• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

バウハウスがワールドツアーでキャリア初優勝!2017.06.08

チーム・サンウェブのフィル・バウハウス(ドイツ)が、フランスで開催中の8日間のステージレース「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ」第5ステージでスプリント勝利を挙げました。
バウハウスは、175kmに及ぶステージの末に、アルノー・デマールやブライアン・コカールら強豪スプリンターを退け、自身初となるワールドツアーステージ優勝を掴み取りました。

69th Criterium du Dauphine stage - 5

22歳のバウハウスはチーム加入1年目にして早くもその頭角を現すこととなりました。
本大会の第2ステージではトップ5入り、また昨月のジロ・デ・イタリアでも2度のトップ5入りを果たしており、優勝の可能性を期待されていました。

バウハウスはレース後、以下のようにコメントしました。
「今日は序盤から調子が良かった。チームはポジション確保に力を尽くしてくれて、ゴール前の牽引も完璧なタイミングでこなしてくれたよ」
「ジロでは2度、もう少しで優勝というところまで来ていたんだ。今回はチームの支えがあったからこそ、こうして最高の勝利を味わえた。ドーフィネで勝てて誇らしいよ」

69th Criterium du Dauphine stage - 5

トム・デュムランのジロ制覇に続き、バウハウスの勝利はチーム・サンウェブに大きな活力をもたらしました。
ワールドツアーに数えられるドーフィネは、来るツール・ド・フランスの前哨戦として多くの強豪ライダーが参戦しており、ここでの勝利はツールでの成果へと結びつきます。
加えて、第5ステージを終えて21歳のサム・オーメン(オランダ)が新人賞となるホワイトジャージを獲得し、チームにおける若手ライダーの活躍が続いています。

69th Criterium du Dauphine stage - 5

ドーフィネは翌日から3つの山岳ステージが続き、日曜日に最終ステージを迎えます。


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS