• Instagram
  • You Tube
  • Facebook

EVENT

カテゴリー

1 2 3 4 5 27
記事タイトル

「2017 FORMOSA 900」GIANTオフィシャルツアーが登場!

台湾全国規模での環島(=台湾1周)サイクリングイベント「FORMOSA 900」に 「環島日本團」として正式参加する、日本で唯一の募集型企画旅行が登場! 株式会社ジャイアントは、2017年11月上旬に台湾をサイクリングで1周する「FORMOSA 900」において、日本からの参加者のみで構成する「日本チーム」を特別に設定。台湾観光振興において、ジャイアントと包括的な事業提携を結ぶチャイナエアラインの協力のもと、ダイナスティーホリデーがツアーを企画販売いたします。 ● ツアー実施日程:  2017年11月3日(金)日本出発 〜 12(日)日本帰着● ツアー企画販売: 株式会社ダイナスティーホリデー 観光庁長官登録旅行業第574号 /   (社)日本旅行業協会会員(JATA) / 国際航空運送協会会員(IATA)   〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-7陽栄銀座第二ビル5階 TEL:03-5524-0885● ツアー参加費: 340,000円(基本料金:2-3名での相部屋利用、チャイナエアライン成田-桃園便、   燃油サーチャージ+空港税等を含む お一人様の料金)※ 関空発=355,000円(チャイナエアライン関西国際空港-桃園空港便 利用)※ 広島発=365,000円(チャイナエアライン広島国際空港-桃園空港便 利用)※ シングルルーム指定料金=上記それぞれについて45,000円アップ。※ 最低催行人数:合計で20名・ 宿泊先等ツアー行程:旅行概要PDFをご参照ください。・ ツアー受付開始日:2017年7月14日(金)予定。 >「2016 FORMOSA 900」のダイジェスト動画(日文字幕版)も是非ご覧ください。 ■「FORMOSA 900」オフィシャルツアーへの思い 台湾1周900km超を1周回することを、台湾では「環島」と言います。 今日では台湾国民の多くが経験、あるいは「いつかは」と憧れ、学生の卒業旅行や優良企業の社員旅行になるほどの国民的ムーブメントとなった環島サイクリング。日本のサイクリストにも徐々に知られはじめている環島が台湾でブームになったのは、GIANTの創業者である劉金標(りゅうきんひょう)が、73歳になる2007年に環島を成功させ、その挑戦を数多くのメディアが紹介し、その報道によってサイクリングの素晴らしさが台湾全体に伝わったことがキッカケでした。 劉は環島サイクリングの感動を、より多くの同胞と共有したいと願い、自らが走ったルート、完走をサポートしたスタッフ、帯同した車両などのスキームを再現できるサイクリングツアー会社を設立するよう、国内販社に指示。発足した「GIANT ADVENTURE」が、サイクリングガイドやサポートカー、スポーツサイクルレンタルなどのノウハウを積み上げ、今日の台湾サイクリングツアーの基盤をつくりあげました。 そして2012年11月。数百人が同時に台湾1周サイクリングする一大イベント「FORMOSA※ 900」が初開催され、その成功で台湾国内のサイクリング熱がさらに上昇。翌2013年には、「FORMOSA 900」を核とする「臺灣自行車節(TAIWAN CYCLING FESTIVAL)」となり、国家級のイベントにまで拡大。以降、毎年参加者は増え続け、昨年の「2016 FORMOSA 900」は、11チーム、総勢700名以上が同時に台湾1周するほどの規模となっています。 ※フォルモサは「麗しい」の意。欧米における台湾の別名です。 実は、この「FORMOSA 900」も、2011年に当時77歳だった劉が全世界のGIANT支社長などの上級社員と共に6チームで環島したことが始まりですので、イベント全体の計画から全てのチームのツアー帯同業務まで、実質的な運営のすべてを「GIANT ADVENTURE/捷安特旅行社」が担っています。 今回の「2017 FORMOSA 900」GIANTオフィシャルツアーは、日本のサイクリストの皆様に、台湾の環島サイクリング文化を築きあげた「GIANT ADVENTURE/捷安特旅行社」の現代的なサイクリングツアーを体感いただくことで、隣国台湾への理解を深めていただき、日台を結ぶサイクリングの輪がより大きく拡がることを願って、満を持して実施するものです。 サイクリング総距離900kmという身体的な負荷に加え、日数やコストもそれなりに掛かりますが、それ以上の価値が必ずあると思います。ぜひ参加ください。   ■「2017 FORMOSA 900」GIANTオフィシャルツアー のセールスポイント 1. 環島(台湾一周)サイクリングの先駆者ならでは。万全なサポート体制・サイクリングガイド: 公認サイクリングガイド(日本人)と熟練した現地のプロガイド(台湾人)がサイクリング全行程で自転車帯同し、安全で快適なサイクリングをサポート。 ・サポートカー: 30名のツアーに2台の車両が全行程で帯同。飲食物を常時提供し、参加者の手回り品やスーツケース、スペアバイク等を積載。参加者はボトル1本だけで安心して軽快に走行可能。※渡航時のバイクケースは出発地(台北)保管。 ・メカニックサービス: 経験豊富なスタッフによる応急対応。台湾全土のGIANT STOREも利用可能。 2. チャイナエアライン利用によるツアー設定・台湾旅行事業分野でGIANT社と包括業務提携を結ぶチャイナエアラインの協力により、直系子会社ダイナスティーホリデーがツアーを企画販売。3連休初日に日本を出国する日程ながら、リーズナブルなツアー料金を実現。 ・愛車を入れたバイクケースや梱包用段ボール等の預け荷物は、規定総重量以下なら外寸超過でも原則的に超過料金なし。 3. 8日間で環島する特別行程・台湾国内向けの標準的なFORMOSA 900ツアーは「土曜日〜翌週日曜日の9日間」。海外からの参加者はさらに前後2日間プラスされて全11日間となるため、旅行日程確保に掛かるハードルが高い。 ・当ツアーは、GIANT ADVENTUREの実績と経験により「台北〜車城:約500km」の行程を日本人に合わせて最適にアレンジ。11月の追い風まで考慮した現実的なプランで、1日短縮を実現。わずか1日ながら働き盛り世代サイクリストの参加をバックアップ。 4. ホテルと食事をクラスアップ・台湾国内向けの標準的なFORMOSA 900ツアー行程から、比較的都市部である台湾西側の行程を変更したことで、標準ツアーより格上のホテルと上質なレストランが手配可能に。 5. FORMOSA 900」完走証・当ツアーは、国家級イベントでFORMOSA 900に参加する正式チームのひとつであるため、サイクリング終了後の最終日には、完走者全員に正式な完走証が授与される。 「2016 FORMOSA 900」のダイジェスト動画(日文字幕版)

GIANT主催のイベント

2017.06.13

イベント出展レポート:Mt.富士ヒルクライム 2017

GIANTは6/10(土)・6/11(日)、富士北麓公園を会場に開催された「富士の国やまなし Mt.富士ヒルクライム」にLivとともに出展いたしました。ブースではTCR ADVANCEDの試乗対応や、出走される皆様のバイクメンテナンスサポートを行い、多くのお客様にブースへとお越しいただきました。 開催14回目を迎えた本大会は初の出走者数1万人超えを記録し、名実ともに国内最大規模のヒルクライムイベントへと成長しました。大会中は両日とも過ごしやすい天気の下行われ、多くのメーカーブースが並ぶ会場はまさにお祭りのような賑やかさに包まれ、ヒルクライムレースの人気の高まりを感じる2日間となりました。 多くの方にご体感いただいた試乗車の中でも、一番人気はヒルクライムに最適なワイドギアを標準装備した「TCR ADVANCED SL 2 KOM」で、同バイクを実際にレースで使用されている参加者も数名お見かけしました。 ヒルクライムをこよなく愛するお客様から「最初からワイドな32Tギアが付いていて、追加でパーツ交換する手間がないのが良い。快適性も高いので、ヒルクライムレースだけじゃなくロングライドでも楽に速く走れそう」とコメントいただきました。 試乗とともに実施したメンテナンスサービスは、いっとき行列ができるほど人気でしたが、合計50名のGIANTオーナー様にご満足いただき、翌日のレースへご参加いただけました。 またブースでは、トム・デュムランのジロ・デ・イタリア総合優勝を祝う特設コーナーを設置し、記念ポストカードを無料配布しました。多くのお客様に特製デュムランパネルをもっての記念撮影などお楽しみいただけました。 両日とも、沢山のお客様にブースへお越しいただきまして誠にありがとうございました。

一般参加イベント

2017.06.13

Mt.富士ヒルクライム2017に出展いたします

GIANTおよびLivは「Mt.富士ヒルクライム」に今年も出展し、出走される皆様をサポートいたします。 是非GIANT/Livブースへお立ち寄りください。   ■大会前日=6/10(土)11:00〜17:00 <1> 参加者のバイクを対象に機材点検・メカニック作業を実施 当日、GIANT/Livブースにバイクをお持ち込みいただき、メンテナンス申込書に記入された順番に承ります。 混雑状況によって、長時間お待ちいただいたくこともございますので、お早めのご来場をおすすめいたします。 ※イベント現場でのメカニック作業は携行するパーツや工具等に限界があり、不具合をリカバリーできないことも多々ございます。あくまでも応急措置とご理解いただき、販売店等での事前整備をお願いします。   <2> 2017ロードバイク試乗 ヒルクライムレースに最適な「TCR ADVANCED」シリーズを筆頭に、2017ロードバイクをご用意いたします。 (車種は当日変更となる可能性がございます) ブランド モデル名 サイズ (mm) 展示/試乗 GIANT TCR ADVANCED SL 1 740(M) 展示車 GIANT TCR ADVANCED SL 2 KOM 680(XS) 試乗車 GIANT TCR ADVANCED PRO 0 425(XS) 試乗車 GIANT TCR ADVANCED 1 KOM 470(M) 試乗車 GIANT TCR SLR 1 445(S) 試乗車 Liv ENVIE ADVANCED 1 430(XXS) 試乗車 Liv AVAIL ADVANCED 2 410(XS) 試乗車 Liv AVAIL SL 1 DISC 410(XS) 試乗車   <3> トム・デュムラン ジロ・デ・イタリア 2017 優勝記念コーナー チーム・サンウェブのトム・デュムランが、GIANTとともにジロ・デ・イタリア2017で見事総合優勝を達成しました。 ブース内に特設記念撮影コーナーを設けるほか、記念ポストカードの配布も行います。   ■大会当日=6/11(日)※6:30開会式まで ・参加者のバイクを対象に簡易チェックを実施 ※エア圧チェックなどにお立ち寄りください。

