TECHNOLOGY wheel_system

ENGINEERING A BETTER WHEEL

とても軽く、剛性があり、速い。GIANTのホイールシステムは軽さと強度が最適化され、最高の駆動効率を提供する。
あらゆる状況や地形において、ライダーに自信を与える正確なコントロールが可能。

全てのGI ANTホイールシステムは、重さ、剛性、強度などの重要な要素が最適になるように設計される。オンロード用でもオフロード用でも、上り、コーナー、スプリント、下りと、全ての状況において確かな信頼感を与え、ライダーのパフォーマンスを引き出す。

GIANTホイールシステムは、「System Engineered Performance」と呼ばれるデザイン哲学に基づき、エンジニアはそのコンポーネンツ(リム、ハブ、スポーク及びスモールパーツ)がお互いに及ぼす影響を研究し、クラス最高のパフォーマンスを実現させる一連のシステムとして開発を行った。

現在のGIANTホイールシステムに隠されたテクノロジーは以下の通りである。

GIANT WHEELSYSTEMS TECHNOLOGY

1 RECTANGULAR LEVERAGE ANGLE 直角スポークアングル

最新の負荷研究が導き出した約90度のスポークアングル。最適な回転剛性がペダリング力を最大化し、ホイールのたわみを最小化。トラクション、ハンドリング、ブレーキング性能も向上している。

2 OPTIMIZED ANCHOR POINT 最適化フランジ

多段化するリアスプロケットに対応するスペースを確保しながら、ドライブ側のスポークを約2mm外側に移動することでホイール剛性の維持に成功。

3 PRECISION HUB INTERNALS 高性能ハブ

すべてのホイールシステムは、レースで実証された精密なスイス製ユニットを搭載する独自設計のハブにより、絶対的な高性能と信頼性を獲得している。

4 CUTTING-EDGE DESIGN AND MATERIALS 最先端素材

カーボンコンポジット、スカンジウム、高張力アルミなどの最先端素材により強度、剛性、回転質量が改善され、軽量で信頼性の高いホイール製造が可能に。

5 TUBELESS DESIGN チューブレス対応

全てのホイールがチューブレスレディもしくはチューブレス互換で、チューブレスレディタイヤのビードが対応するよう設計されている。低い空気圧で走ることができるため、トラクションを稼ぐことができ、また回転抵抗の低下やパンクのリスクも減少する。