マエストロシリーズでもっともライディングの幅を持っているのがこのレインです。6インチという余裕のトラベル量を装備しながらも、ペダリングとショック吸収を両立。それにより、上りが苦手なライダーにも、下りが苦手なライダーにもメリットのあるダブルサスペンションフレームに仕上がっています。
 トラベル量だけで判断してしまうと、下りを得意とするモデルに思えてしまうでしょう。しかし、上りを快適に走れてこそのマウンテンバイクです。下りをアグレッシブに走りたいけれど、上りがツライ、トラベル量が気になる、そんなことは考えなくてよいのです。
 上りではペダリングに気を使わなくても、サスペンションの余分な沈み込みがなく、最適なトラクションを得る事ができます。特にシッティングで上るような場合、踏んだ力が余す事なく推進力に変わるので、下りの為にゆっくりと上りを走るライダーにも最適です。今までバイクを降りて押していたようなシチュエーションでも、乗ったままクリアできるので楽しさが広がります。
 そして下りでは、自分の思い通りにラインをトレースすれば良いのです。姿勢変化が少なく安定した乗り味は、走りの限界を引き上げてくれます。コーナーの進入も、ブレーキがしっかりと効くので、ハイスピードで飛び込んでいけます。ハンドル操作に忙しくなる事のない素直な操作性は、ロングトラベル特有のまったりした感じもなく、軽快に走ってくれます。
 6インチ(約150ミリ)というトラベル量が可能にするショック吸収性を、ペダリングと結びつける事で生まれるオールマウンテンバイクなのです。

戻る