• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

デュムランがジロ・デ・イタリアで総合首位に浮上!2017.05.17

チーム・サンウェブのトム・デュムラン(オランダ)がジロ・デ・イタリア第10ステージの個人タイムトライアルで優勝を飾り、総合ランキングで首位へと躍り出ました。
レースはモンテファルコの町を駆け抜ける39.8kmで争われ、TRINITY ADVANCED PROに乗るデュムランは圧倒的なスピードで勝利を掴み取ると同時に、総合ランキング上の主要なライバル達から2分ものタイム差をつけることに成功しました。

Giro D’Italia 2017 stage 10

デュムランは39.8kmのコースを50:37で走り抜け、ステージ2位となったゲラント・トーマス(イギリス)からは49秒差をつけて見事優勝し、第9ステージまで総合リーダーであったナイロ・キンタナ(コロンビア)から2分23秒ものアドバンテージを稼ぎました。
また、同郷のライバルであるバウク・モレマ(オランダ)が2分38秒差で総合3位に位置しています。

デュムランは総合リーダーの証であるピンク色のジャージ「マリアローザ」を2年連続で獲得。
昨年のジロでは6日間マリアローザを着用した実績を持ちます。

Giro D’Italia 2017 stage 10

デュムランはここまでの2年間、厳しいトレーニングを経て登坂力を大きく向上させ、世界最高クラスのオールラウンダーとして才能を開花させました。
デュムランはレース後以下のように語っています。
「もう偶然の勝利とは思わない。いつでもベストな状態で戦える自信があるし、調子の良さを感じているよ。このまま最終ステージまで戦い抜くつもりさ。山岳ステージでこのタイム差をどこまで守れるかはわからないけど、今日はマリアローザ獲得を喜びたいね」

続く第11ステージはフィレンツェからバーニョ・デ・ロマーニャへと至る161kmのコースで、4つの山岳を超えるタフなレースが待ち受けます。
3週間に渡る総合ランキング争いは、5/28(日)のミラノで決着の時を迎えます。


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS