• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

アルントがワールドツアーでスプリント勝利!2017.01.31

チーム・サンウェブはUCIワールドツアーの第2戦となるワンデーレース「カデル・エヴァンス グレートオーシャンロードレース」に出場し、スプリンターのニキアス・アルント(ドイツ)が僅差でゴール前スプリントを制し、見事優勝を手にしました。前週のツアー・ダウンアンダーでトップ10に食い込むスプリント力を発揮したアルントが、チームにワールドツアー1勝目をもたらす快挙を成し遂げました。

Cadel Evans Great Ocean Road Race 2017

レースはオーストラリア南部の景勝地グレートオーシャンロードと、ジーロングの丘陵地帯を通過する174kmで争われました。2010年のUCIロードレース世界選手権でも採用されたアップダウンを含む厳しいコースで、ライバルチームの複数のエスケープとアタックをしのいだ後、勝負はゴール前スプリントにもつれこみました。

Cycling: 3rd Cadel Evans Great Ocean Road Race 2017 / Men

コーチのルーク・ロバーツはチームの戦術について語ります。
「アップダウンを含む周回レースでは、様々な展開を想定する必要がある。最終周の上りでアタックがかかればウィルコ・ケルデマンが、ゴール前の集団スプリントまで残ればアルントが勝負する作戦だった。結果的にゴールまで多くのライバルが残り、その中でもアルントのスプリント力が最も際立っていた」

Cycling: 3rd Cadel Evans Great Ocean Road Race 2017 / Men

アルントはTCR ADVANCED SLとGIANT REVヘルメットを使用し、地元オーストラリアのライバルであるサイモン・ゲランスとキャメロン・メイヤーにスプリントで競り勝ちました。アルントはゴール後チームメイトの献身的な走りを讃えるとともに、以下のようにコメントしています。

「チームメイトの働きは本当に素晴らしかった。周回の最後はどんな展開になるか予想が難しく、複数のプランをもってレースを進めた。最後の上りで集団に残るためにハードに追い込んだけれど、チームメイトがスプリントで勝つ自信を与えてくれたんだ。オーストラリア遠征をこんな素晴らしい勝利で締めくくれて本当にハッピーだよ。この3週間チームはハードワークを重ねてきたから、今回の勝利でその努力が報われたよ」

Cadel Evans Great Ocean Road Race 2017


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS