• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

RACING WORLD

1 2 3 4 5 116
記事タイトル

デュムランがツール・ド・フランス2018で総合2位!

3週間にわたり全21ステージで開催されたツール・ド・フランス2018(以下、ツール)は、7月29日(日)にパリでゴールを迎え、チーム・サンウェブのトム・デュムラン(オランダ)は、総合2位でレースを終えました。 今年は、チームがツールの総合順位に目を向け、チームリーダーのデュムランのために全力を尽くした初めての年。そこで表彰台を獲得できたのは、チーム・サンウェブとデュムランの歴史的な瞬間でした。 チーム・サンウェブのコーチであるルーク・ロバーツは次のようにコメントしています。 「私たちがここに向かう目標は、結果に対する具体的な期待を持たずに、総合順位に向けて準備をし、このレースから何を得ることができたかをみるプロセスだった。そして、間違いなく目標を達成した。パリのゴールに行けなかったライダーの数をみると、それがどれほど難しいのかがわかる。そして、チームが2位でパリにたどり着けたことを誇りに思うことができる」。 デュムランは最初から最後まで好調でした。第1週から積極的で、ルーベの石畳を含む第9ステージでは総合順位を狙うライバルたちを突き放しました。そして、第12ステージのラルプデュエズ頂上ゴールを含む山岳ステージでは2位でフィニッシュしています。 第20ステージの個人タイムトライアルでは、2位のクリストファー・フルーム(チームスカイ)に1秒差でステージ優勝を収めました。     「ツールを2位で終えることは、本当に特別なことであり、結果にとても満足している。私たちはレースに入り込んだ。もちろん、総合順位に向かっていたが、表彰台が重要ではなかったので、私とチームがここで成し遂げたことと結果を誇りに思うよ」とデュムランは話します。 8人のライダーのうち7人がレースを完走しました。昨年のツールでポイント賞を獲得したマイケル・マシューズ(オーストラリア)は、体調不良のため第4ステージ終了後にレースを降りました。 ツール初出場となったセーレンクラーグ・アンデルセン(デンマーク)は、7ステージでホワイトジャージをキープ、第20ステージの個人タイムトライアルでは、ステージ5位の成績を残しました。 チーム・サンウェブのライダーは、地形や競技に合わせて4種類のバイクを使用。デュムランのお気に入りの「TCR ADVANCED SL」をはじめ、平坦コースではエアロロード「PROPEL ADVANCED SL」を、またルーベの石畳ステージでは、「DEFY ADVANCED SL」、タイムトライアルでは「TRINITY ADVANCED PRO TT」を選択しました。 その他、「REV」、「RIVET TT」ヘルメットや、#overachieveのラベルが貼られた、チーム・サンウェブとGIANTが共同開発したホイールとコックピットコンポーネント、さらに新シューズ「SURGE TEAM HV 2018」を使用しました。 チームキャプテンのニキアス・アルント(ドイツ)は、以下のように語っています。 「スタッフ全員のサポートは素晴らしかった。バイクはいつも完璧で、ソワニョール(セラピスト)はいつも私たちをよく見ていてくれたし、コーチたちも、みんな。今はチームとして一緒に祝う時だね」。

