RACING WORLD

RACING World

RIDERS/TEAMS

ジャイアント-アルペシン 2015年新チーム体制を発表

2015年1月7日(水)ドイツのベルリンにて、ジャイアント-アルペシンの新体制および
チームバイクとギアが、メディアやスポンサー向けに発表されました。
9か国27名の選手がチームに所属し、スター選手であるマルセル・キッテル(ドイツ)
ヨーン・デーゲンコルブ(ドイツ)も引き続き在籍。
新チームは新たな共同スポンサーと共に2015年のワールドツアーに焦点を合わせています。
また男性チームに加え、女性チームであるリブ-プランツアも発表されました。

Group

昨年、数々のクラシックレースやグランツールのステージ優勝など、ワールドツアーで40勝以上を記録した
素晴らしい中心選手たちは、今年も引き続きこのチームで活躍します。
2014ツール・ド・フランスでステージ4勝をあげ、最も誉れ高いレースでマイヨジョーヌを着たキッテルと、
ヘント~ウェヴェルヘムで勝利し、ブエルタ・ア・エスパーニャでもステージ4勝をあげたデーゲンコルブは、
2015年もチームのスプリンターとして主要なワールドツアーでの勝利を目指します。
2014年ブエルタで総合8位となったワレン・バルギル(フランス)や、オランダ選手権タイムトライアルで優勝し、
2014年TT世界選手権では銅メダルだったトム・デュムラン(オランダ)も引き続き在籍。他にも、
中国スター選手であるジ・チェンや、アメリカの若手選手であるローソン・クラドックチャド・ハガ
カーター・ジョーンズカレブ・フェアリーなど、国際的でバランスのとれた選手達でチームは構成されています。

「今日は5年ぶりにドイツを本拠地とするワールドツアーチームが誕生した大切な日です。
我々のチームは若いライダー達と共に日々努力し、‘Keep Challenging’というスローガンをベースとする
エリートスポーツ環境の中でこれからも成長し続けていきます」
と、ジャイアント-アルペシンのゼネラルマネージャーであるイワン・スペンケンブリックはコメントしています。

ジャイアントグローバルグループのCEOであるトニー・ローは以下のようにコメントしました。
「我々のパートナーシップの初年度は期待以上の成果となりましたので、来るシーズンが待ち遠しいです。
我々はメーカーとして最も高いステージで最高の製品を開発・テストできるだけでなく、
素晴らしい選手達と繫がることができるのです。このチームは世界中のライダーたちに、サイクリングは楽しく、
社会的かつ環境に優しいアクティビティであるというメッセージを広めてくれる貴重な存在です」。

チームライダー達は目的や地形に応じて4種類のバイクを使い分けます。
エアロロードであるPropel Advanced SL、名機として知られるTCR Advanced SL、
エンデュランスロードのDefy Advanced SL、TT用のTrinity Advanced SLです。

女性チームのリブ-プランツアは、世界選手権ジュニアで2度優勝したルーシー・ガーナー(イギリス)
2014年のU23欧州ロード選手権で優勝したサブリナ・スタルティエンズ(オランダ)を迎え、
UCIワールドカップやその他の国際レースに焦点を合わせています。
選手たちはメインバイクとしてLiv Envie Advanced Proを使用します。

ジャイアントとリブはバイクだけでなく、軽量で優れたフィット性を誇る「Rev」を含む
ハイパフォーマンスなヘルメット一式をチームに提供します。
更に、レースシーズンを通してジャイアント-アルペシン、リブ-プランツア両チームで使用する
最先端のエアロロードヘルメットやTTヘルメットを開発しています。

ベルリンにて発表されたPropel Advanced SL チームバイク チームはファンデルハールが使用している「Rev」を含む 新しいジャイアントヘルメットを着用する

マルセル・キッテル ヨーン・デーゲンコルブ ワレン・バルギル ルーシー・ガーナー

2015シーズン最初のレースは、男性チームは1月17日にオーストラリアで開催される
サントス・ツアー・ダウン・アンダー、女性チームは2月のツアー・オブ・カタールを予定しています。
プロレースでジャイアント-アルペシンとして最初に登場するのは、シクロクロスのスターである
ラース・ファンデルハール(オランダ)です。ワールドカップのディフェンディングチャンピオンである彼は、
新しいチームウェアで1月11日のオランダ選手権に挑みます。

ジャイアント-アルペシン、リブ-プランツアの全選手名簿など詳細につきましては、
チームのウェブページをご覧ください。


▲ページの先頭へ戻る