一般参加イベント

2017.06.02

4/28-30 RIDE LIKE KING 2017! 今年も世界のGIANT & Livサイクリストとご一緒に。

今年も、4/28(金)~30(日)の3日間、GIANT創業者のキング・リュー(劉金標)を発起人とする「RIDE LIKE KING(ライドライクキング:以下RLK)」を実施いたします。 毎年一度、全世界のGIANT社員、販売店、さらにはGIANTと Livに乗るサイクリストの皆様が、それぞれの国や地域で仲間とライドすること。それがRLKです。 今年は日本語のFacebookイベントページを開設いたしました。 RLKに向けての準備、期間中ライドいただいた記録や写真を、このFacebookページにハッシュタグ「#RideLikeKing」とともにアップいただき、共に走る喜びを世界中で共有いたしましょう! RLKイベントは、サイクリングに対するキングの情熱を分かち合うという主旨で2009年に始まりました。 キングはGIANTの創始者として人生の大半を会社の成長と発展に捧げましたが、70代半ばとなった当時も自身のライドライフを追求し、環島(ファンダオ)と呼ばれる総走行距離927kmに及ぶ台湾一周サイクリングを達成しました。 創業から44年間GIANTを舵取りしたキングは、2016年末に会長職を引退しました。 その間キングは様々なロングライドに挑戦し、サイクリング文化を盛り上げていきました。 台湾だけでなく、中国、日本、ヨーロッパも走り、人々の健康と環境保護に繋がるサイクリングの魅力を発信し続けたキングは、走るばかりでなく、各地のサイクリストや政治家、行政担当者らと会い、より良い自転車インフラやスポーツサイクル文化の発展について議論を交わしました。 世界のRLKイベントについてはこちらの英語サイトでご確認いただけます。 またSNSにイベント記録をアップされる際はぜひ #RideLikeKing のハッシュタグをお願いいたします。 さらに期間中、全国のジャイアントストアで記念ステッカーの配布を行います。 「サイクリングで人生を楽しもう!」というキングの理念に共感いただける皆様は、ぜひ記念ステッカーを愛車にお貼りいただき、期間中サイクリングをお楽しみいただければ幸いです。

GIANT主催のイベント

2017.04.06

イベント出展レポート:サイクルモードライド大阪2017

GIANTは3/4(土)・3/5(日)に、大阪府万博記念公園にて開催された「サイクルモードライド大阪2017」にLivとともに出展いたしました。 当イベントはアップダウンを含む全長約2.2kmのコースで最新モデルの試乗が楽しめることが特徴で、今年は開催2回目にして、2日間合計で来場者約1万8千人を動員する盛況ぶりをみせました。 今年はアルミロードバイクCONTEND SLシリーズを筆頭に、GIANTとLivで合計28台の試乗車をご用意しました。イベント開始とともにブース前には長蛇の列ができるほどの盛況ぶりで、試乗車の貸出数は2日間でのべ1,100人を超え、非常に多くのお客様に試乗体験をお届けすることができました。 今回の試乗人気No.1バイクは「TCR ADVANCED PRO 1」で、カーボンロードバイクの購入を検討されているお客様から、「自分のバイクと比べて、登りがあまりにも軽くて驚いた。このプライスでカーボンホイールが標準装備なのはお買い得!」とコメントいただきました。 ブースでは試乗以外にも、完成車の展示やシューズやホイールなどのギアアイテムも展示いたしました。また、2分間で診断できるサドルフィッティングの実演を2日間で約70名の方にテストいただき、ほとんどの方が最適なサドル形状でのペダリングにご満足いただけました。 ※GIANTのサドルフィッティングは店頭試乗ディーラーでお試しいただけます。 http://www.giant.co.jp/giant17/showcase/saddle/dealers.php 2日間の出展を通して、初めてのスポーツバイクを検討中の方や、クロスバイクからロードバイクへの買い替えを予定している方まで様々なお客様と接することができました。特に、昨年よりもスポーツバイク未経験の方から試乗申し込みをいただくことが多く、サイクリングビギナー人口の拡大を肌で実感する貴重な機会となりました。 皆様の快適なライドライフをお手伝いできるよう、今後もGIANTは様々な形でサイクリングを広める活動をしてまいります。 沢山のお客様にブースへお越しいただきまして、誠にありがとうございました。

一般参加イベント

2017.03.08

1 2 3 4 5 27