• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

<TEAM GIANTレースレポート> 4/23 CJ やわたはま国際MTBレース XCO2017.04.23

4/23(日)に愛媛県八幡浜市にて開催されたCoupe du Japon開幕戦「やわたはま国際MTBレース2017」に門田基志が参戦しました。
エリートカテゴリーはU23との混走で80名超がスタートラインに並び、門田は7位(総合8位)でレースを終えました。

20170423_CJ_kadota_1

2002年から開催される同大会は10年を超える歴史を重ね、オリンピックの日本代表選考レースに採用された実績もある世界基準のコースが特徴です。
日本を代表する国際大会として、今年はUCI公認クラス1に昇格。国内外の選手が最重要視する大会の一つとなっています。

門田は今季よりブースト規格+トラニオンマウントを採用し生まれ変わった、新型のANTHEM ADVANCEDを投入。
サスペンションは120mmストロークのROCKSHOX PIKE RCT3、ホイールはブースト対応のGIANT XCR 27.5 0 BOOST WHEELSYSTEM、サドルはポジションの変化に合わせてGIANT CONTACT SLR FORWARDを採用し、新たな機材構成でレースへと挑みました。

20170423_CJ_kadota_2

レース当日は快晴の小春日和となり、コースコンディションはドライ。
木の根が張り巡らされた「ゴジラの背中」や急登坂の「桜坂」など、八幡浜の名物セクションをANTHEM ADVANCEDのパワフルな走破性とグリップを武器に突き進みます。
沿道から多くの声援を受け懸命に追走を続けたものの、トップとの差を縮めるには至らず7位でゴール。
地元愛媛県での開幕戦は悔しい結果となりました。

次回の門田のレースはGWの5月5日(金)に滋賀県高島市にて行われる「CJ-1 びわこ高島STAGE」です。
会場での皆様のご声援、誠にありがとうございました。

20170423_CJ_kadota_bike

<門田基志 使用機材>
フレーム:GIANT ANTHEM ADVANCED M size
フロントサス:ROCKSHOX PIKE RCT3 Boost 120mm
コンポーネント:SHIMANO XTR Di2
クランク:SHIMANO XTR 32T クランク長175mm
スプロケット:SHIMANO XTR 11S 11-40T
ブレーキ:SHIMANO XTR
ハンドルバー:GIANT Contact SLR XC Riser 690mm
ステム:GIANT Contact SLR OD2 100mm
ペダル:SHIMANO XTR
サドル:GIANT CONTACT SLR FORWARD
ボトルケージ:OGK PC-3
ホイール:GIANT XCR 27.5 0 BOOST WHEELSYSTEM
タイヤ:SCHWALBE RACING RALPH EVO TLE 2.25 1.35気圧
シューズ:SHIMANO SH-XC90
ウエア:WAVEONE レジェフィットプロ
ヘルメット:OGK KABUTO ZENARD
グローブ:OGK SFG-1
ドリンク:スーパーMEDALIST 9000
エナジージェル:MEITAN CYCLE CHARGE


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS