• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

マシューズ、パイスバスコ開幕ステージで勝利!2017.04.04

スペインのバスク地方で開催中のステージレース「ブエルタ・アル・パイスバスコ」第1ステージで、チーム・サンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)がスプリント勝利を挙げ、リーダージャージを獲得しました。
26歳にしてエーススプリンターのポジションを務めるマシューズは、チームのアシストを受けて逃げ集団を吸収した後、ゴール前の集団スプリントをTCR ADVANCED SLとともに制し、今期初優勝しました。

57th Vuelta al Pais Vasco (2.UWT) stage - 1

パイスバスコはUCIワールドツアーにカテゴライズされる、バスク地方の山岳地帯を経由する6日間のステージレースです。
多くのクラシックレーサーがツール・デ・フランドルや翌週のパリ・ルーベに照準をあわせる一方で、急峻な山岳コースを舞台に総合系ライダーやクライマーたちがバトルを繰り広げます。

153kmのレースを終え、マシューズは次のように語りました。
「チームメイトは終始、集団前方でレースを展開してくれた。おかげで完璧なポジションからスプリントが決まり、結果につなげることができたよ。今日勝てたことはチームメイトに感謝してもしきれない。チームメイトの働きに報いることができて何よりハッピーだ」

57th Vuelta al Pais Vasco (2.UWT) stage - 1

翌日の第2ステージは、終盤に登りを一つ経て、ハイスピードな下り基調のゴールが待ち受けます。
チームはさらなる勝利を目指して、6日間続くステージを戦います。


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS