• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

ファンデルハールとフォスがCXワールドカップ開幕戦で優勝!2013.10.21

UCI シクロクロスワールドカップシリーズ開幕戦が行なわれ、Rabobank所属の二人のライダー、
ラース・ファンデルハール(オランダ)とマリアンヌ・フォス(オランダ)がそろって勝利し、
ジャイアントにとって歴史的な一日となりました。

ファンデルハールとフォスは、名高いカウ-ベルグのコース、ボールケンブルクの観衆の前でのレースで
今年のワールドカップシリーズ最初のホワイトリーダーズジャージを手にしました。

ファンデルハールは油圧ディスクブレーキとスルーアスクルフォーク仕様の新しいTCX ADVANCEDに乗り、
ワールドカップのエリート男子カテゴリーでの自身初優勝を飾りました。
この勝利はまた、新TCX ADVANCEDの重要な技術革新の一つである
ディスクブレーキ仕様でのワールドカップ初優勝になります。

「生涯で最も特別な勝利の一つです」とファンデルハールが勝利後
Cyclingnews.comにコメントしています。
「プロでの初の大きな優勝で、それがワールドカップで、しかも地元オランダです」。

雨によって、アップダウンが激しいコースはさらに難しさを増していましたが、
ファンデルハールは技術を要する難しいコースをほぼ完璧に攻略しました。

ロード、シクロクロス、マウンテンバイクレースの過密日程の中、シクロクロスへの参戦は限定的になる予定。。photo : Cor Vos

エリート女子のレースでは、フォス(Rabobank-Liv/giant所属)が圧倒的でした。
フォスは早めにアタックを仕掛け、リードを奪うと、2位争いを尻目に
難しいコースでさらにリードを広げていきました。

早めに仕掛けたフォスは持ち前のパワーとスピードで難コースを攻略。photo : Cor Vos

「このコースはとても難しかったです」とレース後、フォスがコメントしています。
「レース中ずっと同じペースを維持しようと心がけながら集中力を保ちました。
平らなセクションがひとつもなく、回復する暇がありませんでした」。

現ロード及びシクロクロスのワールドチャンピオンであるフォスは、
今年のシクロクロスレースへの参戦は限定的なものとする予定です。
ワールドカップシリーズは第2戦が来週チェコ共和国のターボルで行われます。
ファンデルハールはホワイトリーダーズジャージを防衛すべく参戦しますが、
フォスは参戦を見送る予定です。


▲ページの先頭へ戻る

RIDERS/TEAMS