・プライドラーがTTを制してナショナルチャンピオンジャージに袖を通しました。
デュムランはジロ閉幕後のリカバリー期間を経て、TRINITY ADVANCED PROと共に自身3度目のチャンピオンタイトル獲得を達成しています。

レース後、デュムランは以下のようにコメントしました。
「ここ数週間、心身ともに良いコンディションで過ごすことができて予想以上に調子が良かったんだ。もう1年ナショナルチャンピオンジャージを着られて誇りに思う」

NK wielrennen Montferland - ITT Mannen

もう1人のチャンピオンとなったプライドラーもまた、TRINITY ADVANCED PROに乗りアップダウンを含むコースで2位から40秒の差をつけ、2015年に続く2度目の頂点を勝ち取りました。
プライドラーはレース後、以下のようにコメントしました。
「優勝できてとてもハッピーだ。おそらく表彰台には登れるだろうと思っていたけど、優勝は本当に予想外だった。全てを出し尽くすとても厳しいレースだったけれど、自分が最速であることを証明できた。またチャンピオンジャージを着られて本当に嬉しいよ」
またデュムランとプライドラーのほか、デンマーク選手権TTではセーレンクラーグ・アンデルセンが4位を獲得しています。

Giro D’Italia 2017 stage 10

TTでの活躍に加え、スプリンターのラモン・シンケルダムがオランダ選手権ロードレースで飛躍をみせ、チームに3枚目のナショナルチャンピオンジャージをもたらしました。レース序盤にアルバート・ティマーとトム・スタムスナイデルが逃げ集団に加わり、中盤には積極的なカウンターアタックでライバル達を疲弊させ、チームの連携がシンケルダムのスプリント勝負を後押しする形となりました。
勝負はゴール前までもつれ込み、力強いリードアウトを受けたシンケルダムがそのまま先着し、僅差のスプリント争いを制しました。

NK wielrennen Montferland - Mannen

レース後、シンケルダムは以下のようにコメントしました。
「チーム、そして自分にとって素晴らしい勝利だ。チームメイトが終始自分のために動いてくれて、完璧にプラン通りのレース運びとなった。おかげで終盤まで脚を残すことができて、勝利をもってチームの働きに報いることができた。スタッフとチームメイトのサポートが、こうして実を結んだことが誇らしいよ」


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS