例えば、

・登り坂
:フロントホイールが持ち上がらないよう前方に体重移動をするとリアタイヤが空転。
:ダンシングをするとリアサスがフワフワ動いて力をロスしてしまう。
・下り坂
:悪路に弾かれてハンドルにしがみつき、余計な力が入ってバイクコントロールが出来ない。
:コーナー手前でブレーキを掛けても充分に減速できず、オーバースピードでコーナーに進入。

これらは誰もが一度は経験のある「これまでのリアサスバイク」の特徴ですが、全てはトラクション不足による現象といえるでしょう。
 「マエストロ」は、このようなシーンで常に安定したライディングを楽しめるように、その都度最適なトラクションを発生させることを意図して開発されているのです。その結果、ペダリングやブレーキングという基本動作の精度が飛躍的に高まり、ライダーは一段上の領域、つまりは、狙ったラインを走り抜け、イメージ通りのアクションを楽しむ、といったことに集中出来るのです。



戻る