2005 BIKE BOARD ラインナップはコチラ


■ スノーバイククロス大会!



■ 大会リザルト発表


GIANT CUP in "Jangle / Jangle"は、終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。



スノ-バイク オ-プンクラス順位表 スノ-バイク ビギナークラス順位表
順位 氏名 チーム ポイント 順位 氏名 チーム ポイント
1 三上佳男 GIANT JAPAN 30 決勝 1 及川功申 GIANT JAPAN 30 決勝
2 大川原利宣 SUNN 26 決勝 2 神林文彦
30 決勝
3 奥山涼 BONBE 26 決勝 3 高橋俊悦
22 決勝
4 渡辺英司 GIANT JAPAN 22 決勝 4 高橋弘幸 新日本プロレス 22 決勝
5 提坂タカシ GIANT of TMMR.c 26 準決勝進出 5 小浦健児
26 準決勝進出
5 清尾裕幸
22 準決勝進出 5 小山大輔 きらスタァズ 22 準決勝進出
7 清野博司 黒伏義塾 18 7 下松幸人 ジャイアント 16
7 那須野丈 JYKK JAPAN 18 8 佐藤聡
14
7 伊津宏俊 八海原人 18 8 大沼俊一
14
10 綿引真治 A.P.J 16 8 前田和弥
14
10 土田光達 フラミンゴ 16 8 荒井真 JET-JAM 14
10 松浦秀樹
16 12 山崎顕真
12
13 山崎貴宏 K.A.S 14 12 渡邊浩巳 TEAM T 12
13 若井慶太 K.A.S 14 14 八重畑努 きらスタァズ 8
15 園直衛 下倉スクートチーム 10 15 渋谷和弘
6
16 鈴木昌
8 15 横山和彦
6
17 鵜田雅浩
6 16 大沼裕輔 JET-JAM 2
18 広島正憲 VOICE 4



18 奥山侑 BONBE 4



20 宮村貴雄 AJP 2



20 荒井正 ジャイアント 2



20 木村智之
2



20 関口雅詩
2



20 大平識 A.P.J 2







■ GIANT CUP レポート

開催日 2005年2月27日(日)
開催会場 山形黒伏高原 ジャングルジャングルスノーパーク ≫ ゲレンデ情報はコチラ
天候 曇り時々雪
気温 -4℃

 前日から降り続いていた雪のせいでコース整備が遅れ当日の朝に最終的な整備、ポールセットを行ったが、荒れた第2コーナーの整備が間に合わず、インスペクション中にもコースは荒れてゆき今回の最大の難所となりすべてのライダーを苦しめた。この斜度約20度のバンクを駆け抜けると2連巨大ウェーブ、左右バンク、その後も巨大ウェーブが続き、最後のウェーブにはステップアップのジャンプ台が設けられた。(迂回可能)全体を通じて高速コースで、バンクのわずかなギャップにも油断できないコースとなった。ビギナークラスに配慮して飛ばなければ通過できないようなコースは作らないGIANTCUPであるが、過去最高の難コースとなってしまった。

レースはGIANT CUPでは恒例となった、3回戦ポイント制+セミファイナル、ファイナルという形式で争われた。これは、相手を変えて3回レースを行い、ポイントの上位者で決勝を争うもので、だれでも最低3回はレースを楽しめるものでありながら、決勝ではクロスレース本来の「そのとき速いもの勝ち」の醍醐味を味わえる方式だ。
ビギナークラスでセミファイナルを勝ち抜き決勝に進出したのは、及川、神林、高橋俊悦、高橋弘幸の4名。スタートで抜け出した及川が難所の第2コーナーを転倒せずに通過、そのままリードを保ってゴール。と思われた矢先最後のステップアップにノーチェックで突入。オーバースピードのためフラット着地で転倒。後続の神林が迫る。及川はいそいで起き上がり押しながらゴール。初参加初優勝をもぎ取った。及川はGIANT JAPANのMTBダウンヒルチームのメンバーで過去のスキー競技経験を生かしてスノーバイク経験3日目の勝利となった。

オープンクラスでは荒れた雪面と転倒者の続出で、マスターズ常連の那須野、山崎、ジャングルローカルの雄、清野、ディフェンディングチャンピオンの伊津らが予選で姿を消した。決勝で混戦のスタートを制したのは、今回唯一、予選全勝で非常に安定した滑りを見せていたGIANT JAPANの三上だった。僅差でSUNNの大川原、昨年も決勝進出したBONBEの奥山涼選手に第2回大会の覇者、渡辺が続く。難所の第2コーナーで大川原がアウト側より猛チャージをかけるも届かず、巨大ウェーブへ。このクラスの選手にとってはこの先に難所はなく、そのままの順位でゴールとなった。

両クラスとも優勝者がGIANTJAPANとなったため、優勝賞品となった来シーズンのジャングルジャングルシーズン券はじゃんけん大会の賞品となり、その他の協賛品とともに参加者を大いに沸かせた。
最後になったが、遠方からも参加してくれた選手たちには心から感謝したい。また、寝る間も惜しんでレースの準備をしてくれたバイクスポーツキッドさんやボランティアの方々、ジャングルジャングルスキー場とスクールスタッフの方々、メーカーや店舗の壁を越えて協賛いただいた輪商熊谷さんやJYKK JAPANさんにもこの場をかりてお礼申し上げたい。



back page
企画:株式会社ジャイアント
運営:東根市マウンテンバイク協会