海外レース・イベント

2018.08.01

チーム・サンウェブ、ツール・ド・フランス2018メンバー発表

チーム・サンウェブは、7月7日(土)に開幕する「ツール・ド・フランス2018」(以下ツール)参加メンバーを発表しました。 昨年のツールでは、4つのステージ優勝に加え、ワレン・バルギル(フランス)が赤玉の山岳賞ジャージ「マイヨアポア」を、マイケル・マシューズ(オーストラリア)がグリーンのポイント賞ジャージ「マイヨヴェール」をそれぞれ獲得し、チーム史上最高の成功を収めました。今年も高い期待と強いラインナップで、3週間にわたる世界最高峰のステージレースに挑みます。 今年のツールでは、チームメイトの強力なサポートのもと、デュムランはイエロージャージを狙います。 チームのトップライダーの一人であるウィルコ・ケルデマンは、先週のオランダナショナル選手権ロードレースでのクラッシュで肩を負傷し、残念ながらツール直前の欠場となりました。ケルデマンに代わり、自身10度目のツールとなるベテランのローレンス・テンダムが出場します。 この他、チャド・ハガ、セーレンクラーグ・アンデルセン、シモン・ゲシュケは山岳ステージで、エドワード・トゥーンスとマイケル・マシューズはフラットステージで、それぞれデュムランをサポートします。 チームは、ロードステージではTCR ADVANCED SLとPROPEL ADVANCED SL DISCを、第3ステージのチームタイムトライアルと第20ステージの個人タイムトライアルでは、TRINITY ADVANCED PRO TTバイクを使用します。 全てのバイクにGIANT CONTACT SLRサドルとコックピットコンポーネントで構成され、チームとGIANTが共同開発した「# OVERACHIEVE」のラベルが貼られたプロトタイプのホイールを、キーステージで使用します。この他、REVヘルメット、タイムトライアル用のRIVET TTヘルメット、シューズを着用します。 なお、今シーズンのチームレプリカモデル「PROPEL ADVANCED PRO DISC TEAM」「TCR ADVANCED SL TEAM FRAME SET」を数量限定で発売いたします。 また、選手が着用するジャージやヘルメットなど様々なアイテムは「2018 TEAM SUNWEB COLLECTION」として、全国のGIANT取扱ディーラーにて販売中です。 GIANTディーラー検索>> 【ツール・ド・フランス2018 出走メンバーリスト】 セーレンクラーグ・アンデルセン(デンマーク)  オールラウンダーニキアス・アルント(ドイツ)  スプリンター/オールラウンダートム・デュムラン(オランダ)  TTスペシャリスト/クライマー/GCライダーシモン・ゲシュケ(ドイツ)  オールラウンダーチャド・ハガ(アメリカ)  オールラウンダー/TTスペシャリストマイケル・マシューズ(オーストラリア)  スプリンターローレンス・テンダム(オランダ)  クライマーエドワード・トゥーンス(ベルギー)  クラシックハンター

ロードレース

2018.07.05

グティエレスがコロンビア選手権ダウンヒルで8度目のチャンピオンに!

GIANTファクトリーオフロードチームのマルセロ・グティエレス(コロンビア)が、コロンビアのナショナル選手権ダウンヒルで優勝し、8度目のナショナルチャンピオンのタイトルを獲得しました。 28歳のグティエレスは、ドライで岩の多いロングコースを、GLORY ADVANCEDとともに8度目の勝利後、次のように話しています。 「多くの人が僕の優勝は確実だと思っているが、決してそうではない。少しのミスやメカトラブルにより、タイトルを逃す可能性がある。今年もワールドレースでコロンビアチャンピオンジャージを着ることができて、本当にうれしい」。 今年のナショナル選手権は、グティエレスが今までレースをしたことのない、新しいコースで開催されました。 「これまでにない場所でのおもしろいレースだった。このエリアは過去数年間に多くの戦争があったが、今は地域の人たちのポジティブさと成功への熱意のおかげで変わってきている。コースは高速で長く、たくさんのジャンプがあった。コーナーは簡単だったけれど、埃っぽい岩が多くてコントロールが難しかった」。 8度目のチャンピオンジャージを手に、グティエレスは2018年UCIワールドカップシリーズの後半戦にむけてヨーロッパに戻っています。

海外レース・イベント

2018.06.27

セーレンクラーグ・アンデルセンがツール・ド・スイス第6ステージ優勝!

スイスで開催中の9日間のステージレース「ツール・ド・スイス」第6ステージで、チーム・サンウェブのセーレンクラーグ・アンデルセン(デンマーク)が今大会最大獲得標高差の山岳ステージで、シーズン初勝利を獲得しました。 「まだ信じられない。今朝起きた時には、この勝利を予想していなかった。逃げ集団に入るチャンスをくれたチームに感謝している」と、23歳のアンデルセンはコメントしています。 1級山岳と超級山岳とゴール直前の急勾配が特徴の第6ステージでは、TCR ADVANCED SLとREVヘルメットを選択。アンデルセンは、最初の1級山岳フルカ峠で抜け出した18人の逃げ集団に加わりました。2つめの超級山岳クラウセン峠と谷を通過する間にグループは数名に絞られ、最終の登りへ向かいます。 マイケル・ゴーグル(トレック・セガフレード)がアタックしたものの、アンデルセンは着実に差を詰め先頭を奪い、そのままゴールラインを通過しました。 「ゴーグルがアタックした時に、誰も追わなかったことに驚いた。ハードなレースができるのを待っていた。とてもハードな一日たっだ。僕の体重はヒルクライムにはかなり重いけれど、ここ数週間のハードトレーニングの成果が出せたよ」 チーム・サンウェブはアンデルセンのステージ優勝の他、総合順位ではウィルコ・ケルデマン(オランダ)がトップから32秒差の2位とサム・オーメン(オランダ)が3位につけています。 また、スプリンターのマイケル・マシューズ(オーストラリア)は、第4ステージで2位を獲得しており、チームはツール・ド・フランスへの重要なこのレースで、調整が成功しているようです。 2018年のツール・ド・スイスは、残り3ステージ。金曜日の山岳ステージ、土曜日の平坦ステージと日曜日の34kmタイムトライアルで勝者が決まります。

海外レース・イベント

2018.06.15

デュムランがジロ・デ・イタリアで総合2位!

3週間にわたり全21ステージで争ったジロ・デ・イタリアは、5/27(日)にローマでゴールを迎え、チーム・サンウェブのトム・デュムラン(オランダ)は総合2位でレースを終えました。また、チームメイトのサム・オーメン(オランダ)も総合トップ10入りの活躍を見せました。 2017年ジロ総合王者のデュムランは、今年は総合優勝のクリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)に続いて2位でジロを終えた後、このように語りました。 「チームメイトと一緒に素晴らしい3週間が過ごせたし、みんなには感謝している。自分のできることは全て試したけどフルームはもっと強かったよ」 イスラエルでスタートした今年のジロは、シチリア島やイタリアアルプスの高峰を含む3週間の壮大なドラマを終えました。 チームとデュムランは、グランツアーの初戦でもある101回目のジロで、3週間レースの中心に居続けました。 デュムランはイルラエルでの開幕ステージ、個人タイムトライアルでTRINITY ADVANCED PRO TTに乗り見事勝利し、ピンクのリーダージャージ「マリアローザ」を獲得しました。 第2ステージでマリアローザを失ったデュムランでしたが、総合争いは終盤のイタリア本土がキーポイントになることを確信していました。 最初の大きなポイントはシチリア島での第6ステージで、オーメンとチャド・ハガ(アメリカ)のサポートにより2位でゴールしたデュムランは、この日ステージ優勝してジロ終盤までマリアローザを守ったサイモン・イエーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)に続いて総合でも2位をキープしました。 次の大きなポイントは第11ステージで、TCR ADVANCED SLチームバイクに乗り、GIANT REVヘルメットを着用したデュムランは、イエーツの攻撃に唯一対応して2秒差をつけられたものの総合2位をキープしました。 タイムトライアルの現世界チャンピオンでもあるデュムランは、34kmの重要な長いタイムトライアルレースを楽しみにしていました。 チームとGIANTが共同開発した、「#OVERACHIEVE」のラベルが貼られたプロトタイプのリアディスクホールを使用したデュムランは、総合リーダーのイエーツより1分15秒速いタイムでゴールし、総合タイム差を1分以内に縮めました。 デュムランはTCR ADVANCED SLを使用するロードステージでも、「#OVERACHIEVE」のコックピットコンポーネントを使用し、他のチームメイトも「#OVERACHIEVE」ホイールでジロを戦いました。 第18ステージはアッビアテグラッソから1級山岳プラートネヴォソの山頂をゴールとする196km で、最後の13kmは登りのタフなコース。デュムランは最後の登りでアタックして、イエーツに28秒差をつけて総合タイム差を短縮することに成功。残された2つの厳しい山岳ステージに希望を繋げました。 「アタックに最適な瞬間を待っていたけど、ゴールまで残り2km地点でアタックしたよ。イエーツは最初のアタックに反応したけど、その後フルームがアタックしたとき自分とドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)はついていけたけど、イエーツは千切れたんだ」 それは何かの前兆でした。 翌日の第19ステージは4つの厳しい山岳を通るクイーンステージで、総合順位が大きく入れ替わりました。 フルームが残り80km地点からアタックして、総合首位のイエーツは40分近くタイムをロスします。 デュムランは果敢にフルームを追い、このステージを5位で追え、新リーダーのフルームから40秒差の総合2位をキープしました。 「デュムランは今日、最後まで諦めずにペダルを踏み続ける勇気を見せてくれた。我々はやれることは全てやったが、リードを取るには足らなかった」とコーチのマーク・リーフは語っています。 この厳しい山岳ステージの間にオーメンは総合順位を9位まで上げ、チームはトップ10に2名のライダーを入れることに成功しました。 「自分自身とチーム、そしてデュムランを誇りに思うよ。最後までデュムランのサポートをやり遂げたから自動的に総合順位も上がっていった。総合トップ10はデュムランの表彰台と並んで、自分にとって信じられない結果だよ」オーメンはローマのゴール後に語っています。 「この3週間、チームは勝利のためにできることは全て試してきたけど、人生で勝利を勝ち取るのに最も過酷なグランツアーだったから、総合2位の結果には満足している。チームで素晴らしい3週間を経験して得た結果を誇りに思うよ」 デュムランはジロ連覇を逃し失望したものの、チームと自分のパフォーマンスには満足してることをゴール後に語りました。

海外レース・イベント

2018.05.28

1 2 3 4 5 116

RIDERS/TEAMS